ハムスターにたまねぎは絶対に食べさせないで!その中毒症状とは

たまねぎはハムスターに絶対にあげてはいけない野菜。ほんの少しであっても重症化し、生死に関わります。ここではたまねぎに含まれる成分の危険性と、たまねぎ中毒となった際のハムスターの症状について詳しく見ていきます。

たまねぎの怖い毒性とは

草食・肉食を問わず、人間以外のほとんどの動物にとって、たまねぎやねぎには強力な毒性があります。たまねぎに含まれている硫化アリルは、血液中の赤血球を破壊して中毒症状を引き起こします。人間は長い進化の途中で硫化アリルの消化酵素を得たため、たまねぎを食べても健康に害はありません。ハムスターよりも身体の大きな犬や猫が、たまねぎを食べて重度の貧血となるケースは良く耳にします。ハンバーグに入っている程度の量であっても、重症化してしまうのです。ごく小さなハムスターにとっては、たまねぎのひとかけらが致命的な影響を与えることとなります。たまねぎの成分がついた包丁やまな板などにも、十分な注意が必要です。

ハムスターのたまねぎ中毒の症状

ハムスターが誤ってたまねぎを食べた場合、症状が出てくるまで1日から数日かかることがあります。ハムスターのたまねぎ中毒の症状としては、次のような様子が見られます。

  • 震える
  • 血尿が出る
  • よろめく
  • 貧血
  • 動きが悪くなる

耳やおなかなど毛の薄い部分の色が悪くなっていれば、貧血を起こしています。多くのハムスターは、まず震えが止まらないことで飼い主さんが異常に気づくようです。次第に症状が進んでいくと、血尿が出始め、弱って死んでしまいます。素人判断をせずに、早めの受診をお勧めします。たまねぎ中毒には、特効薬がありません。犬や猫の場合には輸血が行なわれますが、小さなハムスターには、ビタミン剤の投与などで経過を見ることが多いようです。

たまねぎを放置しない

ハムスターがたまねぎ中毒になるケースには、飼い主がたまねぎの害について知らなかった他、部屋の中で遊ばせているときに食べてしまうという場合もあるようです。小さな子どもがこぼしていたり、キッチンの足元にかけらが落ちていたりということも考えられます。ハムスターを放すときには、念入りに部屋のチェックをしておきましょう。たまねぎを調理した後はよく器具を洗ってからハムスターの野菜を切るなどを心がけ、たまねぎのエキスが混入しないように気をつけたいものです。どんなささいなことからでも、ハムスターにとっては危険につながっていきます。食べさせてはいけない野菜を、しっかりと把握しておきましょう。

ハムスターは危険性を知らない

たまねぎの毒性は、加熱をしても消えません。またハムスターはたまねぎの危険性を、判断できないようです。いつも身近にあり、ひんぱんに料理に登場するたまねぎだけに、その扱いには十分な注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です