ハムスターはりんごが大好き!タネや与える量には注意が必要

ハムスターは雑食性なので、与えるものはほとんど何でも食べてしまいます。でも、りんご含めて果物は水分が多く、与え過ぎるとおなかをこわすことも。またりんごには、ハムスターにとって毒性のある部位もあるんです。ハムスターにりんごを食べさせるときには、どんなところに注意が必要なのか見ていきましょう。

ダメではないけど気をつけなければならない点も

果物の中にも、ハムスターに与えてはいけないものはあります。りんごは、比較的安心して食べさせることのできる果物のひとつ。とはいえ、ハムスターの主食にはペレットがもっとも適しています。りんごを与え過ぎると、甘さになれて主食や野菜を食べなくなることもあります。また、りんごを含め、果物全般にいえることですが、水分量が多いため体調によっては下痢をしてしまうこともあります。ハムスターのような小動物にとっては、おなかを壊すという程度のことでも、体力が弱ってしまうことになりかねません。また、未成熟のりんごのタネには、アミグダリンという成分が含まれています。アミグダリンは体内で反応を起こすことにより、青酸性の毒性をもちます。

りんごをハムスターに食べさせるメリットはある?

ヒトには1日りんご1個で医者知らず、などといいますが、ハムスターにりんごを食べさせると良いことはあるのでしょうか。りんごの主な栄養素には次のようなものが挙げられます。

  • 有機酸
  • ペクチン
  • カリウム
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • カリウム

りんごはビタミンAやビタミンCといった抗酸化作用に優れた栄養分を多く含み、体内の活性酸素の除去に働きます。抵抗力が向上するため、「医者知らず」といわれる由来となっています。ハムスターにとっても、元気の素になる成分は多いようですが、特にペクチンの整腸作用は見逃せません。獣医師によっては、元気のないときにはすりおろしたりんごを与えるよう指示をすることもあります。

ハムスターにりんご食べさせるときの注意点

ハムスターにりんごを食べさせるときには、次のような点に注意が必要です。

  • 種はとりのぞく
  • りんごは1~2センチ角程度
  • 皮は場合によっては与えない

成熟したりんごであっても、毒性の心配のある種はとりのぞいて与えた方が安心です。りんごは果糖が多いので、与え過ぎると肥満をまねきます。水分過多になると下痢の原因ともなります。皮については、ノーワックス、低農薬のものであれば、重曹などで良く洗って与えても構いません。市販品で、素性がわかりにくいものの場合には、むいてあげた方が良いでしょう。ハムスターにとって、りんごはおいしい「おやつ」です。安全性と適量であることに注意して与えましょう。

大切なハムスターの健康を考えて

ハムスターはただでさえ、短命な動物です。可愛いからおいしいものを食べさせたいと思う気持ちは理解できますが、逆に命を縮めてしまうこともあります。りんごは正しい方法で与えれば、楽しいおやつとなります。与え過ぎて食べ残しが不潔になったりしないよう、十分に管理をしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です