ハムスターへの推奨野菜ブロッコリースプラウト がん予防にも?

ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトは、ハムスターに食べさせられる推奨野菜のひとつです。弱々しそうにみえても、実は栄養は豊富。たいていのハムスターは好んで食べるようです。ブロッコリースプラウトの栄養価や注意点について見ていきましょう。

ブロッコリーの赤ちゃんは意外とパワフル

ちっちゃくて可愛らしいブロッコリースプラウトですが、その姿に似合わず発芽のエネルギーがいっぱい詰まっています。カイワレ大根とも良く似ていますが、刺激がなく、他には存在しない健康成分を含んでいます。また、ハムスターに悪影響を与える成分が少なく、毎日のように与えても大丈夫だといわれる数少ない野菜。水を含ませたスポンジの上で、タネから1週間から10日で収穫ができます。自宅でも場所を取らずに、手間なく栽培できるので、ハムスターの飼い主さんにも楽しい作業となりそうです。冬場はなんとハムスターのケージの上で育てているという、一石二鳥の工夫をしている例もあります。

ブロッコリースプラウトの栄養は?

最近はスーパーの棚でもおなじみとなりましたが、その栄養価の高さでも注目を浴びているブロッコリースプラウト。ブロッコリースプラウトには、どんな成分が含まれているのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • カリウム
  • スルフォラファン

その驚きの健康効果から、スーパーフードの仲間入りをしているブロッコリースプラウト。もっとも大きな理由となっているのが、第7の栄養素といわれているスルフォラファンの働きです。スルフォラファンは、ポリフェノールやイソフラボン、カロテノイド等と同じく、ファイトケミカルと呼ばれるもので、植物が紫外線や害虫、菌などから身を守るために発生させる自然の化学物質。その効果としては、活性酸素の発生を抑制・除去する働きの他に、抗がん作用や、除菌作用、肝臓機能の向上などが挙げられています。

ハムスターにブロッコリースプラウトを食べさせるときは

ブロッコリースプラウトは水分量も適度な野菜で、極端に食べさせなければ心配はありません。が、どのような野菜であっても、そればかり食べさせることは、ハムスターの健康に何らかの障害をまねきます。さまざまな野菜を食べさせる際に、中心となる野菜として食生活を組み立ててゆくのが良いでしょう。ブロッコリースプラウトを食べさせるときには、良く洗った後でペーパータオルなどで水分を拭き取ってから与えます。種や根の部分は取り除き、葉と茎を食べさせましょう。量としては、ハムスターがひと抱えできる程度です。最初は葉ばかり食べているハムスターも、次第に茎まで上手に食べられるようになります。

ブロッコリースプラウトでハムスターの健康を

スーパーフードとして大きな話題となっているブロッコリースプラウトは、ハムスターにとっても手軽に与えられる食餌です。栽培も簡単で、清潔・安全なものを毎日のように与えることができます。ハムスターに食べさせる野菜は悩みが多いものですが、ブロッコリースプラウトは飼い主さんの力強い味方となってくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です