ハムスターはさつまいもが大好き!でも与える量には気をつけて

甘くておいしいさつまいもは、ハムスターも喜んで食べます。でも、与えてよいのは生?加熱したもの?あげる際に気をつけることって?大切なハムスターのために、知っておきたいさつまいもへの注意点を見ていきましょう。

生でも加熱でも大丈夫?

基本的にさつまいもをハムスターに食べさせても、問題となる要素はありません。ただ、さつまいもにはビタミンAなどの、ハムスターにとって必要な栄養素があまり含まれていません。糖質が高いためとても喜んで食べてくれるのですが、肥満の恐れもあるので少量としましょう。さつまいもを食べるとお通じが良くなることは、知られていますよね。これは豊富な食物繊維と、切った時に白くにじみ出てくるヤラピンという成分のおかげです。でも、ヤラピンが豊富すぎるとハムスターが下痢をすることもあります。心配であれば、軽く蒸すかレンジで加熱すると良いでしょう。焼き芋をあげるときには、こげている部分を取り除いて与えてください。

さつまいもの栄養って?

近年女性にとっては嬉しい作用があると報告されているさつまいもですが、どのようなものが含まれているのでしょうか。さつまいもの主な栄養素は次の通りです。

  • タンパク質
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • 食物繊維

さつまいものビタミンCは壊れにくく、加熱しても健康効果が損なわれません。高い抗酸化作用をもち、皮膚・粘膜、血管などを若々しく保ちます。抵抗力を向上させるので、感染症や風邪などにかかりにくくなります。イモ類の中では、カルシウムが多いのも特徴的です。ハムスターにとっては、糖分が多い食物ですので量はひかえめにしましょう。

ハムスターにさつまいもを食べさせるときのポイント

個体によっては生でも問題ないさつまいもですが、時として下痢をしてしまう可能性もあります。火を通すと甘味が増すため、さらに嗜好性が高くなります。好きなだけ食べさせることのないように、しっかりと量の調整をしましょう。皮部分がもっとも栄養的に優れているため、可能であれば与えてください。ただ焼き芋の場合は、炭となった部分に発がん性物質が含まれるといわれています。念のため、取り除いて食べさせましょう。さつまいもを薄切りにして水にさらし、レンジで乾燥させるとチップス状になります。少し残っていたら、ハムスターのおやつ用に作ってあげても良いですね。ケージに持ち込んださつまいもの残りは、すぐに片づけてください。酸化して変色が起こり、不衛生になります。

おやつにちょっぴりだけ

目を細めて食べているハムスターを見ると、ついたくさんあげたくなりますが、さつまいもは糖質が多いので気をつけなければなりません。飼い主さんがおやつにふかしいもを食べる際に、ひとかけら分ける程度で十分です。ハムスターと楽しいおやつタイムを共有できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です