猫の結膜炎について。結膜炎の原因から症状・治療方法・予防方法まで

猫も結膜炎になる場合があります。通常は、人間と同様に目ヤニが固まっているのですが、常に目を擦っていたり、涙を流した後のように濡れていたり、白い猫だとわかりやすいのですが、若干その涙の跡が赤みを帯びていたりします。

目の病気にも色々ありますし、まつげの長い猫の場合は、目の中に入ってしまっていたりして、上記のような症状を起こすこともあります。

人間で言うと「逆さまつげ」に近い状態かもしれません。このような症状が、続いた場合は獣医さんで、診てもらうと安心しますね。

結膜炎の症状

結膜の充血や腫れや痒み・痛みと共に、目やにが出やすい事もあります。
もし、小さい頃から、その症状が現れていたとしたら、他の猫に感染された可能性も否定できません。

観察すべき点は、結膜の充血・腫れ・目の周りの汚れ・涙・目やにがひどい等です。また、それに伴い、猫自身が年中、目を気にして擦る動作をしていたら、要注意です。

多頭飼いの場合は、他の猫に感染させてしまう可能性もあります。

人間の結膜炎も感染するのと一緒です。しかし、命に関わる病気ではないので、安心して良いでしょう。

また、結膜炎には角膜炎を併発させたり、ヘルペスウイルスなどによって呼吸器感染症から結膜炎を発症する場合があるので、目の症状以外に呼吸器の異常も見られることがあります。

結膜炎の原因

ヘルペスウイルス、クラミジア、マイコプラズマ等いくつかの細菌が目の中に入ったり、ホコリ・ハウスダスト(アレルギー)・角膜炎・呼吸器の病気が挙げられます。

結膜炎の治療方法

原因に応じて、治療方法は異なるのですが、多くの場合は細菌感染に対しては、抗生剤の点滴や点眼を施します。結膜炎の原因が伝染性のものであれば、獣医さんの許可なく、他の猫や犬などと隔離しなければなりません。

人間も同様に、病院からの帰宅後・結膜炎の猫の世話を行った後では、手洗いをしっかりと行うことが最も重要です。

結膜炎の予防

猫にも3種混合や4種混合などのワクチン接種があります。

ワクチンの接種を定期的に受けることが望ましいです。それと共に、室内で飼っていた方が病気の感染率は確実に減少します。

そして、人間が感染の媒体にならないように、手洗いや洋服などにも気をつけましょう。

まとめ

猫は、ニャーニャーと鳴く事は出来ても、どのような症状を訴えているのか判りません。それは、動物全部に共通するものですが、普段の健康な状態をしっかりと覚えておいて、異変があった場合は直ぐに気づいてあげられるように、飼い主が注意して見てあげなくてはいけません。

猫の為にも、普段癒されている飼い主としても、病気の早期発見と早期治療で、楽しい生活を送りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です