ハムスターにオレンジを食べさせても大丈夫?注意点は?

今は年中を通して、オレンジ類が手に入ります。可愛いハムスターにも食べさせてあげたい、でも大丈夫なのでしょうか?甘くてすっぱいオレンジは、ハムスターも好みそうですが。ここでは、ハムスターにオレンジを食べさせる場合の注意点などについて、考えていきましょう。

オレンジは糖分と水分に注意

みかんなどのオレンジ類については、ハムスターにとっても害となる成分はなさそうです。でも、元々のハムスターの食環境には、果物はありませんでした。飼育されているハムスターの場合、専用のペレットと水、野菜があれば栄養的には十分です。糖分と水分が多いオレンジは、おやつとしてほんの少しだけ味を楽しませてあげましょう。オレンジの種類によっては、酸味がきつく刺激があるものもあります。ハムスターは甘味が大好きですが、柑橘系の香りが苦手だったり、酸味を嫌うこともあります。日本の温州みかんであれば、薄皮も柔らかく甘味が強いので大丈夫なようです。グレープフルーツには見向きもしないハムスターでも、みかんならば喜んで食べるでしょう。

オレンジの栄養って?

いかにもビタミンカラーのオレンジですが、世界中にさまざまな種類があります。ここでは身近なみかんの栄養について見てみましょう。みかんに含まれる栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンP
  • カルシウム
  • カリウム

冬にみかんを食べると風邪をひかないといいますが、豊富なビタミンCとともに、みかんに含まれているシネフィリンの働きでもあります。この成分は、温州みかん特有のもので、他のオレンジ類にはほとんど見られません。あまり聞き覚えのないビタミンPですが、血管壁を丈夫にし、体内の血流を正常にします。ハムスターには乾燥する冬場の水分補給として、与えると良いかもしれませんね。

ハムスターにオレンジを食べさせるときは

飼い主さんによっては、ハムスターにみかん以外にもはっさくやいよかん、ポンカンなど比較的酸味のないオレンジ類をあげている人もいます。量としては、みかんのひと房の1/3程度で良いでしょう。糖分が多いので、毎日あげていると肥満になる恐れがあります。また水分が多いので、食べ過ぎると下痢をおこしてしまいます。ハムスターにとって、下痢は重症化をまねく危険性があります。おなかを冷やさないように、小動物用の低温ヒーターなどで温めてあげましょう。便がゆるめのときには、果物・野菜を控えてください。みかんのように汁が多いおやつを与えた時には、ケージが汚れていないか毎回チェックしましょう。カビが発生する原因となります。

オレンジはちょっぴりだけ楽しませて

可愛いハムスターを見ていると、自分が食べているオレンジをついあげたくなります。でも与えるものや量によってはおなかを壊したり、肥満の原因をつくることもあります。ハムスターの健康を考えて主食と野菜、そしておやつのバランスを調整しながら、与えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です