猫の甲状腺機能亢進症、老猫は要注意!どんな症状が出る?治療方法は?

「うちの猫、最近やたらと元気があるみたい」「急に食いしん坊になった」

長年ともに暮らしてきた老猫がこんな症状を示したら要注意です。それは元気になったのではなく、甲状腺機能亢進症という病気のせいかも知れません。

甲状腺機能亢進症ってどんな病気?

甲状腺機能亢進症とは、何らかの原因で甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気です。
甲状腺が肥大したり、腫瘍ができることで起こりますが、原因や予防法は今のところ不明です。

10歳以上の中~高齢の猫がかかりやすい病気のひとつと言えるでしょう。

甲状腺機能亢進症の症状は?

甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を活発にします。このホルモンが必要以上に分泌されることで

・元気になる、活発になる
・食欲が増す

など、一見良い状態のように見える症状があるので注意が必要です。

また、甲状腺ホルモンの影響は性格面にも影響することがあり、
・大きな声で鳴き続ける
・攻撃的な性格になる
と言った症状が出ることも多いようです。

しかし、ホルモンにより必要以上に心身を酷使させられるため、症状が進むと
・やせる
・食欲、元気がなくなる
・毛並みにつやがなくなる、脱毛
・嘔吐や下痢
・水をたくさん飲む
などの症状にとってかわり、次第に衰弱していきます。

甲状腺機能亢進症の治療方法は?

甲状腺ホルモンの分泌を抑えるための投薬治療が一般的です。
症状や猫の状態によっては外科手術をすることも。
また、最近は甲状腺機能亢進症用の療養食も販売されているので、症状が軽ければ食事療法を薦める病院も多いようですよ。

甲状腺機能亢進症は、適切な治療を受ければ発症しても普通の生活を送れます。
ここ最近急にこの病気にかかる猫が増えたようですが、昔は症状があっても気がつかず、弱ってきたら寿命だと思う飼い主さんが多かったせいで病気だと認識されていなかったからだと言われています。
年齢を重ねた猫さんに気になる症状があったら早めに診察を受けてあげてくださいね。
早く見つけることができれば治療の負担も軽くなるでしょう。
家族の一員である愛猫、いつまでも元気で長生きしてもらいたいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です