ハムスター

はくさいはハムスターが食べても良い野菜 水分量に注意

冬場になると美味しくなるはくさい。手にいれやすいので、ハムスターの食餌にも加えたいですよね。はくさいはハムスターに与えても安全な野菜です。でも、水分がとても多いので食べ過ぎると下痢をする心配が。はくさいをハムスターに安心してあげられるように、注意する点について見ていきましょう。

青い部分を中心にあげよう

はくさいは、水分が95%で栄養もそれほど高くありません。カロリーが少ないので、人間の冬場のダイエットにはもってこい。でも、ハムスターに食べさせるときには量に注意が必要です。大量に与えると下痢をする原因となるので、根菜類などと混ぜて上手に食べさせるようにしましょう。特に気になる成分はありませんが、はくさいの白い部分はほぼ水分と食物繊維。葉先の青い部分の方がビタミンなど、有効成分が豊富です。与えるならできるだけ、緑の濃い部分にすると良いでしょう。はくさいはさっとゆがくと甘味が増します。野菜をあまり好まないハムスターでも、食べられるようになるかもしれません。

はくさいに栄養なんてあるの?

ほうれん草などの色の濃い野菜と比較すれば、はくさいの栄養価は高くありません。それでも身体のバランスを整えてくれる成分が、ちゃんと含まれています。はくさいに含まれている主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンK/li>
  • カリウム
  • カルシウム
  • リン
  • マグネシウム

はくさいのビタミン類はそれほど多くありませんが、ミネラル分が豊富です。キャベツと良く似た組成ですが、糖質がすくなく、肥満の心配はありません。また、免疫力を高めたり、がん細胞の発生を防止する作用があると言われています。漢方医学では意外なほどはくさいの効能が伝えられており、肝臓病や喘息の治療に使われることもあります。

ハムスターにはくさいを食べさせる時は

漢方では胃腸を整える薬効もあるといわれているはくさいですが、ハムスターにとってはやはり水分量の多さが気になります。他の野菜や果物とのバランスを考えて、水分量の多いものとは組み合わせないように気をつけてください。アブラナ科に属しているはくさいにも、甲状腺機能に影響を与えるといわれるゴイトロゲンが含まれています。しかしはくさいの場合、それほど神経質になるほどの量ではなさそうです。気になるのであれば軽くゆでて、良く水分をしぼってから与えましょう。適当に水分も減らすことができるので、おなかがゆるくなりそうなハムスターにも、食べさせることができます。

水分補給と糖質の調整に

あまり栄養価の高くないはくさいですがいつでも手に入りやすく、ハムスターにも安心して食べさせられます。糖分の多い野菜と組み合わせ、水分補給もかねて与えると上手に利用できます。ハムスターには偏りなく、いろいろな野菜を食べさせてあげると良いですね。

ハムスターはくりを食べても大丈夫 注意する点とは

とても美味しいくりを食べると、ハムスターにも分けてあげたくなります。でもハムスターは、くりを食べても大丈夫なのでしょうか。あげるときは生のくり?ゆでた方が良いの?ここでは、ハムスターにくりを与える際の注意点について見ていきましょう。

渋皮のタンニンに注意

くりそのものは、ハムスターに食べさせても悪い成分はありません。気をつけたいのは、渋皮に含まれているタンニンです。タンニンは苦味や渋みの元となっていますが、消化器官を傷つけ、腎臓や肝臓などに負担を与える可能性があります。人間のだ液にはタンニンを無毒化する働きがあるため、少しくらいであれば問題にはなりません。ハムスターの身体にはこのようなしくみがなく、タンニンの影響を直接受けてしまいます。ハムスターにくりを食べさせるのであれば、しっかりとゆでた後、渋皮をむいて与えます。くりは糖質が高く、ハムスターには滋養がありすぎる食べ物です。肥満の元になるので、あげるのはほんの少しにしておきましょう。

くりの栄養

ほくほくとして美味しいくりですが、どのような栄養があるのでしょうか。くりの主な成分には次にようなものがあります。

  • たんぱく質
  • ビタミンA
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • カリウム
  • 食物繊維

くりにはビタミン類がバランス良く含まれています。特にくりのビタミンCは、果物に含まれるものと異なり、ゆでても壊れることがありません。ビタミンCには高い抗酸化作用があるため、抵抗力アップが期待できます。亜鉛は疲労回復に役立ち、カリウムは体内の老廃物を排出する働きがあります。ただくりのカロリーは意外と高く、5個程度でご飯一膳分ほどもあります。ハムスターにはカロリー過多となりやすいので、嬉しそうに食べていても毎日与えるのは良くありません。

ハムスターにくりを食べさせるときは

ハムスターにくりを与えるときには、良くゆでて渋皮をしっかりととりのぞいたものを、ごく少量だけにします。人間が食べているくりを、ほんの少し分ければ十分です。くりには甘味があるので、与えればいくらでも食べてしまいます。主食に影響が出ないように、量に注意をしましょう。くりはそのままでも糖質が高いので、さらに砂糖を加えている甘ぐりはハムスター向きではありません。くりを加工したお菓子類も、ハムスターには食べさせないように。ハムスターの健康管理は、飼い主さんの責任です。基本的にはペレットと水だけでも、栄養的に過不足がないことを覚えておきましょう。

人もハムスターも食べ過ぎに注意

人間もついつい食べ過ぎてしまうくりですが、ハムスターにとっても肥満の原因になります。「秋の味覚をハムスターにも」という気持ちは理解できますが、ハムスターの健康のためにもお楽しみは少しだけにしてあげてくださいね。

ハムスターにたまねぎは絶対に食べさせないで!その中毒症状とは

たまねぎはハムスターに絶対にあげてはいけない野菜。ほんの少しであっても重症化し、生死に関わります。ここではたまねぎに含まれる成分の危険性と、たまねぎ中毒となった際のハムスターの症状について詳しく見ていきます。

たまねぎの怖い毒性とは

草食・肉食を問わず、人間以外のほとんどの動物にとって、たまねぎやねぎには強力な毒性があります。たまねぎに含まれている硫化アリルは、血液中の赤血球を破壊して中毒症状を引き起こします。人間は長い進化の途中で硫化アリルの消化酵素を得たため、たまねぎを食べても健康に害はありません。ハムスターよりも身体の大きな犬や猫が、たまねぎを食べて重度の貧血となるケースは良く耳にします。ハンバーグに入っている程度の量であっても、重症化してしまうのです。ごく小さなハムスターにとっては、たまねぎのひとかけらが致命的な影響を与えることとなります。たまねぎの成分がついた包丁やまな板などにも、十分な注意が必要です。

ハムスターのたまねぎ中毒の症状

ハムスターが誤ってたまねぎを食べた場合、症状が出てくるまで1日から数日かかることがあります。ハムスターのたまねぎ中毒の症状としては、次のような様子が見られます。

  • 震える
  • 血尿が出る
  • よろめく
  • 貧血
  • 動きが悪くなる

耳やおなかなど毛の薄い部分の色が悪くなっていれば、貧血を起こしています。多くのハムスターは、まず震えが止まらないことで飼い主さんが異常に気づくようです。次第に症状が進んでいくと、血尿が出始め、弱って死んでしまいます。素人判断をせずに、早めの受診をお勧めします。たまねぎ中毒には、特効薬がありません。犬や猫の場合には輸血が行なわれますが、小さなハムスターには、ビタミン剤の投与などで経過を見ることが多いようです。

たまねぎを放置しない

ハムスターがたまねぎ中毒になるケースには、飼い主がたまねぎの害について知らなかった他、部屋の中で遊ばせているときに食べてしまうという場合もあるようです。小さな子どもがこぼしていたり、キッチンの足元にかけらが落ちていたりということも考えられます。ハムスターを放すときには、念入りに部屋のチェックをしておきましょう。たまねぎを調理した後はよく器具を洗ってからハムスターの野菜を切るなどを心がけ、たまねぎのエキスが混入しないように気をつけたいものです。どんなささいなことからでも、ハムスターにとっては危険につながっていきます。食べさせてはいけない野菜を、しっかりと把握しておきましょう。

ハムスターは危険性を知らない

たまねぎの毒性は、加熱をしても消えません。またハムスターはたまねぎの危険性を、判断できないようです。いつも身近にあり、ひんぱんに料理に登場するたまねぎだけに、その扱いには十分な注意が必要です。

ハムスターはびわを食べられる?タネの毒性には注意

初夏のほんの一時期に出回るびわは、ほんのり甘くて美味しい果物。ハムスターも喜びそうですが、食べさせても大丈夫でしょうか?何とびわには怖い毒性があるという話も。ハムスターとびわについて、知っておきたい情報をまとめてみました。

毒性はタネにあり 果肉は大丈夫

ふっくらしたびわの実の中には、大きなタネが入っていますよね。ハムスターはひまわりなどのタネを食べるくらいだから、このタネも食べられる?と思ったら大間違いです。びわやさくらんぼ、桃などのタネにはアミグダリンという、消化の途中で青酸性の毒物に変わる成分が入っています。また、未成熟の実や葉にも同様の危険性があります。スーパーなどで売られているびわは、成熟したものだけです。人間がおいしく食べられる状態の果肉を、ほんの少し分けてあげる分には問題はないでしょう。びわの魅力はそのみずみずしい甘さです。ハムスターが食べ過ぎると、水分で下痢をしてしまいます。美味しそうに食べるからといっても、あげ過ぎないように気をつけましょう。

びわにも栄養があるの?

やんわりと穏やかな味わいのびわには、あまり栄養がなさそうにも思えます。びわにはどのような成分があるのでしょうか。

  • βカロテン
  • ポリフェノール
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸

驚いたことにびわには優れた健康効果があり、昔のお医者さんは必ず庭先にびわを植えていたといいます。葉も含めた薬効成分が良く知られていたのですね。びわの実には多量のβカロテンが含まれており、高い抗酸化力があります。体内のサビといわれる活性酸素を除去する働きで、粘膜や皮膚を若返らせ、抵抗力をアップします。ミネラルやビタミンがバランスよく含まれていることで、身体全体の調子を整えてくれます。

ハムスターにびわを食べさせるときには

先にあげたように、びわの青い未成熟の実やタネには強い毒性があります。絶対にハムスターに与えてはいけません。あげて良いのは、皮をむくと汁が滴るほどに良く熟れている果肉のみ。0.5~1センチ角程度にして与えましょう。水分が多いので、軟便気味のハムスターには与えないでください。また、びわは身体を冷やす作用があるので、病後や老齢のハムスターにはあげない方が良いかもしれません。どんなに良い成分をもつ果物であっても、食事の代わりにはなりません。口当たりが良いものを食べ続けると、ペレットの食いつきが悪くなります。おやつと主食のバランスをとりながら、与えるようにしてください。

ハムスターは何でも食べる

雑食性のハムスターは、特に果物は何でも食べます。危険性のあるもの、与えて良い部位の判断は、飼い主さんが任されるのです。可愛いからといって、良くわからずに食べさせると、ハムスターの命を縮めることもあります。日頃から情報を良くチェックして、ハムスターの健康を守ってあげてくださいね。

ハムスターにしめじは必要なし 体調不良を招くかも?

香りマツタケ味しめじ、というくらい人間にとっては美味しいきのこのしめじ。ハムスターにあげたらどうだろう、と思っている飼い主さんもいるようです。でもきのこはハムスターには必要のない食べ物。ここではその理由を見ていきましょう。

低カロリーのしめじは意味がない

しめじは、食物繊維が豊富で低カロリー。人間のダイエット食材として、旬の時期には話題になりますよね。でも、しめじでハムスターにダイエットさせることは無意味です。ハムスターの肥満は、ペレット以外の食物や、ペレットの与え過ぎの結果。正しい量のペレットと水だけを食べさせていれば、自然と正常な体重に落ち着きます。逆に多すぎる食物繊維は、ハムスターに下痢を招く危険もあります。毒性があるわけではありませんが、特に優れた効果の期待もできません。味の点からいってもハムスターが喜んで食べるとは考えにくいので、あえてしめじをハムスターに与える必要はどこにもないようです。

しめじは何でできている?

しめじのようなきのこ類は、いったい何でできてるのでしょう。きのこが菌類であることは、知っている人も多いですね。しめじの本体は、実は地中にある菌糸。地面の上に出ている傘の部分は、胞子を広げるための植物でいう花にあたります。しめじにも、それなりに栄養が含まれており、疲労回復に役立つナイアシンなどの成分もあります。ビタミン類では、ビタミンDの含有量が目立ちます。が、もっとも特徴的なのは、やはり豊富な食物繊維です。一見あまりおなかがいっぱいになりそうもないしめじですが、意外と腹持ちが良いのはこの食物繊維のおかげ。逆にいえば、大量にたべると消化不良の原因となります。

ハムスターの下痢は時に命取り

しめじがハムスターに与える影響として怖いのは、おなかを壊してしまうことです。人間と違い、身体が小さなハムスターは下痢が続くとすぐに体力が落ちてしまいます。脱水症状を起こし、重症化する可能性があります。水分や食物繊維の多い食べ物は、要注意。ハムスターが食べられるものであっても、量を調節して与えなければなりません。下痢をしている場合には、身体を冷やさないように。敷き藁を大目にし、少し暗くして静かに休める環境を整えます。できれば小動物用の床暖ヒーターで、おなかの下から温めてあげましょう。獣医師の意見では、ハムスターには整腸剤やヨーグルトの効果ないとのこと。それよりも経口補水液、スポーツドリンクなどを、水とは別に与えると良いようです。

人には美味でもハムスターには関係なし

しめじは美味しいきのこですが、ハムスターにとっては食べる必要がありません。健康に良さそうだ、というイメージだけで与えると、時に逆効果に。初めて食べさせるものは良く調べ、「わからないものは与えない」という姿勢が、結果的にはハムスターを守ることになります。

お尻が濡れていたら要注意!ハムスターのウェットテイル(増殖性回腸炎)について

ウェットテイルってどんな病気?

ウェットテイルの正式名称は「増殖性回腸炎」のことです。細菌性の下痢のせいでハムスターのお尻の部分が濡れることから、ウェットテイルという通称が付きました。

ハムスターがかかり易い代表的な病気で、また発見したらすぐに通院しなければ、死亡してしまう恐れもあります。

ウェットテイルになりやすい品種と年齢

基本的にどの品種でも起こりうる病気ですが、そのなかでも特にゴールデンハムスターはウェットテイルになりやすいとされています。

またウェットテイルになるハムスターの大半は、ペットショップから連れてきたばかりの幼いハムスターです。

ウェットテイルの症状

濡れるといっても「しっとり」程度で済むことはあまりありません。多くの場合、お尻が「びしょびしょ」になってしまうほど激しい下痢を下すのがウェットテイルの特徴です。

下痢と同時に

  • 食欲不振
  • 脱水症状
  • 体重減少
  • 性格が変わる(凶暴になる)

といった症状があらわれます。

さらに悪化すると直腸脱・腸閉塞などの命に関わる重大な病気を発症してしまいます。

ウェットテイルの原因

主に細菌感染によるものです。加えてカビ・寄生虫・ウィルスなどが合わさって発症することもあります。

ペットショップでは元気だったハムスターが、家へ連れて帰った途端に病気になってしまうこともあります。元々感染していたハムスターが、ストレスによって免疫力が下がり、ウェットテイルを発症してしまうことが原因だとされています。

ウェットテイルの治療

下痢止め薬や抗生剤を投与し、下痢の症状を抑えます。

脱水症状が激しい場合は点滴するなどの治療もおこないます。ただし治療が遅れ、重症化してしまうと治療の効果は薄く、死亡してしまうことも珍しくありません。

ウェットテイルの予防法

飼育環境を適切に保つことがウェットテイルの予防に繋がります。温度や湿度、ケージの中を清潔にするようこころがけましょう。

同時にハムスターを購入するときも注意が必要です。既に感染してしまっているハムスターを買わないために、店から慎重に選択しましょう。

店員さんの知識が明らかに不足していたり、展示ケースが不衛生で、あまりにもたくさんハムスターを入れている場合は他の店を選んだ方が無難です。

下痢症状があればすぐに病院へ

ハムスターの下痢がすべてウェットテイルだとは限りません。しかし数日でも発見が遅れれば、死に繋がる可能性がぐっと高くなってしまうのでハムスターの便を観察し、異常があれば取りあえず診察を受けてみましょう。

ハムスターが水っぽいウンチ… ハムスターの下痢の原因と対処法について

ハムスターを飼育しているといつものコロコロとしたウンチとは違う、水っぽいウンチを目の当たりにすることもあると思います。ハムスターも人と同じく下痢をすることがあり、「体調が悪いのかな?」と、気になる方もいますよね。

今回はそんなときどうすればいいのか、また何が原因で下痢になるのか、ハムスターの下痢の対処法・原因についてご紹介します。

下痢の原因

下痢の原因は身体的な不良から、精神的なものまで様々考えられます。それぞれご紹介しましょう。

身体的不良

最もスタンダードな下痢の原因です。原因の数も豊富で、

  • ①細菌感染(大腸菌)
  • ②寄生虫(コクシジウム)
  • ③ウイルス
  • ④食中毒
  • ⑤食べてはいけないエサを食べる

など様々。素人では正確な判断は難しいので、取りあえず動物病院で診察してもらいましょう。

予防法、解決法としてはハムスターの生活習慣をしっかりと管理し、日ごろから観察を怠らないことです。

ハムスターはエサにもデリケートなので、牛乳や柑橘系の果物、さらにレタスやキュウリといった水分の多い野菜などによって、腸がトラブルを起こし、下痢になってしまうこともあります。食べ物については適正な量と、質を確保しましょう。

精神的不良

人と同じように、ハムスターもストレスによって下痢になってしまうことがあります。飼育環境の変化にも弱いので、十分配慮してあげましょう。

病院へ連れて行くときの注意点

まずはハムスターを診療してくれる動物病院を予めチェックしておきましょう。メジャーなペットのわりにはハムスター診療可の動物病院は少なめです。

また検便が必要なケースもあるので、ハムスターの新鮮な便を採取しましょう。採取方法はラップでくるんでジッパー等で保管して持って行くのがベストです。

下痢の治療と対処法

仮に下痢の原因が細菌や寄生虫の感染だった場合、完治してもケージに感染源が残っていると再感染してしまう恐れがあります。感染したハムスターのケージは必ず殺菌消毒して、複数飼育しているハムスターとは隔離することも必要です。

ハムスターの下痢・まとめ

ハムスターの下痢の原因は「身体的」「精神的」が考えられます。重要な疾患なこともあるので取りあえず病院で診察を受けましょう。その際は検便が必要なこともあります。下痢をしたハムスターは完治するまで隔離し、ケージは殺菌消毒しましょう。

眠ったまま死んでしまうことも…ハムスターの“擬似冬眠”の危険性

擬似冬眠とは

寒い冬な朝など、まるで死んでいるかのように丸くなって眠っているハムスターを見ることもあります。

これはハムスターが寒さから身を守るため、「擬似的」に眠ったような状態になっているだけなのです。

あくまで「擬似的」ですから、カエルや蛇のように完全に眠ってしまうことは絶対にありません。この状態のことを「擬似冬眠」というのです。

擬似冬眠はハムスターからのSOSサイン

擬似冬眠になったハムスターは以下のような症状になります。

・動きが鈍い(筋肉が硬直)
・触ってみると体が冷たい(体温の著しい低下)
・ほとんど呼吸を感じられない(呼吸数の低下)
・眠ったように動かない(精神の停止)

実はこれ、そっくりそのまま「低体温症」と同じ症状なのです。

低体温症でよくイメージされるのは、雪山で遭難するシーンですね。

「このまま寝たら死んでしまうぞ!」という場面はまさに低体温症によるものです。

つまり擬似冬眠=低体温症になっているハムスターは「死の一歩手前」にいるです。思ったよりもずっと大変な事態なのですね。

擬似冬眠の対処法

もしハムスターが低体温症になってしまったら、どうすればいいのでしょうか。

1:本当に擬似冬眠なのか確かめる

もしかしたら既に死んでしまっている可能性もあります。まずは体を温めてあげて反応を観察してみましょう。

タオルやコタツ、ホットカーペットでじっくり温めてあげれば、擬似冬眠の状態から徐々に体が動き始めるでしょう。

このとき、間違ってもドライヤーやストーブなどで急げきに温めてはいけません。温度変化に体がついていけず、死亡してしまう危険があります。

2:体力を回復してあげましょう

擬似冬眠後のハムスターはとても体力を消耗してしまっています。
蜂蜜や砂糖を溶かした白湯なので、体力を取り戻してあげましょう。

擬似冬眠をさせないために

一般的にハムスターは体温が10℃以下になると、擬似冬眠を起こしてしまうとされています。

室温が5℃を下回ると、ハムスターの体温が急激に下がり始めるので、まずは室温を温かく保っておくことが必要です。

あとはハムスターの寝床に暖かい布などを敷いておくなど対処をしておけば、擬似冬眠することはないでしょう。

まとめ:冬場の対策はしっかりと

擬似冬眠の習性を知らず、冬の朝にハムスターを見て驚かれる飼い主は意外と多いようです。
なかにはまだ生きているのに気付かず埋葬してしまったり・・・。
そんなことをしてしまったら、後から悔やんでも悔やみきれませんよね。ハムスターのために寒い日の擬似冬眠対策はしっかりとしておきましょう。

ハムスターの病気の見つけ方は?体の部分別に現れる主な病気の症状と、その予防法

ハムスターは病気の進行が早く、早期発見をしなければ手遅れになるケースが多いです。また犬や猫と比べ、ハムスターを治療できる獣医さんの数も少ないため、普段からの病気予防がとても重要になります。
今回は体の部分別に現れる主な病気の症状と、その予防法を紹介します。

症状

ハムスターは体が小さく症状を見つけにくいので、意識してチェックしなければ体の異変に気付けません。

皮膚

頭やお腹、背中など体の部位に限らず異変が起こることもあります。「毛が広範囲に渡って抜ける」「赤い発疹が出る」「脱毛して炎症が起こる」といった症状が出たら、皮膚病にかかっている可能性があります。

排便

排便の異常は腸炎などの内臓系疾患を患っているサインになります。放っておくと死んでしまう可能性もありますので、トイレ交換などの際、必ず排便に異常がないか確かめましょう。またハムスターは肛門から腸が出てしまう「直腸脱」という症状も、比較的多く見られますので、注意が必要です。
その他「下痢」「血便」「水便」などの症状があれば要注意です。

歯が欠けていたり、伸びすぎていると歯茎を傷つけたり、歯周病などの原因になります。
口元から血が出ていることもありますので、見逃さないようにしましょう。

「目元にヤニが溜まっている」「まぶたに白い腫瘍が出来ている」といった炎症による症状が現れることがあります。また歳をとると白内障になり、瞳が白く濁る症状が発症する可能性もあります。

その他

ハムスターも風邪を引くと「くしゃみ」「鼻水」といった症状が現れます。寒いと体をぶるぶると震わせますので、暖かくしてあげましょう。
食欲不足も分かりやすい病気のサインです。肺炎やガンなど幅広い病気の症状なので、おかしいと感じたら早めに動物病院で診察しましょう。
またハムスターは骨折しやすい体質ですので「足を引きずっている」といった不自然な動きをしていていないか、気を付けて観察しましょう。

また体に「しこり」が出来てないか確認しましょう。特にハムスターが1歳半以上になるとガンが発生しやすくなります。

病気予防法

まずは毎日スキンシップをとって、ハムスターの健康状態をよく観察することが大切です。
飼育面では「1ゲージにつき1匹」という基本をしっかりと守ること。ケージ内は清潔に保つこと。食事は適量を適当な回数に分け与えること。またハムスターは熱中症にもかかりやすいので、温度管理もしっかりとしましょう。