2017年 8月 の投稿一覧

どんぐりはハムスターにとっては毒の実!与えてはいけません

秋の風景写真として、リスがどんぐりを抱えている可愛らしいイメージを良く見かけます。同じげっ歯類のハムスターもどんぐりを食べられるでは?と考えてしまっても、不思議ではありません。でも、ハムスターにとってどんぐりは、強力な毒となる危険性のある食べ物です。どんぐりの何が悪いのか、良く調べてみましょう。

どんぐりの渋みはタンニン

どんぐりを口にしたことはありますか?見かけはとてもカワイイのに、ものすごい苦味と渋みを感じて思わず吐き出したくなります。これは、柿やお茶にも含まれているタンニンという成分によるもの。強い消炎作用、殺菌力をもつことで知られ、さまざまな生活用品の中で利用されてきました。植物は動物への防御として、このタンニンの量を増やしてきたといわれます。タンニンはそのままの形で体内に取り込まれると、消化器官を破壊したり、大切なタンパク質を排出させてしまいます。人間は、だ液中にタンニンを無害化するPRPという成分をもっています。そのため、多少渋みのあるものを口にしても、すぐに身体を壊すことはありません。しかし、このPRPをもたないハムスターは、タンニンの害を直接受けてしまいます。

なぜリスはどんぐりを食べられるの?

野生の動物たちは、良くどんぐりを食べているようですが、やはりPRPを持っているからなのでしょうか。
まず考えられることとして、どんぐりの木の種類によるタンニンの量の多少の差異です。どれも同じように見えますが、タンニンの含量はミズナラの実では平均で8.6%、コナラでは2.7%。野生動物はこの違いを知っているのでしょうか。それでもPRPがなければ、食べ続けることで死に至る確率が高いことは、実験で明らかにされています。
もうひとつは、すぐに食べずに地面に埋没させていわゆる「あく抜き」をしているのではないかという意見です。確かに、リスたちは冬の食糧とするためにどんぐりを地面に埋めて貯蔵します。これにより、古代の人間たちが「どんぐり餅」や「どんぐりせんべい」を作るとき、水にさらしてあく抜きをしたのと同様の効果が得られているのかもしれません。

野生下にはないハムスターにどんぐりはNG

さらに野生のアカネズミを実験・観察した記録では、どんぐりが落ち始めた頃から少しずつどんぐりを食べて、身体を「慣らしている」ことが報告されています。ヒトが渋みに対抗できるのは、タンニン結合性唾液たんぱく質のおかげです。タンニンの有毒な働きを抑えるこの物質は、必要に応じて分泌量が変わります。野生のネズミたちは、生き残りをかけて、この物質を獲得してきているようです。さらに、同じコナラのどんぐりでも、タンニンの量は0.1~31.5%と幅があることがわかっています。野生動物たちは先にわずかに実をかじり、タンニン量の差異を敏感に感じ取った後、貴重な食料としているようです。
ペットであるハムスターたちは、このような耐性も見分ける能力ももっていないのが当たり前です。飼い主さんが手渡せば、よろこんで木の実を食べてしまうでしょう。また、どんぐりに含まれるタンニンの量を、確実に知っている飼い主さんがいるとは考えられません。ハムスターにとっては、どんぐりは猛毒であると認識しておいて間違いないでしょう。

ハムスターは野生動物とは違う

人間の飼育下にあるハムスターと野生の動物たちは、例え姿が似ていても、生き方がまったく違います。失われた能力も多く、それが死に至る食べ物かどうか判断できないものも、たくさん存在します。飼い主としては、ハムスターの命をしっかり守る責任があるのです。

ハムスターは水菜を食べても大丈夫 与えるときの注意点は?

しゃきしゃきとした歯触りの水菜は、1年を通して手に入りやすく、ハムスターにも食べさせたい野菜です。葉もの野菜として気になる成分もありますが、大量に与えなければ問題はないようです。水菜をハムスターに食べさせるときには、どんな点に注意したら良いのでしょうか。

獣医さんの推奨野菜入りする水菜

水菜はほうれん草などと比較するとアクが少なく、サラダでも食べられる野菜です。ただ、アブラナ科の葉もの野菜である水菜にも、ガンを誘発する硝酸塩や甲状腺に影響を及ぼすゴイトロゲンといった成分は存在します。しかし、ハムスターに毎日大量の水菜を与え続けるということがなければ、それほど神経質になる必要はありません。ペレットとともに野菜を与えるよう指導している獣医さんも、水菜を推奨野菜に加えています。水菜は96%が水分。冬場に旬を迎えるので、あまり水を飲まなくなる季節にはハムスターの水代わりとなります。ほとんどのハムスターが水菜を好んでいるようです。鍋用などに購入したら、ハムスターにも1本あげてみると良いですね。

水菜は水分だけの野菜?

薄緑色で、か細い水菜。あまり栄養分が期待できそうにもありません。でも、実は意外なほど健康効果のある野菜です。水菜の主な栄養素には次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2・B6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

水菜にはわさびの辛み成分と同じアリルイソチオシアネートが含まれていて、強力な抗菌作用があります。大腸菌やカビの発生防止に効果があります。βカロテンは体内のサビといわれる活性酸素を抑制し、血液や細胞の再生サイクルを促します。人間には美肌作用などが期待される水菜ですが、ハムスターにとっても粘膜や皮膚に好影響があるかもしれませんね。

ハムスターに水菜を食べさせるときには

水菜には少量であっても、葉もの野菜特有の成分が含まれています。水菜をハムスターに食べさせる日は、同じ成分をもつ野菜との食べ合わせに気をつけてあげてください。人参などの異なる種類と組み合わせれば安心です。水菜だけを大量に与えたり、連食させないようにします。水分が多い野菜や果物も、下痢の心配があるので同じ日には避けた方が良いでしょう。ハムスター用のペレットと水だけでも、栄養的には十分といわれていますが、雑食性のハムスターにとってはさまざまな食べ物を食べることはより自然です。できるだけ偏りがないように、野菜の種類を考えてあげることが、ハムスターの食生活には大切です。

水菜を上手に与えよう

ハムスターは野菜だけでは生きられませんが、水分やビタミンを補う意味でも野菜は大切な食餌です。水菜を上手に取り入れて、ハムスターの食生活をバラエティに富んだものにしてあげてくださいね。水菜のように簡単に栽培できる野菜を数種類、ハムスターのために育てるのも楽しい作業となるかもしれませんね。

ハムスターは酸味が苦手?レモンはあげる必要のない食べ物

爽やかな酸味のレモンは、人間の食生活にはとても良い効果のある果物です。でも、ハムスターにとって、大きな害はないものの特別に食べさせる必要はありません。ここでは、ハムスターとレモンの関係について考えてみましょう。

ハムスターはすっぱいと感じる?

ハムスターの味覚センサーは、かなり感度が低く、ヒトの5分の1以下です。味を感じる味蕾(みらい)と呼ばれる細胞の数は、人間で1万個、犬では2000個。ハムスターは、さらにそれよりも少ないと言われています。それでも、危険性のある食べ物を見分けるための味覚はそれなりにもっています。ハムスターの好むのは、甘味。そして苦手なのは、苦味と酸味です。ハムスターが特に好むのは、果物の中でもメロンなどの甘味の強い果物。ほとんど甘さを感じず、強烈にすっぱいレモンは与えても食べない可能性が高いのです。ハムスターの食生活は、ペレットと水、少量の野菜で十分満たされます。果物は、ほぼお楽しみとして考えて構いません。あえて好まないレモンを、ハムスターに与える意味はありません。

レモンのビタミンC

いつの頃からか、レモンはビタミンCの代名詞のように扱われています。が、すっぱさイコールビタミンC、というわけではないようです。実はレモン以上にビタミンCが豊富な食べ物はかなりあります。

  • パセリ
  • ブロッコリー
  • ピメント
  • みかん
  • いちご

上記の食品は、ハムスターが食べても問題がないものばかりです。しかも、レモンよりもずっとハムスターに好まれます。さらにハムスターは糖類のグルコースを元にして、ビタミンCを体内でつくることができます。よほど体力が落ちていない限り、ペレットを食べさせているだけでもビタミンCが不足することはありません。ハムスターが病気をしたり、元気がないときには、ビタミンを多く含む嗜好性の高い果物や野菜を与えると良いでしょう。

ハムスターと果物

柑橘系の果物全般がハムスターに悪いわけではありませんが、グレープフルーツやレモンは苦味や酸味が強すぎるので、避けた方が良いものとされています。甘味を好むハムスターは、与えられると大抵の果物を食べますが、中にはまったく口にしないものもあります。逆に、例え毒性のものであっても、気づかずに食べてしまうことも。果物のタネの中には、ハムスターを死に至らせるほどの毒性があるものも多く存在します。ハムスターにとって、果物はお楽しみのおやつのようなもの。愛情から思わぬ結果を引き起こさないように、しっかりとした知識の下で、与えるようにしてください。

人間とは異なるハムスターの食生活

健康の象徴のように感じるレモンですが、ハムスターには必ずしも必要とされません。さまざまな味を与えたいと思っても、やはりハムスターにも好みがあります。「与えても良いが与える必要がない」という食品は、意外とたくさんあります。人間とハムスターの食生活はまったく違う、を大前提にすることが大切です。

ハムスターに春菊を食べさせても大丈夫?気をつける点は?

春菊といえば栄養豊富な鍋の具材として、思い浮かびます。緑黄色野菜の少なくなる冬場、ハムスターにあげてみようかと考える人もいるでしょう。でも、ハムスターに春菊を与えても良いものでしょうか。ここでは春菊の気になる成分や注意点について、ご紹介していきます。

差し迫った毒性は見られない

春菊にはいくつか気になる成分はありますが、ハムスターにとっていきなり毒性が高いというほどではないようです。葉もの野菜の春菊には、シュウ酸や硝酸塩が含まれます。シュウ酸についてはほうれん草の4%程度と、あまり神経質になる必要はありません。また、体内でガンを誘発するといわれる硝酸塩も、連日大量に与えるのでなければ問題ありません。気になるようであれば、加熱することで無害化されます。尿路結石の原因となるカルシウムが多く含まれていますが、ごくたまに食べさせる程度であれば心配はないでしょう。ただ、春菊には独特の苦みがありますので、ハムスターによってはあまり好まないこともあります。

春菊の驚くべき栄養

鍋料理の脇役となりやすい春菊ですが、その栄養は主役級です。ほうれん草のようなアクも少なく、サラダにも推奨されるほど。春菊に含まれる主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

冬場に旬を迎える春菊には、感染症対策となる栄養分が豊富に含まれています。βカロテン、ビタミンCはともに抗酸化作用が高く、体内のサビといわれる活性酸素の除去に働きます。粘膜や皮膚を強化し、抵抗力を高めます。ビタミン群、ミネラルがバランス良く含まれ、身体全体を内側から整えていきます。独特の香りの成分は、α-ペネン、ペリルアルデヒドで胃腸の調子を改善し、食欲を増進させる働きがあります。

ハムスターに春菊を与えるときは

春菊などのくせのある野菜は、ハムスターによって好き嫌いがあります。個体差があり、まったく口にしない可能性もありますが、好んで食べるようであれば連食させずに日を空けて与えるようにします。春菊を食べさせた日は、カルシウム分の多い煮干しなどを与えるのは避け、バランスが取れるように気をつけてください。どのような食べ物でも、同じものをたくさん与えるのは良くありません。種類を多く少しずつ、がハムスターにとってベストです。基本はペレットと水ですが、野菜に含まれる有用な栄養素もうまく取り入れたいもの。葉もの、根菜などそれぞれの特性を知り、健康的な食生活を提供してあげてください。

たまに少量なら問題なし

飼い主さんによっては、特に気にせずに春菊を食べさせていた、という人もいるようです。カルシウムやその他の成分について留意し、与え過ぎないようにします。同じ成分をもつ葉もの野菜が重ならないように、工夫してあげてくださいね。

ハムスターにアスパラガスを与えてはいけない!その理由とは

鮮やかなグリーンのアスパラガスは、栄養も豊富。ハムスターに食べさせたいと思う飼い主さんもいるでしょう。でも、アスパラガスは意外にも、ハムスターに与えてはいけない野菜に入っています。ハムスターがアスパラガスを食べると、どうしていけないのか?詳しく見ていきましょう。

アスパラガスはユリ科の植物

ネギや玉ねぎ、にんにくなどが多くの動物にとって有害な野菜であることは、わりと知られていますね。実はアスパラガスもこれらと同じ、ユリ科の植物。玉ねぎやらっきょうほどには毒性はなく影響も少ないといわれますが、それでも中毒症状が全くないとはいえません。他のユリ科の野菜と比較して、アスパラガスを危険な野菜と記述しているものは少ないようです。しかし、アルカロイド系の毒成分の危険性がある以上は、与えるべきではありません。身体の小さなハムスターは、耐性も少なく、少量でも死に至る可能性があります。お弁当やさまざまな調理で出番が多いアスパラガスですが、味わえるのは人間だけと覚えて置いた方が良いでしょう。

ユリ科植物の中毒とは

ネギや玉ねぎに代表されるユリ科植物には、どのような中毒症状が見られるのでしょうか。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる

猫などでは、おう吐症状がみられる場合もあります。ハムスターは身体の構造上、おう吐しづらくできています。それでも吐いている様子があれば、相当な重症と考えられます。表面上はわかりづらいですが、身体の内部では脱水症状が起こっていることもあります。ほとんどのユリ科植物の毒性は強く、急性です。ハムスターの場合は、症状が現れたときには手の施しようがないというケースが多いようです。可哀想な目に合わせないためにも、危険性のある野菜は避けるのが得策です。

個体差はあるけれど

アスパラガスは、ユリ科の野菜の中では比較的毒性が弱く、うっかり食べさせたけれど大丈夫だったという飼い主さんもいます。が、これらの中毒に対しては、固体差が大きくどのハムスターが反応するかはわかりません。危険性があるとわかっている食品には、近づけないことが一番です。例えば、一度では発症しないことがあっても、次回も絶対大丈夫という保障はありません。小さいハムスターの繊細な体調は、悪化したとたんに手遅れにならないとも限りません。大型動物である人間や、比較的体力のある犬猫と同じように考えては、取り返しがつかないこととなります。

見かけではわからない

一見、ネギや玉ねぎ、らっきょうなどの仲間とは思えないアスパラガス。そのため気づかずに、安全な野菜として与えてしまうことも考えられます。ハムスターを飼っている以上は、知らなかったでは済まされないことがたくさんあります。大切なハムスターのために、食物への知識を高めておきたいものですね。

ハムスターににんにくは厳禁!怖い中毒症状とは

にんにく入りの料理は人間にとってはスタミナ食。体力増強のにんにく注射まであります。でも、ハムスターにとってにんにくは猛毒ともいえる食品。ここではにんにくがハムスターに与える影響や毒性について見ていきましょう。

にんにくの何がいけないの?

にんにくを食べると風邪を引かない、体力がアップするといわれていますよね。でも、にんにくが属するユリ科植物には、動物にとっては危険な成分が含まれているのです。にんにくには、アリシンという強力な殺菌作用をもつ成分が含まれています。この強力な薬効成分が、体重の少ない動物にとっては、時に赤血球を破壊する毒となってしまいます。人間でもにんにくを大量に食べると、頭痛や貧血が起こる場合もあります。ハムスターのように小さな動物には、死に至るほどの大きな影響が。にんにくの強い成分は、加熱しても消えることはありません。どのような形であっても、ハムスターににんにくを与えるのは控えましょう。

にんにくの中毒症状とは

にんにくを食べて中毒を起こした場合、ハムスターにはどのような症状が表れるのでしょうか。一般的には次のようなものが挙げられます。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる
  • ふらつく

ハムスターによっては、多少にんにくの入ったものを食べても変化がないという個体もいます。体質や大きさ、摂取した量にもよりますが、基本的には中毒を起こしやすい食べ物であることに変わりはありません。赤血球の破壊が体内で起こっている場合には、輸血の処置などが必要となります。人間にとっては、カンフル剤のようなスタミナ源であっても、ハムスターには強烈な破壊力となってしまうことがあります。

体調の変化に気づくのは困難

大型の動物であれば比較的変化が目につきやすいのですが、小さなハムスターでは気づいた時には手遅れということがほとんど。眠っていると思っていたら、動けなくなっているという場合もあります。ことばで伝えられないハムスターには、細心の注意をはらっているより方法がありません。にんにくのような致死の危険性がある食品は、最初から与えないようにし、またハムスターが近づけないようにしておくことがもっとも大切です。人間の身体に良い食べ物が、ハムスターにも良いとは限りません。飼い主の勝手な判断で、小さな命を危険にさらすことのないように、気をつけてあげてください。

にんにくやにんにく入り食品は与えない

ハムスターは人間とはまったく異なる身体の組成をもっています。身体に良さそうだから、という程度の判断では、取り返しのつかないことも起こり得ます。ハムスターの主食はペレット。それに安全と確認されている野菜や果物を、補食として少しだけ与えます。知識のない食品については食べさせないようにしましょう。

ハムスターにモロヘイヤを与えても大丈夫?茎・タネには要注意

粘りがあり、高い栄養価で知られるモロヘイヤ。スーパーでも気軽に手に入るので、ハムスターの食事に加えたいと考える飼い主さんもいるのではないでしょうか。でも、ハムスターはモロヘイヤを食べられるの?ここでは、モロヘイヤについて注意する点を見ていきましょう。

ネバネバは健康の印?

モロヘイヤは初めて栄養価が調べられた際、その数値のあまりの高さに計測の誤りが疑われたという逸話があるほど。ハムスターにも与えたい野菜ですよね。ところがモロヘイヤを食べさせてはいけない野菜としている情報もあります。その理由は、モロヘイヤの果実やタネに含まれる強い毒性の成分。ストロフェチジンと呼ばれるこの成分は、うっ血性心不全を引き起こします。かつてアフリカではこの種子から抽出した液体を、毒矢に使っていたそうです。また、モロヘイヤのタネがついた茎を牛や馬が食べて死ぬという事故も、数多く発生しています。ただし、毒性があるのは実とタネだけ。食用としている葉には、まったく問題はありません。驚愕するほどの栄養をもちながら、大きな動物を殺してしまうほどの毒性を併せ持った植物が、モロヘイヤの正体です。

すごすぎるモロヘイヤの栄養

驚くほどの栄養価といわれるモロヘイヤには、具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

モロヘイヤのβカロテンはほうれん草の4.6倍、ブロッコリーの19倍です。さらにカルシウムはほうれん草の9倍、ブロッコリーの10倍。またビタミンEの含有量は野菜の中では、ナンバーワン。抗酸化力を高め、身体のあらゆる部分を強化してくれる、最強の野菜といっても過言ではないようです。ネバネバの元となっているムチンは、胃の粘膜を保護し、消化を助けてくれます。

ハムスターにモロヘイヤを食べさせる際の注意点

野菜の中でも断トツの栄養価を誇るモロヘイヤ。販売されているものからは、毒性の部位が徹底して除去されています。茎の毒性は低いといわれますが、ハムスターには葉だけを食べさせましょう。自宅で栽培している場合には、万が一にもタネや実が混入しないようにしっかりと確認を。モロヘイヤはカルシウム値が高いので尿路結石にならないよう、与えるのはごく少量とします。カルシウムの多い煮干しやチーズのおやつに、重ならないように気をつけてください。粘りに関しては、ハムスターはあまり気にせず食べるようです。食べ残しで不潔にならないように、ケージをチェックしてあげましょう。

健康生活のために少量を

モロヘイヤは素晴らしい健康成分とともに、恐ろしい毒性をも秘めた野菜です。正しい部分だけを少量与えることで、ハムスターの健康にも役立ちます。毎日の食生活をきちんと管理し、元気なハムスターにしてあげてくださいね。

ハムスターに芽キャベツは与えない方が良い?その理由とは

小さくて可愛らしい芽キャベツは、サイズ的にハムスターに合いそうですよね。でも芽キャベツには、ハムスターに悪い影響を与える成分が多く含まれているのです。ここでは芽キャベツとハムスターの関係や、問題となっている成分について調べていきましょう。

小さいからといって安心は禁物

芽キャベツをキャベツの新芽と思っている人も多いようですが、実はまったく違う種類。キャベツから品種改良を行なったもので、長い茎の上に蕾のような小さな玉がたくさんつくカタチで成長します。ハムスターに適さない理由は、アブラナ科であるキャベツ類がもつゴイトロゲンという成分のため。体内でヨードの取り込みを阻害し、甲状腺ホルモンの生成に影響を与えます。人間でも甲状腺機能に異常がある場合には、ゴイトロゲンを多く含む食物について注意するよう、医者から指示をされます。芽キャベツにはこの成分が非常に多く含まれるため、身体の小さなハムスターへの影響が、より心配されます。もちろん、芽キャベツの葉を1枚食べたからといって、いきなり異常が出るというわけではありません。が、不安となる成分の濃度が高い野菜を、わざわざハムスターに与えるべきではないと考えられます。

芽キャベツに含まれるゴイトロゲン

芽キャベツは、ビタミン類などの栄養価も非常に高い野菜です。それだけ成分が凝縮されているということかもしれません。芽キャベツに含まれているゴイトロゲンは、一般的なキャベツのおよそ20倍。同じような量を与えたとしても、それだけ危険性も高いことになります。ゴイトロゲンによって引き起こされる甲状腺の障害の症状とは、どのようなものなのでしょうか。

  • 元気がなくなる
  • 体重が増える
  • 震える
  • 皮膚トラブル
  • 脱毛
  • 色素沈着

さらに症状が進むと、ふらつきが出たり、くるくると同じ場所を回るようになったりします。次第に体力が低下し、発作を起こして死に至ります。

芽キャベツの加工品やその他の野菜は?

小動物用のおやつに、芽キャベツを乾燥させたものが販売されています。明確な研究結果はありませんが、ゴイトロゲンが加熱やドライ処理によって軽減されるという証明もありません。売っているものだからといって、安易には与えない方が安心です。アブラナ科の植物には、ほとんどゴイトロゲンが含まれています。すべてを避けてしまうと、食べさせる野菜がなくなります。キャベツやブロッコリーなどは、それのみを大量に連食させなければ、神経質になることはありません。大切なのは、危険物質があるという知識です。どれをどの程度食べさせるべきなのかは、飼い主の判断しかありません。

ハムスターに芽キャベツはあげない

他の動物と比較してもハムスターの寿命は短命です。その間、できる限りハムスターの安全と健康を守ってあげるのが、飼い主としての役割。今はさまざまな野菜が手に入ります。芽キャベツのように危険性のある物質の数値が高いものは、極力避けるようにしましょう。

ハムスターは梨を食べても大丈夫 食べ過ぎ・下痢に注意

歯触りが良くみずみずしい梨は、ハムスターも喜びそうな果物です。他の果物のように酸味などの刺激が少なく問題もなさそうですが、ハムスターに食べさせても大丈夫なのでしょうか。ここでは梨に含まれる成分や、気をつけておきたい注意点などを見ていきましょう。

梨の気になる成分とは

あまり害がなさそうに思える梨にも、実は気になる成分が。しゃりしゃりとした歯触りとともに、梨には独特の粒々感があります。これは石細胞と呼ばれるもので、あまり消化が良くありません。ハムスターへ与える影響については明確になっていませんが、おなかが弱いハムスターの場合には避けた方が良いかもしれません。また、梨の未成熟な実やタネは、消化の時点で青酸性の物質に変化し毒性を持ちます。人間が食べられるほどの果実であればまったく心配ありませんが、タネは与えないようにしてください。梨は食べていると、ポタポタと汁がしたたり落ちるほど水分が豊富な果物。食べさせ過ぎると、下痢を起こしてしまいます。与える量としては、ハムスターがその小さな腕で抱えられる程度の大きさを限度と考えましょう。

梨って栄養はあるの?

90%以上が水分の梨は、のどの渇きをいやしてくれる爽やかな果物です。でも、その他には何が含まれているのでしょうか。梨の健康に有効な成分には、次のようなものがあります。

  • ビタミンB1・B2
  • アスパラギン酸
  • アルブチン
  • ソルビトール
  • カリウム

梨のもっとも知られている効果が、解熱作用。夏場の火照った身体を冷ましてくれるのは、アルブチンやアスパラギン酸の働きです。これらの成分には、疲労回復効果や抗酸化作用も認められており、体力の低下する高温の時期に最適の果物です。また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、腎臓の働きをサポートします。むくみを解消し、身体にかかる負担を軽減します。ハムスターにも健康効果は期待できますが、体調不良で体温が下がっているときなどには逆効果。おなかが冷えるので、決して与えないようにしてください。

ハムスターに梨を食べさせるときには

甘くて水分が多い梨は、ハムスターたちが好んで食べる果物です。それだけに、与え過ぎには十分に注意をしたいもの。果物類は栄養的にはハムスターにとって、それほど必要ではない食べ物。水分補給の一手段と考えるのが、正解です。体調を良く観察し、軟便になっていないことを確認してから、適量与えるようにしてください。一日に何度も食べさせないように、おやつの時間を決めましょう。水分の多い梨は傷みが早いので、ハムスターが隠していないか、チェックをしてください。汁がついていたら、ケージをしっかりとお掃除しておきましょう。カビが生える原因になります。梨は身体を冷やす食べものです。部屋の温度管理にも気をつけてあげましょう。

量をセーブして与えよう

梨は量に気をつければ、それほど問題はありません。ただし、身体の小さなハムスターは人間と違い、ほんの少しのことが大きな害となることもあります。飼い主さんが、与える食べ物についての知識をもつほど、ハムスターの暮らしが守られるのです。

ハムスターはパセリを食べても大丈夫 健康維持に活用しよう

お料理のすみっこに乗っている飾り、というのがパセリのイメージですが、実はとても栄養があります。ハムスターにとっても、重大な病気につながるような成分はありません。日持ちも良く、栽培も簡単なパセリ。食べさせるときの注意点も含めて見ていきましょう。

毎日大量に与えなければ大丈夫

鮮やかなグリーンのパセリは、ちょっとクセがあるので苦手、という人も多いでしょう。でも、飾り物にしておくのはとてももったいないほどの栄養があります。ハムスターに食べさせるに際して、気になる成分は硝酸塩とカルシウム。硝酸塩は大量に摂取し続けると、ガンを誘発するといわれる物質です。また、カルシウムが多い食事はハムスターの尿路結石をまねきます。でも、それらが含まれている野菜は、パセリに限った事ではありません。毎日、同じ野菜を大量に与え続けるのでなければ、それほど神経質になる必要はないでしょう。パセリは水分量もほどほどで、薬効成分にも優れた野菜。野菜のローテーションに加えても、問題ありません。

薬としても使われたパセリ

原産地の地中海周辺では、古代から栽培され、珍重されてきたパセリ。香辛料としてだけではなく、かゆみどめ、虫刺されの薬としても活用されていたといいます。そんなパセリの主な成分には次のようなものが挙げられます。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • 葉酸
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

パセリの特徴として見られるのは、非常にバランスよく各種の栄養素を含んでいることです。特に鉄分を始めとするミネラル群が豊富で、貧血予防や骨の強化に役立ちます。また、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEは体内の活性酸素を除去し、高い抗酸化作用で身体を守ります。細胞レベルでの代謝を促進するので、皮膚や粘膜を整え抵抗力をアップさせる働きがあります。

ハムスターにパセリを食べさせるときは

パセリの水分量は80%台で、野菜としては低い割合です。そのため、下痢に関してはあまり心配はないでしょう。ただ、ハムスターの場合、野菜はビタミンに加えて水分補給の意味合いもあるため、乾燥パセリを与えるよりは生のものが適しています。適当な大きさのパセリを与えられたハムスターは、両手で上手に食べます。様子がとても可愛らしくて、思わず心がなごみますね。先にあげたように、パセリは硝酸塩・カルシウム量が高いので、連食させるのは避けましょう。パセリは虫がつきにくく、簡単にベランダなどで栽培できます。無農薬で安心な自家製パセリを、ハムスター用に育てるのも楽しいですね。

パセリの健康効果をハムスターにも

わき役となりがちなパセリですが、ハムスターの食生活に加えることができる野菜のひとつです。サンドイッチやサラダの中に入っているものは、味付けされていたり、オイルがついているので与えない方が良いでしょう。なるべく無農薬で新鮮なものを、食べさせてあげてくださいね。

ハムスターはオクラを食べても大丈夫?注意する点とは

刻むと粘りが出るオクラは健康に良いことで知られていますが、ハムスターに食べさせて良いか迷う野菜ですね。成分的には、ハムスターの害になるようなものは含まれていません。ハムスターにオクラを食べさせることで、何か気になるようなことがあるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

ネバネバ成分が気になる?

オクラのネバネバした部分は、意外にも水溶性の食物繊維です。ガラクタン、アラバン、ペクチンからできており、整腸作用、抗がん効果があるといわれています。ハムスターに食べさせる際にも気になるのがこの点ですね。オクラを食べさせている飼い主さんによると、ハムスター自身はあまりネバネバが気にならないようです。一部で頬袋に貯めこんだ際の心配をする声もありますが、頬袋の機能は巣穴に運ぶためのものであり、そこまで神経質になる必要はなさそうです。オクラのその他の成分についても、問題となるようなものは見当たりません。他の野菜と同じく、極端に量を与えたりしなければ食べさせても大丈夫です。

オクラにはどんな栄養があるの?

夏に旬を迎えるオクラは、夏バテ防止や疲労回復の効果があります。見逃せないオクラの栄養とはどのようなものなのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

オクラは、胃腸の状態を整える作用があります。胃壁を保護して消化を促し、便秘を解消します。また、βカロテンやビタミンCの働きによって、細胞や粘膜を強化し、体内からサポートしてくれるのです。またオクラは、中性脂肪の増加を防ぎ肥満防止の効果があるといわれています。ハムスターに与えられるのはほんのわずかばかりですが、それでもオクラの健康成分が少しでも期待できると良いですよね。

ハムスターにオクラを食べさせるときは

オクラ1本はハムスターにとっては、かなりの大物です。適当な大きさにカットし、ハムスターの手の中に入る程度にしてあげましょう。また少し固めの場合には、軽く湯がくことで甘味も増して食べやすくなります。生の場合には、良く洗って水気をふき取ります。冷蔵庫に長く保管したものは、カビっぽくなるので与えないでください。オクラの水分はあまり多くないので、下痢の恐れはなさそうですが、量を与え過ぎるのは良くありません。あくまでペレットの補食として考え、他の野菜とのバランスをみて食べさせるようにしてください。生の野菜や果物は、傷みやすいので食べ残しや隠したものは取り除くようにしましょう。

様子を見ながら与える

オクラはそれほど人気のある野菜でもなく、ハムスターによっては興味も示さない固体もいるようです。野菜はペレットの副食で、どれかを必ず食べさせなければならないということはありません。ハムスターの嗜好に合わせて、バランス良く与えるのが一番です。

ハムスターはセロリを食べられる?与える際の注意点は?

ハムスターに与えられる野菜として、セロリの位置は微妙です。が、獣医さんがとくに禁じている野菜ではないようです。人間でも好き嫌いが分かれるセロリですが、ハムスターに食べさせるときには、どんなところに注意すれば良いのでしょうか。

有害な成分は少ないセロリ

セロリはシュウ酸の量も少なく、その他にも特にハムスターにとって問題となる成分は含まれていないようです。それでも積極的に、セロリを与える飼い主さんは多くありません。キャベツなどと違い、定期的に食材として利用しないという理由の他、セロリが苦手ということもあるのでしょう。確かにセロリは香りの強い野菜のため、ハムスターによっては食べない場合もあります。が、獣医さんによっては食べさせるのに適した野菜の中に、セロリを入れています。手元にあるのならば、ハムスターの野菜に加えても大丈夫です。セロリも他の野菜と同様に水分が多いので、与える量には注意が必要です。

実はセロリはかなりの健康野菜

水分と繊維だけのイメージが強いセロリですが、実はかなりの栄養価に恵まれた野菜です。セロリの主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • マグネシウム

セロリには一般的な栄養素としては知られていない、機能性植物成分を多く含んでいます。クマリン、フラボノイド、アビオイル、フタライド、フェノールカルボン酸、テルぺノイド、カロチノイド、などといったこれらの成分は、ビタミン類ではありませんが、非常に抗酸化作用が高く、抗がん作用などが認められています。良く知られているβカロテンやビタミンCも含まれているため、細胞などの身体の深部から健康を支えてくれます。特に葉の部分の栄養価が高いため、ハムスターが好むのであれば少し混ぜると良いでしょう。

ハムスターにセロリを食べさせるときは

セロリは水分が多い野菜なので、食べ過ぎると下痢をする恐れがあります。ハムスターが抱えられる程度の大きさにカットしてあげれば、繊維も気になりません。歯触りが良いので、人間が思うほどには嫌うハムスターは少ないようです。葉の部分は栄養価が高く、水分量も茎よりは低いので、食べるようであれば与えてみると良いでしょう。ハムスターの理想的な食事内容としては、低たんぱくのペレットを中心に、糖質の少ない野菜を加えるのが良いとされています。水分を取らせたい場合には、水分量の多いセロリなどの野菜で補うとビタミン類などの健康効果もあわせて期待できます。同じ野菜ばかりを食べさせるのではなく、組み合わせを考えて与えることが大切です。

食べるのであれば与えても大丈夫

セロリはハムスターにとっては、それほど避けたい野菜ではないようです。他の野菜と同じく、与える量と頻度に気をつければ食べさせても大丈夫です。ハムスターは草食よりの雑食性動物。新鮮な野菜を上手に与えてあげてくださいね。

豆苗はハムスターに安心して与えられる 食べ過ぎにはご注意

値段も安く、年中手に入る豆苗は、ハムスターに与えやすい野菜のひとつ。緑の部分から豆の部分まで、好んで食べるハムスターも多いようです。ここでは、ハムスターに豆苗を食べさせる際の注意点や、その栄養について見ていきましょう。

そもそも豆苗って何?

豆苗は根元に豆がついていることでわかるように、発芽野菜の一種です。元は、グリーンピースでおなじみの、えんどう豆。きぬさや、スナックえんどうなどとも同じ仲間ということになります。発芽野菜の多くは、とても栄養価が高く、健康効果もあります。また、水を使って栽培するので、農薬の危険性もありません。ハムスターたちも豆類は大好きなので、喜んで食べてくれます。気をつけたいのは、意外に糖質が高いこと。与え過ぎると肥満の恐れがあります。ハムスターの長生きの秘訣は、人間と同じく粗食だといわれます。タンパク質や糖分などは控えめに、さまざまな食餌を与えることで健康が保たれます。

豆苗は元気の源だった

野菜売り場でも決して目立つ存在ではありませんが、豆苗には価格以上の実力があるようです。豆苗に含まれている主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

特に注目されているのが、βカロテンの多さです。体内に入ると必要な分だけビタミンAに変わります。強力な抗酸化作用をもつことで知られ、細胞や血管の若返りを促進し、抵抗力を高めます。美容ビタミンとして知られる、ビタミンC、ビタミンEとの相乗作用で、身体中を元気にしてくれる働きが期待できます。ハムスターにとっても、感染症を防止し、粘膜や皮膚の強化に役立ってくれそうです。

ハムスターに豆苗を食べさせる際の注意点

豆苗は健康効果が高く、ハムスターにとって特に問題となる成分はありません。が、どのような野菜であっても、食べさせ過ぎるとその水分から下痢をする危険性は常にあります。また、一種類だけを大量に続けて与えることは、何らかの障害を起こす原因となります。他の野菜と上手に混ぜて、バランスよく食べさせることが大切です。
豆苗は一度食べてしまっても、根の部分を水に浸しておくことでまた芽が伸びてきます。うまく育てると2度くらいは収穫ができるといわれています。ただし、菌がついてカビが発生する恐れがあります。毎日水を変えて清潔に保ち、少しでも変色などがあった場合には栽培をあきらめましょう。

発芽のエネルギーをハムスターにも

植物の発芽する力は、生命力に満ちています。豆苗の元気をハムスターにも、分けてあげたいですね。豆類は食べ過ぎると肥満につながります。量や与える頻度を調節して、ハムスターの健康生活を守ってあげてくださいね。

ハムスターにじゃがいもを与えるときには、葉・芽・皮に要注意!

ほとんどの家には常備されているじゃがいも。ハムスターにも食べられそうな気がしますよね。でも、じゃがいもには毒性の高い部位がたくさんあります。ハムスターを危険にさらさないためにも、じゃがいもについての知識をしっかり学んでおきましょう。

与えるのはゆでた真ん中を

じゃがいもの芽に毒があることは、よく知られていますよね。調理実習などで、芽を取り除くように教えられた人も多いのではないでしょうか。じゃがいもの芽、そして葉や茎さらに皮には、ソラニンという毒性の強い成分が含まれています。特に芽の部分では、人間をも死に至らせるほどの猛毒が発生します。じゃがいもの皮は厚めにむいた方が良いとされるのも、この成分があるからです。身体の小さなハムスターに食べさせる場合には、これらの部位について細心の注意が必要です。ハムスターに与えるのであれば、ゆでたじゃがいもの真ん中のあたりが安全ですが、特にじゃがいもを食べさせる必要はないことも覚えておきましょう。

恐ろしいじゃがいもの中毒症状

じゃがいもに含まれているソラニンの中毒症状とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。人間にあらわれる症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 頭痛
  • 下痢
  • おう吐
  • 腹痛
  • めまい

症状を訴えられない動物たちの場合も、動きが悪くなったり、下痢やおう吐が見られます。特に小さなハムスターの場合には、様子がおかしいと思ったときにはもう遅いと考えて良いでしょう。学校などで栽培された未成熟なじゃがいもを、皮ごと食べて食中毒症状を起こした例は数多くあります。農林水産省でも、じゃがいもの芽で死に至る可能性があることを、正式に発表しています。

ハムスターにじゃがいもを食べさせるときは

じゃがいもは腹持ちが良いため、主食のペレットを食べなくなる可能性もあります。心配な成分も多いので、あえてじゃがいもをハムスターに食べさせる意味はありません。それでも新鮮なじゃがいもがたくさん手に入り、飼い主さんがゆでて食べるといった場合、十分安全な部分をほんのひとかけらあげる程度であれば問題はないでしょう。ソラニンの他にも、古くなったじゃがいもに生えるカビには、中毒症状をひきおこすセプシンが発生します。じゃがいもは熱への耐性があるビタミンCが多く含まれている、健康食材でもあります。しかしハムスターに与える食物としては、適当であるとはいえません。ビタミン類は他の野菜や果物でも安全に補うことが可能です。

ハムスターの食べ物としては推奨されない

じゃがいもは、人間にとってはなくてはならない食材ですが、ハムスターにとってはそうではありません。でも飼い主から与えられれば、ハムスターは嬉しそうに食べてしまいます。ハムスターのために危険性を良く知った上で、安全な食となるよう判断をしてあげてくださいね。

ハムスターはピーマンを食べても大丈夫なの?注意する点は?

ハムスターにピーマンを与えることについては、多少の賛否があります。が、問題となる成分については、極端な量や連食をさせなければ、さほど神経質にならなくて良いようです。またピーマンを食べさせるメリットもそれなりにあります。ハムスターにピーマンを食べさせる際の注意点について探っていきましょう。

ピーマンの毒性はごく微量

ハムスターにピーマンを与えるのを反対する意見の根拠としては、ナス科植物に含まれるアルカロイド系の成分があります。ピーマン独特の苦みの素でもあり、じゃがいもの芽に存在する有毒物質のソラニンと同じ系統のものです。しかし、その毒素はごく微量で、毎日大量にピーマンだけを食べ続けるという、異常な状態に陥らなければほとんど心配はないといわれています。飼い主さんによっては、ほんの少しでも毒性があることが気になるので与えないという人もいます。が、一方で与える野菜のローテーションの中に、ピーマンを入れている人もいます。ピーマンは野菜の中でも栄養に恵まれていると同時に、一年を通して手に入りやすい野菜です。日持ちも良く、食餌としてのメリットが大きいのも事実です。

ピーマンの成分は?

人間にとってのピーマンは緑黄色野菜の代表として、健康食材のひとつですね。ピーマンの栄養素には、どのようなものが含まれているのでしょうか。

  • ビタミンA
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンP

ピーマンは野菜の中でも、抜きんでてビタミン類の含有量が多く、「ビタミンの宝庫」と呼ばれています。ビタミンAは粘膜組織を強化し、目や肌の健康を高めます。ビタミンCとともに、抗酸化作用が高く、疲労回復や体力の向上に貢献します。ビタミンPは別名フラボノイドとも呼ばれる葉緑素のことです。毛細血管に働きかけ、血液を清浄化します。同じくビタミンDにも血行を促す効果があります。

ハムスターにピーマンを食べさせる際の注意点

毒性が低いといっても、身体の小さなハムスターに対して人間と同様に考えることはできません。雑食性のハムスターは、およそ何でも食べますが、一種類に偏らせるのは危険です。ピーマンもほんのひとかけらを、他の野菜と混合で与えることで危険性は低くなります。もちろん苦味を嫌って食べない場合には、無理に与える必要はありません。基本的にはハムスターに野菜を食べさせるときには、生のまま与えます。ピーマンにも残留農薬の恐れはあります。なるべく無農薬のものを選び、しっかりと洗った後、水分を拭き取り、適度にカットしてあげましょう。ピーマンはトウガラシと同じ種類で、タネにはカプサイシンを含みます。好んで食べてしまうハムスターもいるようですが、念のためタネは取り除いてから与えた方が良いでしょう。

メリットとデメリットを把握する

ハムスターに野菜は必要ですが、それぞれの特性を知って与えなければなりません。ピーマンはハムスターにとっても有用な栄養素が豊富であると同時に、毒性も持ちます。ハムスターの健康を第一に、量や与える頻度に注意して食べさせるようにしてください。

ハムスターにヤングコーンを食べさせても大丈夫?注意点は?

ヤングコーンはその名の通り、とうもろこしが未成熟なうちに早く摘んだものです。とうもろこしが大好きなハムスターは、ヤングコーンも好んで食べます。とはいえ、生のヤングコーンはそれほど一般的ではありません。ここでは、ハムスターにヤングコーンを食べさせる際のポイントについてご紹介していきます。

糖質はとうもろこしより控えめ

ヤングコーンはとうもろこしから見れば、栄養的にも未成熟です。そのため、とうもろこしよりも糖分が少なく、またハムスターに与えても問題となるような毒性も見られません。ハムスターに食べさせても、安心な野菜のひとつです。ただ、ヤングコーンの旬の時期は5~7月と短く、どちらかというと水煮や缶詰の方が身近です。このような人間用の加工品の場合には、塩分や処理剤が添加されています。わざわざ危険をおかしてまで、ハムスターに食べさせる意味はありません。旬の時期に新鮮な生のヤングコーンが手に入ったら、しっかり加熱して与えましょう。生のヤングコーンにはシュウ酸が含まれていますが、ゆでることで無害化されます。

ヤングコーンの栄養は?

いわばとうもろこしの赤ちゃんとも呼べるヤングコーンですが、それなりに栄養はあります。ヤングコーンに含まれている成分には、次のようなものが挙げられます。

  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム
  • リノール酸

ヤングコーンの特徴としては、マンガンやカリウムなどのミネラル分が豊富なことです。骨の形成を促し、身体の芯を支えます。リノール酸やビタミンEは、血管の柔軟性を高め動脈硬化の防止にも効果があります。カリウムは腎機能を高め、老廃物や余分なナトリウムを体外に排出します。小さなハムスターにも、健康効果が期待できる栄養が含まれています。

ハムスターにヤングコーンを食べさせるときは

とうもろこしと同様にヤングコーンを好むハムスターは多いようです。ヤングコーン一本でも、ハムスターにとっては十分な量となります。食べる姿が可愛いからといって、あげ過ぎるのは良くありません。生のヤングコーンの場合には、塩を入れずに十分にゆでます。良く水気を拭いてから与えてください。また、小動物のおやつ用にドライタイプのヤングコーンが売られています。砕いて主食に混ぜたり、水と一緒におやつとして与えてください。糖質はとうもろこしよりも低いですが、やはり食べさせ過ぎると肥満の原因になります。また、嗜好性が高いので他の食餌を食べなくなることも考えられます。連食を避け、与え過ぎないように気をつけましょう。

ヤングコーンは小さなとうもろこし

とうもろこしよりも糖分・水分ともに控えめですが、それでも主食の妨げとなる与え方には気をつけなければなりません。生のヤングコーンが手に入る時期は短いので、特別なおやつとして楽しませるくらいにしてください。ハムスターと共に季節を感じるのも良いですね。

ハムスターにもやしを与えてもOK 傷みやすいので管理に注意

もやしはハムスターによってはまったく食べないという、好き嫌いの多い野菜です。基本的には、ほとんどが水分で問題となる成分は含まれていません。ここではハムスターにもやしを食べさせる際、注意する点について見ていきましょう。

もやしは低カロリーでほぼ水分

多くの野菜はとても水分が多いものですが、もやしもその筆頭に入る野菜。低カロリーのダイエット食となるのもうなずけます。ハムスターにとっては害となる成分がないので、与えても大丈夫な食物です。栄養的なバランスの良いペレットを主食としている場合、野菜はビタミンや水分補給として考えます。一見なんの栄養もなさそうなもやしにも、役立つ成分は含まれています。ハムスターに与える野菜のローテーションに加えるには、価格的にも優れています。気をつけたいのは、もやしがとても傷みやすいこと。購入した後は、日をおかずに与え、食べ残しはすぐに片付けましょう。また、ハムスターによって、もやしを食べない固体もかなりいるようです。

もやしって栄養はあるの?

ひょろひょろとした体形をもやしっ子、と呼ぶほど頼りない外見ですが、実は意外と栄養素を含んでいます。

  • タンパク質
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • アスパラギン酸
  • カリウム
  • カルシウム

あまり知られていませんが、もやしにはポリフェノールや良質のタンパク質も含まれており、美肌の効果があります。ハムスターにとっても皮膚の健康を守る成分です。また、疲労回復物質のアスパラギン酸、抗酸化作用の高いビタミンCも豊富です。さらに利尿作用を促し、腎臓の働きをサポートするカリウムにも恵まれています。水分ばかりと考えられていますが、もやしには見逃せない健康効果があります。

ハムスターにもやしを与える際に気をつけたいこと

ハムスターは身体の大きさに対して、水分を多く必要とする生き物です。あまり水を飲まないようであれば、野菜や果物で補給すると良いでしょう。とはいえ、大量にもやしの食べさせれば、下痢をする危険もあります。どのような野菜でもそれだけを与えれば良いというわけではありません。栄養的にはペレットと水だけでも十分といわれますが、雑食性のハムスターにとっては、さまざまな食感の食べ物を知ることに意味があります。もやしを食べさせるときは、1日あたり1本で十分です。良く流水で洗い、キッチンペーパーなどで水分を取って与えましょう。雑菌を気にしてゆでるという飼い主さんもいますが、より新鮮なものを、清潔な環境で与えることを心がけてください。

もやしは健康野菜

もやしを食べないハムスターもいますが、好みはそれぞれです。大切なのは固体の状態を良く知り、年齢や体調にあった食生活を管理してあげること。逆に良く食べるからといって、与え過ぎても良くありません。もやしの特性を知って、ハムスターの健康に役立ててあげてくださいね。

ハムスターはメロンが大好き でもたっぷりの水分にはご用心!

みずみずしくて甘いメロンは、ハムスターにも人気があるようです。でも、その水分の多さから、下痢をしてしまうことも。ハムスターにメロンはどのくらいあげて大丈夫なのでしょうか。ここではハムスターにメロンを食べさせる際の注意点について見ていきましょう。

メロンの糖質と水分には注意が必要

ハムスターにとって、果物は必ず必要なものではなくあくまでおやつの位置づけです。雑食性のハムスターは何でも食べますが、甘味に対して嗜好性が高いのでメロンも大好きです。ただ、メロンはほとんどが水分の上、糖分が多いので食べさせ過ぎると下痢や肥満の恐れがあります。与えるときには軟便などになっていないことを確かめ、ほんのひとかけらにしてください。甘さに慣れると、主食のペレットや野菜の食いつきが悪くなることもあります。また、メロンやスイカのタネに関しては、乾燥させてあげている飼い主さんもいるようですが、ハムスターへの影響が明確になっていません。念のため、避けた方が良いようです。

メロンって何でできてる?栄養はあるの?

あまりにみずみずしいので、あまり栄養価に期待されていませんが、メロンにも意外な効能があります。メロンには次のようなものが含まれています。

  • βカロテン
  • GABA
  • カリウム

メロンに多く含まれているβカロテンは、強力な抗酸化作用で体内のサビといわれる活性酸素を除去します。また最近、脳の活性化作用で知られてきたGABAの含有量も果物の中では抜きんでており、神経細胞を鎮め、精神の安定に働きかけます。メロンの甘味は果糖・ショ糖・ブドウ糖。これらはすばやくエネルギーに代わるため、疲労回復に役立ちます。実は同量であれば、リンゴやみかんよりもカロリーが低いという意外な一面があります。ただし、ハムスターにとってはやはり糖分・水分ともに過多になりやすいのも事実です。ヒトと同じようには考えず、量を調節して与えなければなりません。

ハムスターにメロンを与える際の注意点

メロンを与えられたハムスターはとても嬉しそうにほおばりますが、食べさせ過ぎるとすぐに下痢を起こします。一度に与える量はせいぜい1cm角というところ。身体の小さなハムスターは、下痢などでいったん体調を損ねると脱水症状を起こして重症化する可能性もあります。夏場のあまり食欲のないときや、水分補給をさせたいときなどに与えると効果的です。水分の多いメロンは、とても傷みやすいのでケージに食べ残しがないように気をつけてあげてください。汁がついていると、そこからカビが発生する恐れがあります。水分の多い果物を与えた後には、必ずふき取り掃除をしておきましょう。

美味しいメロンはほんのちょっぴりに

高級品だったメロンも、最近は手の届きやすい価格の種類が増えています。大切なハムスターにもあげたい気持ちはわかりますが、何がハムスターにとって幸せなのか判断するのは飼い主さんの大きな役割。メロンは特別なおやつとして、ちょっぴりだけ楽しませてあげてくださいね。

ハムスターに枝豆を与えるときには要加熱!塩分にも注意して

夏のおつまみの定番といえば枝豆ですね。ハムスターにも、ついお皿から一粒二粒あげたりしていませんか?でも人間の食べ物は、ハムスターにとってふさわしくない味付けです。その他にも枝豆には注意する点が。ハムスターに枝豆を食べさせるときの、ポイントについて見ていきます。

塩分・糖質・脂肪過多に注意

夏に食欲が落ちても、枝豆を食べていると不思議とやせないものですが、それだけ枝豆には栄養があります。元々は大豆である枝豆には、糖質・脂肪の割合がかなり高め。ハムスターには、肥満の元になりやすい食べ物です。また、おつまみにする際に加える塩分も、ハムスターにとっては大敵。人間の口に合わせた枝豆をハムスターに食べさせても、良い事は何もありません。一方で、生のままの枝豆には、身体の機能を低下させる成分が含まれています。症状としては、赤血球が固まったり、タンパク質の分解を妨げる、体内でビタミンが機能しなくなるなどで、体力低下につながります。ハムスターに与える際には、塩分なしでしっかり加熱し、少量とすることが大切です。

枝豆の栄養素は?

畑の肉、といわれるのが大豆ですが、枝豆も同じく高タンパクの食品です。枝豆の主な栄養素には次のようなものが挙げられます。

  • タンパク質
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 鉄分

エネルギー源となる豊富なタンパク質と、それを効率よく変換するビタミンB1が含まれているため、枝豆は夏の元気を与える食品として親しまれています。また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、疲労回復につなげます。ただ、尿酸値を高めるプリン体が多いので、人間にとっても食べ過ぎは禁物。食物繊維が豊富なため、ハムスターによっては下痢をおこす個体もいます。

ハムスターに枝豆を食べさせるときには?

いかにも良い香りのする枝豆を、嫌いなハムスターはあまりいないようです。与えればどんどん食べてしまいます。ハムスターへの1回分の適量は1粒。豆類の中でも高タンパクで栄養豊富な枝豆は、体重を増やす元です。連食をさせないように、週に1度程度のお楽しみにするくらいで良いでしょう。ハムスター用には塩を入れずに、しっかりとゆでたものを与えます。枝豆の外皮に関しては賛否両論がありますが、柔らかくゆでたものを食べるハムスターもいるようです。食物繊維がより多いので、下痢をする可能性もあります。ハムスターの体調を良く観察して判断してください。豆部分も、先に記したように生の枝豆は有害成分が多いので、必ず十分に加熱してから食べさせることが重要です。

枝豆を与えると大喜びするけれど

丸い枝豆を抱えて楽しそうに食べる姿には、心がなごみます。が、枝豆はハムスターにとっては栄養過多になりすぎる食べ物。扱いにも注意が必要です。愛するハムスターのために、きちんとした知識をもって食生活を考えてあげたいものです。

かぼちゃはハムスターに与えたい野菜 注意するポイントは?

かぼちゃはハムスターに安心して与えられる野菜のひとつです。甘味がある割には、カロリーも低く、栄養価は十分。でも食べさせるときは、生?皮はどうしたら良いの?ハムスターにかぼちゃを与える際の、それらの疑問について見ていきましょう。

加熱すると甘味が増すかぼちゃ

かぼちゃには、ハムスターに害を与える成分は含まれていません。栄養価が高く、皮・実・タネまで利用できる、最適な野菜です。生でも食べさせられますが、蒸したりレンジにかけると甘さが増し、嗜好性が高くなります。緑の皮の部分も、若いハムスターならば生でもかじることができます。幼年や老齢のハムスターには、加熱して与えた方が良いでしょう。ほとんどのハムスターはかぼちゃが大好きなので、与えるほど食べてしまいます。さつまいもほどには糖分が高くありませんが、食べ過ぎには注意が必要です。かぼちゃ自体であれば、1cm角ほど、タネであれば5粒までにしておきましょう。

かぼちゃの栄養はかなり優秀

かぼちゃは、緑黄色野菜として高い栄養価を誇ります。かぼちゃに含まれている主な栄養素には、次に挙げられるようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム

かぼちゃは高い抗酸化作用をもつ食材ですが、その秘密はβカロテンの含有量。風邪や感染症、ガンの発症などを抑制し、身体全体の抵抗力をアップさせます。細胞の若返りをはかり身体の中から、体力の底上げをしてくれる働きがあります。ビタミンCやビタミンEにも同様の作用があるため、さらに相乗効果が高まります。目や皮膚など粘膜も強化され、ハムスターにとっても元気の素となりそうです。

ハムスターにかぼちゃを与えるときは?

ハムスターは栄養バランスに優れたペレットを主食とし、副食として野菜を与えます。どのように良い野菜であっても、一種類を与え続けてよいわけではありません。かぼちゃは野菜のローテーションに加えても問題ありませんが、量を調整し、連食させないようにします。嗜好性が高いので、かぼちゃばかり与えると他のものを食べなくなる可能性もあります。タネは、良く乾燥させると長期のおやつになります。フライパンで炒る方法もありますが、天日干しをすることで内部まで良く乾燥し、栄養価も高まります。良く洗ってから3~5日ほど干せば出来上がります。ハムスターによっては、かぼちゃの実よりもタネを好むという個体もいるようです。

かぼちゃは丸ごと使える野菜

ハムスターに与える野菜については、いろいろと悩む飼い主さんも多いでしょう。かぼちゃは丸ごとどの部位も、すべて問題なく食べさせられるお助け食材です。丸のままであれば、かなり日持ちもします。ですが火を通したものは悪くなりやすいので、食べ残しはすぐに片づけてあげてくださいね。