うさぎの安心野菜 小松菜 カルシウム過剰の心配は?

青々とした小松菜はうさぎの大好物のひとつ。でも、ほうれん草に良く似た外見で、うさぎにあげても良いのか迷っている飼い主さんもいるのでは?ここでは、小松菜の成分からうさぎに与えても良いのか、注意点などについて見ていきます。

小松菜はうさぎの食事として合格ライン

小松菜はほうれん草と比較すると、シュウ酸が少なく人間でも生で作るスムージーなどの食材として推奨されるほど。では、小松菜について問題となっているのは何でしょうか。良くいわれているのが、豊富に含まれているカルシウムです。カルシウムが過剰になり、結石の原因となるというのがその根拠。しかし、最新の研究によると、尿の排泄が正常なうさぎであれば、野菜からのカルシウム摂取は問題ないと報告されています。一生伸び続ける歯の持ち主であるうさぎにとって、むしろカルシウム不足は命に関わる問題です。研究によると意図的にカルシウム量を抑えたうさぎは、逆に結石になりやすいと結論づけられています。水分とともにカルシウムをたくさん摂れる小松菜は、うさぎの健康食餌といえるでしょう。

小松菜をうさぎに食べさせるメリットって?

うさぎにとって小松菜にはどのような栄養効果があるのでしょうか。人間の食材としてもすすめられることの多い小松菜の栄養の実力は次の通りです。

  • タンパク質
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ナトリウム
  • カルシウム
  • カリウム

小松菜のアミノ酸は、「プロリン」という成分です。身体のエネルギー源として即効性をもち、うさぎの活発な活動を支えます。豊富なカルシウムは骨粗しょう症を防止し、うさぎの心臓機能を向上させます。ミネラルバランスが良く、全身の体力を底上げします。高い抗酸化作用によって、抵抗力が高まり、感染症予防につながります。女性の肌を美しくするといわれる小松菜ですが、ビタミンAやビタミンCはうさぎにとっても、被毛や目の健康を守り、生き生きとした外見を作ります。

うさぎに小松菜を食べさせるときの注意点

これまで問題とされてきた小松菜の豊富なカルシウムについては、さほど心配することはないようです。しかし、どんなに良いとされる野菜であっても、そればかり与えていては逆に健康を損ねます。うさぎは自然界では、さまざまな植物を混ぜて食べながら、それぞれの栄養を取り込んでいます。野菜食はうさぎにとってより自然な食生活に近いものですが、ひとつの野菜で補えるものではありません。小松菜もできるだけ多くの種類の野菜と混ぜて与えることで、健康効果が発揮されます。小松菜ばかりを毎日食べさせるような、不自然な与え方であってはいけません。

うさぎの健康生活には小松菜が必要

美味しそうに緑の葉っぱを食べているうさぎには、とても癒されますね。小松菜は一年を通して手に入りやすく、比較的農薬量も少ない野菜です。それでも与えるときには、しっかりと洗浄するなど、できる限りうさぎの健康に気を遣ってあげたいものですね。

意外!うさぎにレタスは良くないの?成分と水分に要注意

薄緑のサクサクとしたレタスは、あまり身体に悪そうな感じがしませんよね。でも、うさぎに食べさせない方が良いとされる野菜に入っているのです。うさぎにとって、レタスの何がいけないのでしょうか。ここではレタスがうさぎに与える、思わぬ影響について見ていきましょう。

レタスをあえて与える必要はない?

レタスを始めとする淡色野菜は、水分量が多く、うさぎに必要な栄養素がほとんど含まれていません。レタスを与える意義は少なく、うさぎの体調を崩す要素の方が多いといわれています。また、微量ではありますが、毒性のある成分も存在しています。身体の小さなうさぎにとっては、影響がまったくないとは言えません。一見、柔らかい葉っぱで害のなさそうなレタスですが、知識を持たずに与えるとうさぎを弱らせてしまうことに。植物が主体のうさぎの食生活にとって、野菜の豊富な食物繊維は絶対不可欠なものです。しかし、身近な野菜の中にもあまり好ましくない種類があることを、しっかりと覚えておきましょう。

レタスのうさぎが避けるべき成分って?

レタスの中にある、うさぎには好ましくない成分と影響は次の通りです。

  • 大量の水分:下痢や軟便の原因となる
  • 硝酸塩:特に水耕栽培、ハウス栽培のレタスに注意
  • ラクッコピコリン:鎮静・催眠効果がある

一説にはうさぎは野菜の水分によっておなかを壊すことがないともいわれます。が、これまでペレット中心の食生活をさせているうさぎの場合、水分量の多い野菜によって一時的に下痢をするのは良くあることです。硝酸塩はあまり聞きなれない成分ですが、うさぎの体内に蓄積しやすく、がんを誘発する可能性が指摘されています。また、流産の原因となることもあるようです。眠りの質を高めるためにレタスを利用する、という話題がありました。人間にとっては、快眠につながる成分でも、うさぎにとっては害となりかねません。

うさぎにレタスは絶対にだめ?注意点は?

うさぎにレタスを常食させたり、大量に食べさせる理由はありません。しかし、場合によっては少量であれば、うさぎの健康に役立つこともあります。夏場の食欲が落ちる時期、また体内の水分が減少しているときには、レタスを野菜に混ぜて与えると脱水を防ぐことができます。できれば直栽培で、無農薬のものがベスト。また、レタスにはたくさんの種類があります。レタスと名がついていても、緑黄色野菜に分類されているものもあります。緑の濃いサニーレタス・サラダ菜やロメインレタス・グリーンリーフなどを選ぶようにしましょう。ビタミンE、ビタミンCの含有は約4倍、カロテンは約9倍もの違いがあります。

レタスが良い、とはいえない

サラダなどで人間の食卓ではおなじみのレタスですが、意外なことにうさぎにはおすすめの野菜ではありません。食べさせない方が良い野菜に分類されてはいますが、ごく少量を効果的に使う方法もあります。飼い主としてうさぎの健康を考えるのであれば、与え方・選び方に気をつけなければなりませんね。

うさぎの野菜食は一番自然に近いカタチ?

ご存知の通り、うさぎは草食動物です。野生下では、毎日大量の草を食べて過ごしています。栄養をバランスよく配合したペレットを与えるのはごく一般的となっていますが、最近、野菜を主体とした野菜食による飼育にも注目が集まっています。うさぎの生態を考えると、野菜食はより自然に近いと考えられます。ここでは、うさぎに野菜を与える意味や、注意する点について見ていきましょう。

野草にあって牧草にないもの

うさぎをケージから出して遊ばせているとき、ちょっと目を離したすきに、ベランダの植物を全滅させてしまったという話は良くありますね。せっかく育てていたお花には可哀想ですが、うさぎは「生」の植物が大好きです。それもそのはず。うさぎがいる本来の自然環境の中では、乾燥した草も、ペレットもありません。うさぎたちはみずみずしい野草を、毎日たっぷりと食べてきたのです。野生のうさぎは水分を植物で補うため、ほとんど水を飲むことがないといいます。ペレットや牧草を食べて水を飲むのは、食べ物から水分を摂るのが難しいからなのですね。より自然に近い、というと牧草のように感じますが、かさかさに乾いた草を自然の中で食べるのは逆に稀です。また、さまざまな野草を取り混ぜて食べているうさぎにとって、たった一種類の草ですべての栄養バランスを補うのは難しいことなのです。

野菜をうさぎに食べさせるメリットって?

バリエーション豊富な野草に一番近い食べ物は、やはり野菜ということになります。うさぎにとって野菜を食べることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 歯やあごを丈夫にする
  • ビタミンミネラルが豊富
  • 胃腸の健康
  • 自然治癒力
  • 免疫力
  • 血液の浄化作用

自然界では、うさぎは大量の草を良くかみ、良く粉砕しています。ペレットもある程度かみごたえはありますが、歯石を作りやすく、組成も自然の草の繊維とは異なります。生の野菜をサクサクと噛むことで、自然に咀嚼が多くなり口腔内の健康が保たれるのです。また、熱を通さない野菜は、ビタミンの破壊もなく、ミネラル分も豊富です。そのために、抗酸化作用が働き、自然治癒力や免疫力が向上します。ペレット食から野菜食に切り替えたところ、被毛の状態や目やにが改善した例もあります。

うさぎに野菜を食べさせるデメリットってあるの?

水分たっぷりの野菜はうさぎの健康に良さそうですが、逆に野菜を与えることのデメリットはないのでしょうか。

  • 餌代がかかる
  • 野菜についての知識が必要
  • 手間がかかる
  • うさぎの尿量が増える
  • 農薬の心配がある

農家でもない限り、野菜は購入する必要があります。家庭菜園があれば助かりますが、1年を通して安定的に餌にするのは難しいでしょう。スーパーなどで購入する場合には、農薬の心配もあります。また、野菜は何でも良いわけではなく、うさぎにとって害となるものもあります。栄養バランスと合わせ、野菜についての知識がなければ、完全な野菜食は良い結果となりません。その他、野菜食にすることで食事の準備やケージの掃除など、手間がかかるといった面もあります。

理想的だけど意識が必要

うさぎフードが一般的になったのは、それだけ手軽に適度な栄養状態が維持できるからです。一方でうさぎの幸せを考えるとき、バラエティに富み、楽しんで食事ができる野菜食は理想的です。飼い主としては、大変な面も多く知識も必要となります。ある程度の覚悟で、うさぎのために取り組む気持ちが大切ですね。

うさぎが肉を食べるのは間違い!重い病気の原因に

一般に知られている通り、うさぎは肉食ではありません。肉類をあげたら食べたからといって与え続けると、大変な病気になる可能性が。草食動物であるうさぎは、基本的に動物性タンパク質を消化するようなしくみは備わっていません。うさぎの身体と肉類の関係について、正しく知っておきましょう。

稀にあるうさぎの肉食とは?

うさぎの子どもが食べられてしまうというケースは、良く耳にします。これにより、うさぎを肉食と勘違いする場合もあるでしょう。しかし、うさぎが子どもを食べてしまうのは、母うさぎにストレスがかかったり、生まれたばかりの子うさぎにヒトの臭いなどがついてしまった場合だけです。また、他のオスが子どもを襲うこともあります。いずれについても、食餌として食べているわけではなく、邪魔者を排除しようとする本能的な行為です。うさぎの消化器官は、肉食動物とまったく異なり、体の約10倍もの長さの腸をもっています。口内もまた、肉を切り裂く犬歯はなく、植物をすりつぶす臼状の歯が発達しています。栄養の乏しい牧草などからでも、エネルギーを摂取できるように腸内にはバクテリアが常に活動しています。肉食をさせるとこれらの働きが弱まり、何も消化できずに死に至ることもあります。また、腫瘍や膿腫が発生する原因ともなるのです。

肉の成分はうさぎに必要なし

草ばかりで可哀想、と考えるのはうさぎにとっては大きなお世話です。うさぎの消化のしくみを知れば、肉のタンパク質がまったく必要がないことがわかります。うさぎの食物の消化のしくみには次のようなものが挙げられます。

  • 前歯で固い植物を切断し奥歯ですりつぶす
  • 長い腸で固い繊維を消化
  • 盲腸は胃の10倍の大きさ
  • 大量に食べ続けることでバクテリアを養う
  • 盲腸便を食糞する

うさぎには犬歯こそありませんが、噛まれるとかなり出血するほどの、薄く鋭い前歯を持っています。硬い繊維をもつ植物をかみ切っては、奥歯で良くすりつぶして消化しやすいかたちにします。胃は人間や肉食動物のように大きくはありません。代わりに腸が発達しており、うさぎの場合は特に盲腸がかなりの部分を占めています。ここで作られるバクテリアこそが、うさぎの健康の元となっています。うさぎを初めて飼った人は、自分の糞を食べる姿にショックを受ける様ですが、これは正常なうさぎの行動です。うさぎは、栄養価の低い草を体内で発酵させます。盲腸内のバクテリアによって合成されるたん白質、ビタミン豊富な糞を再利用することで、生きるのに十分な栄養としているのです。

うさぎに肉を食べさせるとどうなるの?

うさぎは基本的に植物しか食べませんが、固体によっては肉を食べたという話も聞きます。肉の脂のにおいを好むうさぎもいるようです。が、体のつくりそのものが、肉を消化できません。消化できない食べ物が、そのまま腸内に詰まってしまう可能性もあります。また、大切な体内のバクテリアが死滅してしまい、消化力が大幅にダウンします。その後、植物を食べても消化できなくなると、栄養が摂れず死に至ります。うさぎにとって、肉は本来入ってくるべきではない異物です。与え続けると、内臓に大きなストレスになります。うさぎは腫瘍のできやすい動物ですが、体内バランスを失うことで発症率が高くなります。

自然本来のあり方に合わせて

人間の生活の中にいるペットは、どうしてもヒト目線で見られがちです。が、どれほど可愛くても、うさぎは人間と同じものを食べられません。愛するうさぎの健康を守るためには、本来の生態に合わせた食生活を与えるべきなのです。うさぎは、肉食動物ではありません。

うさぎににんじんはビジュアル的にかかせない!注意点は?

うさぎといえばセットのように描かれるのが、にんじん。白いうさぎとオレンジ色のにんじんは、心和むカラーの取り合わせでもあります。うさぎの食べ物として当たり前のように思われるにんじんですが、果たしてそれほど与えても良い野菜なのでしょうか。ここでは、うさぎににんじんを食べさせる際の注意点などについて見ていきましょう。

実よりもたくさん葉をあげよう

にんじんはうさぎに優しい食べ物として、トップクラスに挙げられます。甘味があるためにんじんを好むうさぎが多いことも、間違いないでしょう。ただし、栄養が高すぎるため、肥満につながるという指摘もあり、ひんぱんに与えない方が良いという説もあります。また、にんじんを好まない固体もいます。うさぎは自然界では、一種類の植物のみを食べ続けることはありません。さまざまな草を食べ、一日中移動をしています。ペットとして飼われているうさぎは、どうしても運動不足になりがちです。にんじんのように糖分が多く、栄養価の高い食べ物だけ与えることは、うさぎにとって良い結果となりません。にんじんは実そのものよりも、葉を与えることで栄養とカロリーバランスが良くなります。

にんじんはうさぎにとってどんな食べ物?

緑黄色野菜の代表格であるにんじんは、人間にとっても健康効果の高い野菜として知られています。うさぎにはどんな栄養効果があるのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1、B2
  • ビタミンC
  • カリウム
  • リン

βカロテンは抗酸化作用が強く、体内のサビといわれる活性酸素の除去に効果があります。抵抗力を高め、ガンの抑制効果も報告されています。うさぎは腫瘍ができやすい動物ですが、防止効果が期待できそうです。また、体力全体を底上げし、感染症などにかかりにくくなります。目の健康にも働きかけ、うさぎの生き生きとした表情を守ってくれるでしょう。豊富なミネラル分は、余分な塩分を排出し、骨や歯の強化に役立ちます。

うさぎににんじんを食べさせるときの注意点

にんじん独特の甘みが感じられるのは、蔗糖とブドウ糖がたくさん含まれているからです。
うさぎの味覚に関する細胞は人間の2倍、美味しいものには敏感です。でも嬉しそうだからといって与えすぎると、うさぎにとってはすぐにカロリーオーバーとなります。もともとうさぎは、栄養価の低い牧草などの植物から上手に必要な成分を摂取できるシステムをもっています。他の野菜や、にんじんの葉を混ぜながらバランス良く食べさせてください。また、市販のにんじんの場合、気になるのは農薬です。できれば有機栽培のものを与えたいところですが、心配であれば良く洗った後、皮をむいて食べさせると良いでしょう。

切ってもきれないにんじんですが…

昔からうさぎとにんじんとは切っても切れない図柄ですが、ただ食べさせれば良いかというとそうではありません。にんじんだけでうさぎの食事としないこと、量に気をつけてあげることが大切です。固体によってはにんじんを食べないこともありますが、無理強いする必要はまったくありません。

猫のツメダニ皮膚炎〜原因・症状と対策

猫のツメダニ皮膚炎とはツメダニというダニが原因となって発症する皮膚炎のことを指します。ツメダニはその名の通り手先がツメのようになっています。ツメダニ皮膚炎の特徴はフケが大量にでるという点です。飼い猫の身体にフケが見られていたらツメダニ皮膚炎を発症している可能性があるので注意してください。猫のツメダニ皮膚炎の原因や症状、対策についてご紹介します。

猫のツメダニ皮膚炎の原因

猫のツメダニ皮膚炎の原因はツメダニというダニの一種です。ツメダニにはネコツメダニの他にイヌツメダニ、ウサギツメダニなどもいます。ツメダニは爪で引っ掻くようにして猫の体液を摂取して生命活動を行います。ツメダニはサイズが非常に小さく、大きさは1ミリ未満しかないので肉眼で確認することは難しいですが、虫眼鏡で確認することは可能です。猫の皮膚に異常が出ているときには虫眼鏡を利用してツメダニが居るかどうかを確認するようにしてください。

猫のツメダニ皮膚炎の症状

猫のツメダニ皮膚炎の主な症状はフケや皮膚のただれ、かゆみなどです。特にフケが多くでるという特徴があるので、そのような症状が見られた時には早急にツメダニの駆除と治療を行ってあげてください。猫のツメダニ皮膚炎の症状が見られやすい部位は背中、耳の裏、腹部、尻尾の付け根などです。ツメダニは体内に寄生するタイプの寄生虫ではなく体外に寄生しているだけなので身体から駆除してあげれば症状がなくなります。しかし猫の生活環境の中にツメダニが残っていると改めて猫の身体にツメダニが寄生して繁殖を繰り返してツメダニ皮膚炎の症状が再発する可能性があります。猫の身体だけではなく部屋の中にいるツメダニを駆除するところまで意識してください。

猫のツメダニ皮膚炎の対策

猫のツメダニ皮膚炎の対策は猫の身体にツメダニが寄生してしまわないようにすることがすべてです。猫の生活環境を清潔な状態に保つようにしてあげてください。とはいえツメダニは動物に寄生していなくても数日であれば生き延びられるので、猫が外からツメダニを持ち帰ってしまう可能性は考えられます。もし猫の身体にツメダニが寄生してしまったときには適切な方法でツメダニを駆除してください。またツメダニは人にも寄生します。かゆみや発疹の症状が出るので気を付けてください。

猫のツメダニ皮膚炎の治療

猫のツメダニ皮膚炎の治療はまずツメダニを駆除するところから始まります。殺虫効果のあるシャンプーやスプレーの利用や薬剤の投与によってツメダニを駆除します。ただ中には副作用がでるものもあるので、獣医さんからの説明をしっかりと受けるようにしてください。ツメダニを駆除するための治療を行えばツメダニ皮膚炎は完治する可能性が高いです。そしてツメダニ皮膚炎が再発してしまうことのないように猫の生活環境の中に残っているツメダニの駆除も併せて行ってください。殺虫剤を散布するなどの方法が効果的です。適切な治療を行いながら経過を観察し、獣医さんの指導をしっかりと守りながら猫のツメダニ皮膚炎を完治させてあげてましょう。

まとめ

猫のツメダニ皮膚炎の原因や症状、対策についてご紹介しました。猫のツメダニ皮膚炎はツメダニによって引き起こされる皮膚炎です。ツメダニが猫の身体に寄生してしまうと発症するので、もしツメダニが寄生してしまったときには適切な方法で駆除してあげてください。ツメダニは猫の体液をエサにして生きていますが、宿主が居なくても数日間は生き延びることができるので、猫の身体だけではなく猫の生活環境の中に潜んでいるツメダニも併せて駆除する必要があります。猫にツメダニが寄生すると多くのフケが出てしまい、またツメダニは人にも害を及ぼす害虫です。猫にツメダニ皮膚炎の症状が見られたらツメダニを完全に駆除することに努めましょう。

うさぎにキャベツ賛否両論はなぜ?何に注意が必要?

学校で飼われているうさぎの小屋に、キャベツが置いてあるのは良くある風景。でも、うさぎにキャベツを食べさせない方が良いという説もあります。ちょっと驚きですが、いったいそれはなぜ?ここでは、キャベツとうさぎの関連性と、食べさせるときの注意点について見ていきましょう。

キャベツが悪いといわれるのはなぜ?

キャベツは一般家庭でも、もっとも良く利用される野菜のひとつですね。手元にいつもあるだけに、うさぎに食べさせたいと考えるのももっともです。与えればうさぎは、パリパリとおいしそうに食べてしまいます。たいして害のなさそうなキャベツが良くないといわれる根拠のひとつは、甲状腺への影響。キャベツに多く含まれるゴイトリンという成分が、甲状腺ホルモンを生成する機能に影響するといわれています。これは実際には、検証された結果があるわけではないようです。キャベツのみを毎日大量に与えるという、極端な飼育をしなければさほど神経質になる必要はありません。もうひとつは、キャベツの水分によってうさぎが下痢をしやすくなるという説です。こちらも、正常なうさぎであれば、水を飲む量を自然調整するので、多少おしっこの量が増える程度です。ただ、それまでペレットのみ与えていた場合、急に野菜食に切り替えると下痢が続く場合がありますので注意が必要です。

キャベツをうさぎに食べさせても大丈夫?

人間がバランスの良い食事を推奨されるように、うさぎの食事にもバラエティが必要です。どんなに良い野菜であっても、そればかりを食べさせると障害となります。キャベツは、食物繊維が豊富で、疲労回復や抵抗力向上に効果のあるビタミンCも豊富です。その他、骨の形成に働くビタミンK、キャベジンと呼ばれるビタミンUも含まれています。ジャスターゼは大根おろしよりも多く、胃腸の調子を整える効果があります。キャベツを与えるときには、量に注意します。1日に食べさせる量としては、小さ目の葉っぱ1枚程度がめやすとなります。糞の状態を良く観察し、キャベツを食べさせたときに限って下痢気味になるなどの変化がないか確認してください。

うさぎにキャベツを食べさせるときは

うさぎにキャベツを与える際に気になるのは、農薬の存在です。虫食いだらけの葉っぱであれば逆に安心ですが、通常売られているキャベツはきれいであるほど、農薬の心配があります。キャベツはしっかりと葉が巻いている玉の固いものを選び、外側の葉を外します。内側の葉であれば、農薬の影響はかなり低くなります。できればしばらく水にさらした後、流水で良く洗ってから与えましょう。このとき、良く水を切ります。また、冷蔵庫から出したては冷え過ぎで、おなかを壊しやすいので常温に戻してから与えてください。幼体や、年齢の高いうさぎに与えるときには、小さ目に刻んで与えると良いでしょう。

ひとつのものを与え過ぎないことが大切

身近なキャベツを利用できれば、うさぎの食生活にも変化がつけられます。与え過ぎなければ、さほど神経質になる必要はありません。もっとも一般的なうさぎの食事内容としては、チモシーと野菜を中心にし、ペレットを少量与えるという飼い主さんが多いようです。個体の年齢・体力や飼育環境によって、ベストバランスを見つけてあげると良いでしょう。

ハムスターはセロリを食べられる?与える際の注意点は?

ハムスターに与えられる野菜として、セロリの位置は微妙です。が、獣医さんがとくに禁じている野菜ではないようです。人間でも好き嫌いが分かれるセロリですが、ハムスターに食べさせるときには、どんなところに注意すれば良いのでしょうか。

有害な成分は少ないセロリ

セロリはシュウ酸の量も少なく、その他にも特にハムスターにとって問題となる成分は含まれていないようです。それでも積極的に、セロリを与える飼い主さんは多くありません。キャベツなどと違い、定期的に食材として利用しないという理由の他、セロリが苦手ということもあるのでしょう。確かにセロリは香りの強い野菜のため、ハムスターによっては食べない場合もあります。が、獣医さんによっては食べさせるのに適した野菜の中に、セロリを入れています。手元にあるのならば、ハムスターの野菜に加えても大丈夫です。セロリも他の野菜と同様に水分が多いので、与える量には注意が必要です。

実はセロリはかなりの健康野菜

水分と繊維だけのイメージが強いセロリですが、実はかなりの栄養価に恵まれた野菜です。セロリの主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • マグネシウム

セロリには一般的な栄養素としては知られていない、機能性植物成分を多く含んでいます。クマリン、フラボノイド、アビオイル、フタライド、フェノールカルボン酸、テルぺノイド、カロチノイド、などといったこれらの成分は、ビタミン類ではありませんが、非常に抗酸化作用が高く、抗がん作用などが認められています。良く知られているβカロテンやビタミンCも含まれているため、細胞などの身体の深部から健康を支えてくれます。特に葉の部分の栄養価が高いため、ハムスターが好むのであれば少し混ぜると良いでしょう。

ハムスターにセロリを食べさせるときは

セロリは水分が多い野菜なので、食べ過ぎると下痢をする恐れがあります。ハムスターが抱えられる程度の大きさにカットしてあげれば、繊維も気になりません。歯触りが良いので、人間が思うほどには嫌うハムスターは少ないようです。葉の部分は栄養価が高く、水分量も茎よりは低いので、食べるようであれば与えてみると良いでしょう。ハムスターの理想的な食事内容としては、低たんぱくのペレットを中心に、糖質の少ない野菜を加えるのが良いとされています。水分を取らせたい場合には、水分量の多いセロリなどの野菜で補うとビタミン類などの健康効果もあわせて期待できます。同じ野菜ばかりを食べさせるのではなく、組み合わせを考えて与えることが大切です。

食べるのであれば与えても大丈夫

セロリはハムスターにとっては、それほど避けたい野菜ではないようです。他の野菜と同じく、与える量と頻度に気をつければ食べさせても大丈夫です。ハムスターは草食よりの雑食性動物。新鮮な野菜を上手に与えてあげてくださいね。

ハムスターはオクラを食べても大丈夫?注意する点とは

刻むと粘りが出るオクラは健康に良いことで知られていますが、ハムスターに食べさせて良いか迷う野菜ですね。成分的には、ハムスターの害になるようなものは含まれていません。ハムスターにオクラを食べさせることで、何か気になるようなことがあるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

ネバネバ成分が気になる?

オクラのネバネバした部分は、意外にも水溶性の食物繊維です。ガラクタン、アラバン、ペクチンからできており、整腸作用、抗がん効果があるといわれています。ハムスターに食べさせる際にも気になるのがこの点ですね。オクラを食べさせている飼い主さんによると、ハムスター自身はあまりネバネバが気にならないようです。一部で頬袋に貯めこんだ際の心配をする声もありますが、頬袋の機能は巣穴に運ぶためのものであり、そこまで神経質になる必要はなさそうです。オクラのその他の成分についても、問題となるようなものは見当たりません。他の野菜と同じく、極端に量を与えたりしなければ食べさせても大丈夫です。

オクラにはどんな栄養があるの?

夏に旬を迎えるオクラは、夏バテ防止や疲労回復の効果があります。見逃せないオクラの栄養とはどのようなものなのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

オクラは、胃腸の状態を整える作用があります。胃壁を保護して消化を促し、便秘を解消します。また、βカロテンやビタミンCの働きによって、細胞や粘膜を強化し、体内からサポートしてくれるのです。またオクラは、中性脂肪の増加を防ぎ肥満防止の効果があるといわれています。ハムスターに与えられるのはほんのわずかばかりですが、それでもオクラの健康成分が少しでも期待できると良いですよね。

ハムスターにオクラを食べさせるときは

オクラ1本はハムスターにとっては、かなりの大物です。適当な大きさにカットし、ハムスターの手の中に入る程度にしてあげましょう。また少し固めの場合には、軽く湯がくことで甘味も増して食べやすくなります。生の場合には、良く洗って水気をふき取ります。冷蔵庫に長く保管したものは、カビっぽくなるので与えないでください。オクラの水分はあまり多くないので、下痢の恐れはなさそうですが、量を与え過ぎるのは良くありません。あくまでペレットの補食として考え、他の野菜とのバランスをみて食べさせるようにしてください。生の野菜や果物は、傷みやすいので食べ残しや隠したものは取り除くようにしましょう。

様子を見ながら与える

オクラはそれほど人気のある野菜でもなく、ハムスターによっては興味も示さない固体もいるようです。野菜はペレットの副食で、どれかを必ず食べさせなければならないということはありません。ハムスターの嗜好に合わせて、バランス良く与えるのが一番です。

ハムスターはパセリを食べても大丈夫 健康維持に活用しよう

お料理のすみっこに乗っている飾り、というのがパセリのイメージですが、実はとても栄養があります。ハムスターにとっても、重大な病気につながるような成分はありません。日持ちも良く、栽培も簡単なパセリ。食べさせるときの注意点も含めて見ていきましょう。

毎日大量に与えなければ大丈夫

鮮やかなグリーンのパセリは、ちょっとクセがあるので苦手、という人も多いでしょう。でも、飾り物にしておくのはとてももったいないほどの栄養があります。ハムスターに食べさせるに際して、気になる成分は硝酸塩とカルシウム。硝酸塩は大量に摂取し続けると、ガンを誘発するといわれる物質です。また、カルシウムが多い食事はハムスターの尿路結石をまねきます。でも、それらが含まれている野菜は、パセリに限った事ではありません。毎日、同じ野菜を大量に与え続けるのでなければ、それほど神経質になる必要はないでしょう。パセリは水分量もほどほどで、薬効成分にも優れた野菜。野菜のローテーションに加えても、問題ありません。

薬としても使われたパセリ

原産地の地中海周辺では、古代から栽培され、珍重されてきたパセリ。香辛料としてだけではなく、かゆみどめ、虫刺されの薬としても活用されていたといいます。そんなパセリの主な成分には次のようなものが挙げられます。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • 葉酸
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

パセリの特徴として見られるのは、非常にバランスよく各種の栄養素を含んでいることです。特に鉄分を始めとするミネラル群が豊富で、貧血予防や骨の強化に役立ちます。また、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEは体内の活性酸素を除去し、高い抗酸化作用で身体を守ります。細胞レベルでの代謝を促進するので、皮膚や粘膜を整え抵抗力をアップさせる働きがあります。

ハムスターにパセリを食べさせるときは

パセリの水分量は80%台で、野菜としては低い割合です。そのため、下痢に関してはあまり心配はないでしょう。ただ、ハムスターの場合、野菜はビタミンに加えて水分補給の意味合いもあるため、乾燥パセリを与えるよりは生のものが適しています。適当な大きさのパセリを与えられたハムスターは、両手で上手に食べます。様子がとても可愛らしくて、思わず心がなごみますね。先にあげたように、パセリは硝酸塩・カルシウム量が高いので、連食させるのは避けましょう。パセリは虫がつきにくく、簡単にベランダなどで栽培できます。無農薬で安心な自家製パセリを、ハムスター用に育てるのも楽しいですね。

パセリの健康効果をハムスターにも

わき役となりがちなパセリですが、ハムスターの食生活に加えることができる野菜のひとつです。サンドイッチやサラダの中に入っているものは、味付けされていたり、オイルがついているので与えない方が良いでしょう。なるべく無農薬で新鮮なものを、食べさせてあげてくださいね。

ハムスターは梨を食べても大丈夫 食べ過ぎ・下痢に注意

歯触りが良くみずみずしい梨は、ハムスターも喜びそうな果物です。他の果物のように酸味などの刺激が少なく問題もなさそうですが、ハムスターに食べさせても大丈夫なのでしょうか。ここでは梨に含まれる成分や、気をつけておきたい注意点などを見ていきましょう。

梨の気になる成分とは

あまり害がなさそうに思える梨にも、実は気になる成分が。しゃりしゃりとした歯触りとともに、梨には独特の粒々感があります。これは石細胞と呼ばれるもので、あまり消化が良くありません。ハムスターへ与える影響については明確になっていませんが、おなかが弱いハムスターの場合には避けた方が良いかもしれません。また、梨の未成熟な実やタネは、消化の時点で青酸性の物質に変化し毒性を持ちます。人間が食べられるほどの果実であればまったく心配ありませんが、タネは与えないようにしてください。梨は食べていると、ポタポタと汁がしたたり落ちるほど水分が豊富な果物。食べさせ過ぎると、下痢を起こしてしまいます。与える量としては、ハムスターがその小さな腕で抱えられる程度の大きさを限度と考えましょう。

梨って栄養はあるの?

90%以上が水分の梨は、のどの渇きをいやしてくれる爽やかな果物です。でも、その他には何が含まれているのでしょうか。梨の健康に有効な成分には、次のようなものがあります。

  • ビタミンB1・B2
  • アスパラギン酸
  • アルブチン
  • ソルビトール
  • カリウム

梨のもっとも知られている効果が、解熱作用。夏場の火照った身体を冷ましてくれるのは、アルブチンやアスパラギン酸の働きです。これらの成分には、疲労回復効果や抗酸化作用も認められており、体力の低下する高温の時期に最適の果物です。また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、腎臓の働きをサポートします。むくみを解消し、身体にかかる負担を軽減します。ハムスターにも健康効果は期待できますが、体調不良で体温が下がっているときなどには逆効果。おなかが冷えるので、決して与えないようにしてください。

ハムスターに梨を食べさせるときには

甘くて水分が多い梨は、ハムスターたちが好んで食べる果物です。それだけに、与え過ぎには十分に注意をしたいもの。果物類は栄養的にはハムスターにとって、それほど必要ではない食べ物。水分補給の一手段と考えるのが、正解です。体調を良く観察し、軟便になっていないことを確認してから、適量与えるようにしてください。一日に何度も食べさせないように、おやつの時間を決めましょう。水分の多い梨は傷みが早いので、ハムスターが隠していないか、チェックをしてください。汁がついていたら、ケージをしっかりとお掃除しておきましょう。カビが生える原因になります。梨は身体を冷やす食べものです。部屋の温度管理にも気をつけてあげましょう。

量をセーブして与えよう

梨は量に気をつければ、それほど問題はありません。ただし、身体の小さなハムスターは人間と違い、ほんの少しのことが大きな害となることもあります。飼い主さんが、与える食べ物についての知識をもつほど、ハムスターの暮らしが守られるのです。

ハムスターに芽キャベツは与えない方が良い?その理由とは

小さくて可愛らしい芽キャベツは、サイズ的にハムスターに合いそうですよね。でも芽キャベツには、ハムスターに悪い影響を与える成分が多く含まれているのです。ここでは芽キャベツとハムスターの関係や、問題となっている成分について調べていきましょう。

小さいからといって安心は禁物

芽キャベツをキャベツの新芽と思っている人も多いようですが、実はまったく違う種類。キャベツから品種改良を行なったもので、長い茎の上に蕾のような小さな玉がたくさんつくカタチで成長します。ハムスターに適さない理由は、アブラナ科であるキャベツ類がもつゴイトロゲンという成分のため。体内でヨードの取り込みを阻害し、甲状腺ホルモンの生成に影響を与えます。人間でも甲状腺機能に異常がある場合には、ゴイトロゲンを多く含む食物について注意するよう、医者から指示をされます。芽キャベツにはこの成分が非常に多く含まれるため、身体の小さなハムスターへの影響が、より心配されます。もちろん、芽キャベツの葉を1枚食べたからといって、いきなり異常が出るというわけではありません。が、不安となる成分の濃度が高い野菜を、わざわざハムスターに与えるべきではないと考えられます。

芽キャベツに含まれるゴイトロゲン

芽キャベツは、ビタミン類などの栄養価も非常に高い野菜です。それだけ成分が凝縮されているということかもしれません。芽キャベツに含まれているゴイトロゲンは、一般的なキャベツのおよそ20倍。同じような量を与えたとしても、それだけ危険性も高いことになります。ゴイトロゲンによって引き起こされる甲状腺の障害の症状とは、どのようなものなのでしょうか。

  • 元気がなくなる
  • 体重が増える
  • 震える
  • 皮膚トラブル
  • 脱毛
  • 色素沈着

さらに症状が進むと、ふらつきが出たり、くるくると同じ場所を回るようになったりします。次第に体力が低下し、発作を起こして死に至ります。

芽キャベツの加工品やその他の野菜は?

小動物用のおやつに、芽キャベツを乾燥させたものが販売されています。明確な研究結果はありませんが、ゴイトロゲンが加熱やドライ処理によって軽減されるという証明もありません。売っているものだからといって、安易には与えない方が安心です。アブラナ科の植物には、ほとんどゴイトロゲンが含まれています。すべてを避けてしまうと、食べさせる野菜がなくなります。キャベツやブロッコリーなどは、それのみを大量に連食させなければ、神経質になることはありません。大切なのは、危険物質があるという知識です。どれをどの程度食べさせるべきなのかは、飼い主の判断しかありません。

ハムスターに芽キャベツはあげない

他の動物と比較してもハムスターの寿命は短命です。その間、できる限りハムスターの安全と健康を守ってあげるのが、飼い主としての役割。今はさまざまな野菜が手に入ります。芽キャベツのように危険性のある物質の数値が高いものは、極力避けるようにしましょう。

ハムスターにモロヘイヤを与えても大丈夫?茎・タネには要注意

粘りがあり、高い栄養価で知られるモロヘイヤ。スーパーでも気軽に手に入るので、ハムスターの食事に加えたいと考える飼い主さんもいるのではないでしょうか。でも、ハムスターはモロヘイヤを食べられるの?ここでは、モロヘイヤについて注意する点を見ていきましょう。

ネバネバは健康の印?

モロヘイヤは初めて栄養価が調べられた際、その数値のあまりの高さに計測の誤りが疑われたという逸話があるほど。ハムスターにも与えたい野菜ですよね。ところがモロヘイヤを食べさせてはいけない野菜としている情報もあります。その理由は、モロヘイヤの果実やタネに含まれる強い毒性の成分。ストロフェチジンと呼ばれるこの成分は、うっ血性心不全を引き起こします。かつてアフリカではこの種子から抽出した液体を、毒矢に使っていたそうです。また、モロヘイヤのタネがついた茎を牛や馬が食べて死ぬという事故も、数多く発生しています。ただし、毒性があるのは実とタネだけ。食用としている葉には、まったく問題はありません。驚愕するほどの栄養をもちながら、大きな動物を殺してしまうほどの毒性を併せ持った植物が、モロヘイヤの正体です。

すごすぎるモロヘイヤの栄養

驚くほどの栄養価といわれるモロヘイヤには、具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

モロヘイヤのβカロテンはほうれん草の4.6倍、ブロッコリーの19倍です。さらにカルシウムはほうれん草の9倍、ブロッコリーの10倍。またビタミンEの含有量は野菜の中では、ナンバーワン。抗酸化力を高め、身体のあらゆる部分を強化してくれる、最強の野菜といっても過言ではないようです。ネバネバの元となっているムチンは、胃の粘膜を保護し、消化を助けてくれます。

ハムスターにモロヘイヤを食べさせる際の注意点

野菜の中でも断トツの栄養価を誇るモロヘイヤ。販売されているものからは、毒性の部位が徹底して除去されています。茎の毒性は低いといわれますが、ハムスターには葉だけを食べさせましょう。自宅で栽培している場合には、万が一にもタネや実が混入しないようにしっかりと確認を。モロヘイヤはカルシウム値が高いので尿路結石にならないよう、与えるのはごく少量とします。カルシウムの多い煮干しやチーズのおやつに、重ならないように気をつけてください。粘りに関しては、ハムスターはあまり気にせず食べるようです。食べ残しで不潔にならないように、ケージをチェックしてあげましょう。

健康生活のために少量を

モロヘイヤは素晴らしい健康成分とともに、恐ろしい毒性をも秘めた野菜です。正しい部分だけを少量与えることで、ハムスターの健康にも役立ちます。毎日の食生活をきちんと管理し、元気なハムスターにしてあげてくださいね。

ハムスターはとうもろこしを食べても大丈夫 でも肥満に注意

とうもろこしが大好き、というハムスターは多いようです。飼い主さんによっては、ハムスターが夢中で食べてしまうので、適量がどれくらいか悩んでいる人も。ここでは、ハムスターにとうもろこしを与える場合、気をつけたいポイントを見ていきましょう。

とうもろこしの最大の注意点は糖質

とうもろこしは、ハムスターに与えて良い作物のひとつとして挙げられています。穀類であるとうもろこしは、でんぷんが多く、糖質として吸収されやすい特徴があります。甘味があっておいしいので、とうもろこしを与え過ぎるとペレットや他の野菜の食いつきが悪くなります。与える量としては、2~3粒程度にしておきましょう。最近は、人間でも生で食べられるほど皮が薄く、甘味がある品種もあります。ハムスターに通常のものを生で与えても食べますが、固い場合には少し火を通すと良いでしょう。また、小動物のおやつ用に、ミニコーンとして売られているものがあります。適度な固さがあるので、かじり取る過程を楽しむハムスターが多いようです。

とうもろこしって栄養はあるの?

とうもろこしといえば、夏のおやつのイメージがあります。穀類として、主食にしている国もあるほど栄養価が高い作物ですが、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。

  • 炭水化物
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • カリウム

とうもろこしにはこの他、必須脂肪酸であるリノール酸が豊富に含まれています。リノール酸は、血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあり人間にとっては、高血圧や動脈硬化の予防となります。ハムスターにとってはやや水分量と糖分が多いので、食べさせる量に注意して与えることで、健康効果が期待できます。

ハムスターにとうもろこしを食べさせるときには?

個体によっては、とうもろこしに興味のないハムスターもいるようです。が、ほとんどのハムスターは、とうもろこしを好みます。生か加熱するかは、ハムスターの嗜好が異なります。おやつ用のミニコーンを与える場合には、外したものを蓄えていることが多いので、ある程度遊ばせたら、取り上げておきましょう。床材の下などに隠している場合があります。また、加熱したとうもろこしは生のものに比べて、腐敗しやすいので、目の前で食べさせるようにしてください。食べ残しがないか、確認しておきましょう。粒状の食べ物を与えた際には、特にその後の掃除には気をつけてあげてください。

食べさせる量に気をつけて

とうもろこしはハムスターに食べさせて悪いものではありませんが、糖分や水分の面から考え、他の食餌とのバランスを取る必要があります。穀物として熱量も高く嗜好性があるので、主食のペレットの妨げにならない程度に与えるようにしてください。

ハムスターににんにくは厳禁!怖い中毒症状とは

にんにく入りの料理は人間にとってはスタミナ食。体力増強のにんにく注射まであります。でも、ハムスターにとってにんにくは猛毒ともいえる食品。ここではにんにくがハムスターに与える影響や毒性について見ていきましょう。

にんにくの何がいけないの?

にんにくを食べると風邪を引かない、体力がアップするといわれていますよね。でも、にんにくが属するユリ科植物には、動物にとっては危険な成分が含まれているのです。にんにくには、アリシンという強力な殺菌作用をもつ成分が含まれています。この強力な薬効成分が、体重の少ない動物にとっては、時に赤血球を破壊する毒となってしまいます。人間でもにんにくを大量に食べると、頭痛や貧血が起こる場合もあります。ハムスターのように小さな動物には、死に至るほどの大きな影響が。にんにくの強い成分は、加熱しても消えることはありません。どのような形であっても、ハムスターににんにくを与えるのは控えましょう。

にんにくの中毒症状とは

にんにくを食べて中毒を起こした場合、ハムスターにはどのような症状が表れるのでしょうか。一般的には次のようなものが挙げられます。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる
  • ふらつく

ハムスターによっては、多少にんにくの入ったものを食べても変化がないという個体もいます。体質や大きさ、摂取した量にもよりますが、基本的には中毒を起こしやすい食べ物であることに変わりはありません。赤血球の破壊が体内で起こっている場合には、輸血の処置などが必要となります。人間にとっては、カンフル剤のようなスタミナ源であっても、ハムスターには強烈な破壊力となってしまうことがあります。

体調の変化に気づくのは困難

大型の動物であれば比較的変化が目につきやすいのですが、小さなハムスターでは気づいた時には手遅れということがほとんど。眠っていると思っていたら、動けなくなっているという場合もあります。ことばで伝えられないハムスターには、細心の注意をはらっているより方法がありません。にんにくのような致死の危険性がある食品は、最初から与えないようにし、またハムスターが近づけないようにしておくことがもっとも大切です。人間の身体に良い食べ物が、ハムスターにも良いとは限りません。飼い主の勝手な判断で、小さな命を危険にさらすことのないように、気をつけてあげてください。

にんにくやにんにく入り食品は与えない

ハムスターは人間とはまったく異なる身体の組成をもっています。身体に良さそうだから、という程度の判断では、取り返しのつかないことも起こり得ます。ハムスターの主食はペレット。それに安全と確認されている野菜や果物を、補食として少しだけ与えます。知識のない食品については食べさせないようにしましょう。

ハムスターは小松菜を食べても良いの?注意が必要な成分とは

小松菜はほうれん草と比べてアクも少なく、何となく安心して食べさせてしまう野菜ではないでしょうか。でも、小松菜にもハムスターにとっては注意が必要な成分が含まれているのです。ここでは小松菜をハムスターに食べさせる際、知っておきたい注意点についてご紹介していきます。

毎日大量に与えなければ大丈夫

小松菜には確かに気をつけなければならない成分が含まれていますが、一方で獣医さんが食べさせて良い野菜として挙げるものでもあります。小松菜を日常的に、ハムスターに食べさせている飼い主さんも多いようです。小松菜は、アブラナ科に属しておりシュウ酸やゴイトロゲンといった有害成分を微量に含んでいます。また、カルシウムが非常に豊富なため、大量に常食させると、尿路結石の原因となります。ただ、ペレットを主食として他の野菜と混ぜながら与える分には、それほど神経質になる必要はありません。有害物質については、心配であれば軽く湯がくことで、無害化されます。ハムスターは身体が小さいので、どのような成分でも影響が大きくなります。一種類だけを与え続けずに、さまざまな食べ物をあげることで危険性が分散されます。

見逃せない小松菜の栄養

最近では一年中を通して、身近な野菜となった小松菜ですがどのような栄養があるのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • カルシウム
  • カリウム

小松菜は葉物野菜として、抗酸化作用の高い栄養素を多く含んでいます。旬となる冬季には抵抗力を向上させるので、感染症予防として効果が期待できます。問題となりがちな硝酸塩は血中酸素を減らしてしまう成分ですが、ゆでることで影響をなくすことができます。尿路結石の原因をもたらすカルシウムも非常に多く含まれているので、ハムスターには連食を避けて、他の野菜とバランスよく食べさせることが大切です。

ハムスターに小松菜をどう与えれば良い?

小松菜はカルシウムの多い野菜です。おやつに煮干しやチーズなど、カルシウムを多く含むものを与えている場合には、重ならないように注意しましょう。適量としては、小さな葉を1枚程度で十分です。有毒成分が心配な場合は、ゆでればほとんど問題はありません。茎にも栄養がありますが、ハムスターによっては上手に葉っぱだけを食べる個体も見かけます。どのような野菜であっても、連食を避け、栄養価を知って上手に組み合わせる工夫が必要です。できれば無農薬のものを、良く洗って水分を拭き取ってから与えましょう。小松菜は比較的栽培がたやすいようです。ハムスター用にプランターで、無農薬の野菜を育てるのもステキですね。

知識をもって与えよう

青々とした健康野菜の小松菜も、ハムスターにとっては有害となることがあります。その成分を知ることは、ハムスターの長生きにつながります。雑食性のハムスターは、自分では食べられるものを選べません。飼い主の責任として、しっかり管理をしてあげてくださいね。

ハムスターにアスパラガスを与えてはいけない!その理由とは

鮮やかなグリーンのアスパラガスは、栄養も豊富。ハムスターに食べさせたいと思う飼い主さんもいるでしょう。でも、アスパラガスは意外にも、ハムスターに与えてはいけない野菜に入っています。ハムスターがアスパラガスを食べると、どうしていけないのか?詳しく見ていきましょう。

アスパラガスはユリ科の植物

ネギや玉ねぎ、にんにくなどが多くの動物にとって有害な野菜であることは、わりと知られていますね。実はアスパラガスもこれらと同じ、ユリ科の植物。玉ねぎやらっきょうほどには毒性はなく影響も少ないといわれますが、それでも中毒症状が全くないとはいえません。他のユリ科の野菜と比較して、アスパラガスを危険な野菜と記述しているものは少ないようです。しかし、アルカロイド系の毒成分の危険性がある以上は、与えるべきではありません。身体の小さなハムスターは、耐性も少なく、少量でも死に至る可能性があります。お弁当やさまざまな調理で出番が多いアスパラガスですが、味わえるのは人間だけと覚えて置いた方が良いでしょう。

ユリ科植物の中毒とは

ネギや玉ねぎに代表されるユリ科植物には、どのような中毒症状が見られるのでしょうか。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる

猫などでは、おう吐症状がみられる場合もあります。ハムスターは身体の構造上、おう吐しづらくできています。それでも吐いている様子があれば、相当な重症と考えられます。表面上はわかりづらいですが、身体の内部では脱水症状が起こっていることもあります。ほとんどのユリ科植物の毒性は強く、急性です。ハムスターの場合は、症状が現れたときには手の施しようがないというケースが多いようです。可哀想な目に合わせないためにも、危険性のある野菜は避けるのが得策です。

個体差はあるけれど

アスパラガスは、ユリ科の野菜の中では比較的毒性が弱く、うっかり食べさせたけれど大丈夫だったという飼い主さんもいます。が、これらの中毒に対しては、固体差が大きくどのハムスターが反応するかはわかりません。危険性があるとわかっている食品には、近づけないことが一番です。例えば、一度では発症しないことがあっても、次回も絶対大丈夫という保障はありません。小さいハムスターの繊細な体調は、悪化したとたんに手遅れにならないとも限りません。大型動物である人間や、比較的体力のある犬猫と同じように考えては、取り返しがつかないこととなります。

見かけではわからない

一見、ネギや玉ねぎ、らっきょうなどの仲間とは思えないアスパラガス。そのため気づかずに、安全な野菜として与えてしまうことも考えられます。ハムスターを飼っている以上は、知らなかったでは済まされないことがたくさんあります。大切なハムスターのために、食物への知識を高めておきたいものですね。

かぼちゃはハムスターに与えたい野菜 注意するポイントは?

かぼちゃはハムスターに安心して与えられる野菜のひとつです。甘味がある割には、カロリーも低く、栄養価は十分。でも食べさせるときは、生?皮はどうしたら良いの?ハムスターにかぼちゃを与える際の、それらの疑問について見ていきましょう。

加熱すると甘味が増すかぼちゃ

かぼちゃには、ハムスターに害を与える成分は含まれていません。栄養価が高く、皮・実・タネまで利用できる、最適な野菜です。生でも食べさせられますが、蒸したりレンジにかけると甘さが増し、嗜好性が高くなります。緑の皮の部分も、若いハムスターならば生でもかじることができます。幼年や老齢のハムスターには、加熱して与えた方が良いでしょう。ほとんどのハムスターはかぼちゃが大好きなので、与えるほど食べてしまいます。さつまいもほどには糖分が高くありませんが、食べ過ぎには注意が必要です。かぼちゃ自体であれば、1cm角ほど、タネであれば5粒までにしておきましょう。

かぼちゃの栄養はかなり優秀

かぼちゃは、緑黄色野菜として高い栄養価を誇ります。かぼちゃに含まれている主な栄養素には、次に挙げられるようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム

かぼちゃは高い抗酸化作用をもつ食材ですが、その秘密はβカロテンの含有量。風邪や感染症、ガンの発症などを抑制し、身体全体の抵抗力をアップさせます。細胞の若返りをはかり身体の中から、体力の底上げをしてくれる働きがあります。ビタミンCやビタミンEにも同様の作用があるため、さらに相乗効果が高まります。目や皮膚など粘膜も強化され、ハムスターにとっても元気の素となりそうです。

ハムスターにかぼちゃを与えるときは?

ハムスターは栄養バランスに優れたペレットを主食とし、副食として野菜を与えます。どのように良い野菜であっても、一種類を与え続けてよいわけではありません。かぼちゃは野菜のローテーションに加えても問題ありませんが、量を調整し、連食させないようにします。嗜好性が高いので、かぼちゃばかり与えると他のものを食べなくなる可能性もあります。タネは、良く乾燥させると長期のおやつになります。フライパンで炒る方法もありますが、天日干しをすることで内部まで良く乾燥し、栄養価も高まります。良く洗ってから3~5日ほど干せば出来上がります。ハムスターによっては、かぼちゃの実よりもタネを好むという個体もいるようです。

かぼちゃは丸ごと使える野菜

ハムスターに与える野菜については、いろいろと悩む飼い主さんも多いでしょう。かぼちゃは丸ごとどの部位も、すべて問題なく食べさせられるお助け食材です。丸のままであれば、かなり日持ちもします。ですが火を通したものは悪くなりやすいので、食べ残しはすぐに片づけてあげてくださいね。

ハムスターに春菊を食べさせても大丈夫?気をつける点は?

春菊といえば栄養豊富な鍋の具材として、思い浮かびます。緑黄色野菜の少なくなる冬場、ハムスターにあげてみようかと考える人もいるでしょう。でも、ハムスターに春菊を与えても良いものでしょうか。ここでは春菊の気になる成分や注意点について、ご紹介していきます。

差し迫った毒性は見られない

春菊にはいくつか気になる成分はありますが、ハムスターにとっていきなり毒性が高いというほどではないようです。葉もの野菜の春菊には、シュウ酸や硝酸塩が含まれます。シュウ酸についてはほうれん草の4%程度と、あまり神経質になる必要はありません。また、体内でガンを誘発するといわれる硝酸塩も、連日大量に与えるのでなければ問題ありません。気になるようであれば、加熱することで無害化されます。尿路結石の原因となるカルシウムが多く含まれていますが、ごくたまに食べさせる程度であれば心配はないでしょう。ただ、春菊には独特の苦みがありますので、ハムスターによってはあまり好まないこともあります。

春菊の驚くべき栄養

鍋料理の脇役となりやすい春菊ですが、その栄養は主役級です。ほうれん草のようなアクも少なく、サラダにも推奨されるほど。春菊に含まれる主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

冬場に旬を迎える春菊には、感染症対策となる栄養分が豊富に含まれています。βカロテン、ビタミンCはともに抗酸化作用が高く、体内のサビといわれる活性酸素の除去に働きます。粘膜や皮膚を強化し、抵抗力を高めます。ビタミン群、ミネラルがバランス良く含まれ、身体全体を内側から整えていきます。独特の香りの成分は、α-ペネン、ペリルアルデヒドで胃腸の調子を改善し、食欲を増進させる働きがあります。

ハムスターに春菊を与えるときは

春菊などのくせのある野菜は、ハムスターによって好き嫌いがあります。個体差があり、まったく口にしない可能性もありますが、好んで食べるようであれば連食させずに日を空けて与えるようにします。春菊を食べさせた日は、カルシウム分の多い煮干しなどを与えるのは避け、バランスが取れるように気をつけてください。どのような食べ物でも、同じものをたくさん与えるのは良くありません。種類を多く少しずつ、がハムスターにとってベストです。基本はペレットと水ですが、野菜に含まれる有用な栄養素もうまく取り入れたいもの。葉もの、根菜などそれぞれの特性を知り、健康的な食生活を提供してあげてください。

たまに少量なら問題なし

飼い主さんによっては、特に気にせずに春菊を食べさせていた、という人もいるようです。カルシウムやその他の成分について留意し、与え過ぎないようにします。同じ成分をもつ葉もの野菜が重ならないように、工夫してあげてくださいね。

ハムスターに枝豆を与えるときには要加熱!塩分にも注意して

夏のおつまみの定番といえば枝豆ですね。ハムスターにも、ついお皿から一粒二粒あげたりしていませんか?でも人間の食べ物は、ハムスターにとってふさわしくない味付けです。その他にも枝豆には注意する点が。ハムスターに枝豆を食べさせるときの、ポイントについて見ていきます。

塩分・糖質・脂肪過多に注意

夏に食欲が落ちても、枝豆を食べていると不思議とやせないものですが、それだけ枝豆には栄養があります。元々は大豆である枝豆には、糖質・脂肪の割合がかなり高め。ハムスターには、肥満の元になりやすい食べ物です。また、おつまみにする際に加える塩分も、ハムスターにとっては大敵。人間の口に合わせた枝豆をハムスターに食べさせても、良い事は何もありません。一方で、生のままの枝豆には、身体の機能を低下させる成分が含まれています。症状としては、赤血球が固まったり、タンパク質の分解を妨げる、体内でビタミンが機能しなくなるなどで、体力低下につながります。ハムスターに与える際には、塩分なしでしっかり加熱し、少量とすることが大切です。

枝豆の栄養素は?

畑の肉、といわれるのが大豆ですが、枝豆も同じく高タンパクの食品です。枝豆の主な栄養素には次のようなものが挙げられます。

  • タンパク質
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 鉄分

エネルギー源となる豊富なタンパク質と、それを効率よく変換するビタミンB1が含まれているため、枝豆は夏の元気を与える食品として親しまれています。また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、疲労回復につなげます。ただ、尿酸値を高めるプリン体が多いので、人間にとっても食べ過ぎは禁物。食物繊維が豊富なため、ハムスターによっては下痢をおこす個体もいます。

ハムスターに枝豆を食べさせるときには?

いかにも良い香りのする枝豆を、嫌いなハムスターはあまりいないようです。与えればどんどん食べてしまいます。ハムスターへの1回分の適量は1粒。豆類の中でも高タンパクで栄養豊富な枝豆は、体重を増やす元です。連食をさせないように、週に1度程度のお楽しみにするくらいで良いでしょう。ハムスター用には塩を入れずに、しっかりとゆでたものを与えます。枝豆の外皮に関しては賛否両論がありますが、柔らかくゆでたものを食べるハムスターもいるようです。食物繊維がより多いので、下痢をする可能性もあります。ハムスターの体調を良く観察して判断してください。豆部分も、先に記したように生の枝豆は有害成分が多いので、必ず十分に加熱してから食べさせることが重要です。

枝豆を与えると大喜びするけれど

丸い枝豆を抱えて楽しそうに食べる姿には、心がなごみます。が、枝豆はハムスターにとっては栄養過多になりすぎる食べ物。扱いにも注意が必要です。愛するハムスターのために、きちんとした知識をもって食生活を考えてあげたいものです。