ハムスターは小松菜を食べても良いの?注意が必要な成分とは

小松菜はほうれん草と比べてアクも少なく、何となく安心して食べさせてしまう野菜ではないでしょうか。でも、小松菜にもハムスターにとっては注意が必要な成分が含まれているのです。ここでは小松菜をハムスターに食べさせる際、知っておきたい注意点についてご紹介していきます。

毎日大量に与えなければ大丈夫

小松菜には確かに気をつけなければならない成分が含まれていますが、一方で獣医さんが食べさせて良い野菜として挙げるものでもあります。小松菜を日常的に、ハムスターに食べさせている飼い主さんも多いようです。小松菜は、アブラナ科に属しておりシュウ酸やゴイトロゲンといった有害成分を微量に含んでいます。また、カルシウムが非常に豊富なため、大量に常食させると、尿路結石の原因となります。ただ、ペレットを主食として他の野菜と混ぜながら与える分には、それほど神経質になる必要はありません。有害物質については、心配であれば軽く湯がくことで、無害化されます。ハムスターは身体が小さいので、どのような成分でも影響が大きくなります。一種類だけを与え続けずに、さまざまな食べ物をあげることで危険性が分散されます。

見逃せない小松菜の栄養

最近では一年中を通して、身近な野菜となった小松菜ですがどのような栄養があるのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • カルシウム
  • カリウム

小松菜は葉物野菜として、抗酸化作用の高い栄養素を多く含んでいます。旬となる冬季には抵抗力を向上させるので、感染症予防として効果が期待できます。問題となりがちな硝酸塩は血中酸素を減らしてしまう成分ですが、ゆでることで影響をなくすことができます。尿路結石の原因をもたらすカルシウムも非常に多く含まれているので、ハムスターには連食を避けて、他の野菜とバランスよく食べさせることが大切です。

ハムスターに小松菜をどう与えれば良い?

小松菜はカルシウムの多い野菜です。おやつに煮干しやチーズなど、カルシウムを多く含むものを与えている場合には、重ならないように注意しましょう。適量としては、小さな葉を1枚程度で十分です。有毒成分が心配な場合は、ゆでればほとんど問題はありません。茎にも栄養がありますが、ハムスターによっては上手に葉っぱだけを食べる個体も見かけます。どのような野菜であっても、連食を避け、栄養価を知って上手に組み合わせる工夫が必要です。できれば無農薬のものを、良く洗って水分を拭き取ってから与えましょう。小松菜は比較的栽培がたやすいようです。ハムスター用にプランターで、無農薬の野菜を育てるのもステキですね。

知識をもって与えよう

青々とした健康野菜の小松菜も、ハムスターにとっては有害となることがあります。その成分を知ることは、ハムスターの長生きにつながります。雑食性のハムスターは、自分では食べられるものを選べません。飼い主の責任として、しっかり管理をしてあげてくださいね。

ハムスターにアスパラガスを与えてはいけない!その理由とは

鮮やかなグリーンのアスパラガスは、栄養も豊富。ハムスターに食べさせたいと思う飼い主さんもいるでしょう。でも、アスパラガスは意外にも、ハムスターに与えてはいけない野菜に入っています。ハムスターがアスパラガスを食べると、どうしていけないのか?詳しく見ていきましょう。

アスパラガスはユリ科の植物

ネギや玉ねぎ、にんにくなどが多くの動物にとって有害な野菜であることは、わりと知られていますね。実はアスパラガスもこれらと同じ、ユリ科の植物。玉ねぎやらっきょうほどには毒性はなく影響も少ないといわれますが、それでも中毒症状が全くないとはいえません。他のユリ科の野菜と比較して、アスパラガスを危険な野菜と記述しているものは少ないようです。しかし、アルカロイド系の毒成分の危険性がある以上は、与えるべきではありません。身体の小さなハムスターは、耐性も少なく、少量でも死に至る可能性があります。お弁当やさまざまな調理で出番が多いアスパラガスですが、味わえるのは人間だけと覚えて置いた方が良いでしょう。

ユリ科植物の中毒とは

ネギや玉ねぎに代表されるユリ科植物には、どのような中毒症状が見られるのでしょうか。

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢
  • 震え
  • 動きが悪くなる

猫などでは、おう吐症状がみられる場合もあります。ハムスターは身体の構造上、おう吐しづらくできています。それでも吐いている様子があれば、相当な重症と考えられます。表面上はわかりづらいですが、身体の内部では脱水症状が起こっていることもあります。ほとんどのユリ科植物の毒性は強く、急性です。ハムスターの場合は、症状が現れたときには手の施しようがないというケースが多いようです。可哀想な目に合わせないためにも、危険性のある野菜は避けるのが得策です。

個体差はあるけれど

アスパラガスは、ユリ科の野菜の中では比較的毒性が弱く、うっかり食べさせたけれど大丈夫だったという飼い主さんもいます。が、これらの中毒に対しては、固体差が大きくどのハムスターが反応するかはわかりません。危険性があるとわかっている食品には、近づけないことが一番です。例えば、一度では発症しないことがあっても、次回も絶対大丈夫という保障はありません。小さいハムスターの繊細な体調は、悪化したとたんに手遅れにならないとも限りません。大型動物である人間や、比較的体力のある犬猫と同じように考えては、取り返しがつかないこととなります。

見かけではわからない

一見、ネギや玉ねぎ、らっきょうなどの仲間とは思えないアスパラガス。そのため気づかずに、安全な野菜として与えてしまうことも考えられます。ハムスターを飼っている以上は、知らなかったでは済まされないことがたくさんあります。大切なハムスターのために、食物への知識を高めておきたいものですね。

かぼちゃはハムスターに与えたい野菜 注意するポイントは?

かぼちゃはハムスターに安心して与えられる野菜のひとつです。甘味がある割には、カロリーも低く、栄養価は十分。でも食べさせるときは、生?皮はどうしたら良いの?ハムスターにかぼちゃを与える際の、それらの疑問について見ていきましょう。

加熱すると甘味が増すかぼちゃ

かぼちゃには、ハムスターに害を与える成分は含まれていません。栄養価が高く、皮・実・タネまで利用できる、最適な野菜です。生でも食べさせられますが、蒸したりレンジにかけると甘さが増し、嗜好性が高くなります。緑の皮の部分も、若いハムスターならば生でもかじることができます。幼年や老齢のハムスターには、加熱して与えた方が良いでしょう。ほとんどのハムスターはかぼちゃが大好きなので、与えるほど食べてしまいます。さつまいもほどには糖分が高くありませんが、食べ過ぎには注意が必要です。かぼちゃ自体であれば、1cm角ほど、タネであれば5粒までにしておきましょう。

かぼちゃの栄養はかなり優秀

かぼちゃは、緑黄色野菜として高い栄養価を誇ります。かぼちゃに含まれている主な栄養素には、次に挙げられるようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム

かぼちゃは高い抗酸化作用をもつ食材ですが、その秘密はβカロテンの含有量。風邪や感染症、ガンの発症などを抑制し、身体全体の抵抗力をアップさせます。細胞の若返りをはかり身体の中から、体力の底上げをしてくれる働きがあります。ビタミンCやビタミンEにも同様の作用があるため、さらに相乗効果が高まります。目や皮膚など粘膜も強化され、ハムスターにとっても元気の素となりそうです。

ハムスターにかぼちゃを与えるときは?

ハムスターは栄養バランスに優れたペレットを主食とし、副食として野菜を与えます。どのように良い野菜であっても、一種類を与え続けてよいわけではありません。かぼちゃは野菜のローテーションに加えても問題ありませんが、量を調整し、連食させないようにします。嗜好性が高いので、かぼちゃばかり与えると他のものを食べなくなる可能性もあります。タネは、良く乾燥させると長期のおやつになります。フライパンで炒る方法もありますが、天日干しをすることで内部まで良く乾燥し、栄養価も高まります。良く洗ってから3~5日ほど干せば出来上がります。ハムスターによっては、かぼちゃの実よりもタネを好むという個体もいるようです。

かぼちゃは丸ごと使える野菜

ハムスターに与える野菜については、いろいろと悩む飼い主さんも多いでしょう。かぼちゃは丸ごとどの部位も、すべて問題なく食べさせられるお助け食材です。丸のままであれば、かなり日持ちもします。ですが火を通したものは悪くなりやすいので、食べ残しはすぐに片づけてあげてくださいね。

ハムスターに春菊を食べさせても大丈夫?気をつける点は?

春菊といえば栄養豊富な鍋の具材として、思い浮かびます。緑黄色野菜の少なくなる冬場、ハムスターにあげてみようかと考える人もいるでしょう。でも、ハムスターに春菊を与えても良いものでしょうか。ここでは春菊の気になる成分や注意点について、ご紹介していきます。

差し迫った毒性は見られない

春菊にはいくつか気になる成分はありますが、ハムスターにとっていきなり毒性が高いというほどではないようです。葉もの野菜の春菊には、シュウ酸や硝酸塩が含まれます。シュウ酸についてはほうれん草の4%程度と、あまり神経質になる必要はありません。また、体内でガンを誘発するといわれる硝酸塩も、連日大量に与えるのでなければ問題ありません。気になるようであれば、加熱することで無害化されます。尿路結石の原因となるカルシウムが多く含まれていますが、ごくたまに食べさせる程度であれば心配はないでしょう。ただ、春菊には独特の苦みがありますので、ハムスターによってはあまり好まないこともあります。

春菊の驚くべき栄養

鍋料理の脇役となりやすい春菊ですが、その栄養は主役級です。ほうれん草のようなアクも少なく、サラダにも推奨されるほど。春菊に含まれる主な栄養素は次の通りです。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム

冬場に旬を迎える春菊には、感染症対策となる栄養分が豊富に含まれています。βカロテン、ビタミンCはともに抗酸化作用が高く、体内のサビといわれる活性酸素の除去に働きます。粘膜や皮膚を強化し、抵抗力を高めます。ビタミン群、ミネラルがバランス良く含まれ、身体全体を内側から整えていきます。独特の香りの成分は、α-ペネン、ペリルアルデヒドで胃腸の調子を改善し、食欲を増進させる働きがあります。

ハムスターに春菊を与えるときは

春菊などのくせのある野菜は、ハムスターによって好き嫌いがあります。個体差があり、まったく口にしない可能性もありますが、好んで食べるようであれば連食させずに日を空けて与えるようにします。春菊を食べさせた日は、カルシウム分の多い煮干しなどを与えるのは避け、バランスが取れるように気をつけてください。どのような食べ物でも、同じものをたくさん与えるのは良くありません。種類を多く少しずつ、がハムスターにとってベストです。基本はペレットと水ですが、野菜に含まれる有用な栄養素もうまく取り入れたいもの。葉もの、根菜などそれぞれの特性を知り、健康的な食生活を提供してあげてください。

たまに少量なら問題なし

飼い主さんによっては、特に気にせずに春菊を食べさせていた、という人もいるようです。カルシウムやその他の成分について留意し、与え過ぎないようにします。同じ成分をもつ葉もの野菜が重ならないように、工夫してあげてくださいね。

ハムスターに枝豆を与えるときには要加熱!塩分にも注意して

夏のおつまみの定番といえば枝豆ですね。ハムスターにも、ついお皿から一粒二粒あげたりしていませんか?でも人間の食べ物は、ハムスターにとってふさわしくない味付けです。その他にも枝豆には注意する点が。ハムスターに枝豆を食べさせるときの、ポイントについて見ていきます。

塩分・糖質・脂肪過多に注意

夏に食欲が落ちても、枝豆を食べていると不思議とやせないものですが、それだけ枝豆には栄養があります。元々は大豆である枝豆には、糖質・脂肪の割合がかなり高め。ハムスターには、肥満の元になりやすい食べ物です。また、おつまみにする際に加える塩分も、ハムスターにとっては大敵。人間の口に合わせた枝豆をハムスターに食べさせても、良い事は何もありません。一方で、生のままの枝豆には、身体の機能を低下させる成分が含まれています。症状としては、赤血球が固まったり、タンパク質の分解を妨げる、体内でビタミンが機能しなくなるなどで、体力低下につながります。ハムスターに与える際には、塩分なしでしっかり加熱し、少量とすることが大切です。

枝豆の栄養素は?

畑の肉、といわれるのが大豆ですが、枝豆も同じく高タンパクの食品です。枝豆の主な栄養素には次のようなものが挙げられます。

  • タンパク質
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • カリウム
  • 鉄分

エネルギー源となる豊富なタンパク質と、それを効率よく変換するビタミンB1が含まれているため、枝豆は夏の元気を与える食品として親しまれています。また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、疲労回復につなげます。ただ、尿酸値を高めるプリン体が多いので、人間にとっても食べ過ぎは禁物。食物繊維が豊富なため、ハムスターによっては下痢をおこす個体もいます。

ハムスターに枝豆を食べさせるときには?

いかにも良い香りのする枝豆を、嫌いなハムスターはあまりいないようです。与えればどんどん食べてしまいます。ハムスターへの1回分の適量は1粒。豆類の中でも高タンパクで栄養豊富な枝豆は、体重を増やす元です。連食をさせないように、週に1度程度のお楽しみにするくらいで良いでしょう。ハムスター用には塩を入れずに、しっかりとゆでたものを与えます。枝豆の外皮に関しては賛否両論がありますが、柔らかくゆでたものを食べるハムスターもいるようです。食物繊維がより多いので、下痢をする可能性もあります。ハムスターの体調を良く観察して判断してください。豆部分も、先に記したように生の枝豆は有害成分が多いので、必ず十分に加熱してから食べさせることが重要です。

枝豆を与えると大喜びするけれど

丸い枝豆を抱えて楽しそうに食べる姿には、心がなごみます。が、枝豆はハムスターにとっては栄養過多になりすぎる食べ物。扱いにも注意が必要です。愛するハムスターのために、きちんとした知識をもって食生活を考えてあげたいものです。

ハムスターは酸味が苦手?レモンはあげる必要のない食べ物

爽やかな酸味のレモンは、人間の食生活にはとても良い効果のある果物です。でも、ハムスターにとって、大きな害はないものの特別に食べさせる必要はありません。ここでは、ハムスターとレモンの関係について考えてみましょう。

ハムスターはすっぱいと感じる?

ハムスターの味覚センサーは、かなり感度が低く、ヒトの5分の1以下です。味を感じる味蕾(みらい)と呼ばれる細胞の数は、人間で1万個、犬では2000個。ハムスターは、さらにそれよりも少ないと言われています。それでも、危険性のある食べ物を見分けるための味覚はそれなりにもっています。ハムスターの好むのは、甘味。そして苦手なのは、苦味と酸味です。ハムスターが特に好むのは、果物の中でもメロンなどの甘味の強い果物。ほとんど甘さを感じず、強烈にすっぱいレモンは与えても食べない可能性が高いのです。ハムスターの食生活は、ペレットと水、少量の野菜で十分満たされます。果物は、ほぼお楽しみとして考えて構いません。あえて好まないレモンを、ハムスターに与える意味はありません。

レモンのビタミンC

いつの頃からか、レモンはビタミンCの代名詞のように扱われています。が、すっぱさイコールビタミンC、というわけではないようです。実はレモン以上にビタミンCが豊富な食べ物はかなりあります。

  • パセリ
  • ブロッコリー
  • ピメント
  • みかん
  • いちご

上記の食品は、ハムスターが食べても問題がないものばかりです。しかも、レモンよりもずっとハムスターに好まれます。さらにハムスターは糖類のグルコースを元にして、ビタミンCを体内でつくることができます。よほど体力が落ちていない限り、ペレットを食べさせているだけでもビタミンCが不足することはありません。ハムスターが病気をしたり、元気がないときには、ビタミンを多く含む嗜好性の高い果物や野菜を与えると良いでしょう。

ハムスターと果物

柑橘系の果物全般がハムスターに悪いわけではありませんが、グレープフルーツやレモンは苦味や酸味が強すぎるので、避けた方が良いものとされています。甘味を好むハムスターは、与えられると大抵の果物を食べますが、中にはまったく口にしないものもあります。逆に、例え毒性のものであっても、気づかずに食べてしまうことも。果物のタネの中には、ハムスターを死に至らせるほどの毒性があるものも多く存在します。ハムスターにとって、果物はお楽しみのおやつのようなもの。愛情から思わぬ結果を引き起こさないように、しっかりとした知識の下で、与えるようにしてください。

人間とは異なるハムスターの食生活

健康の象徴のように感じるレモンですが、ハムスターには必ずしも必要とされません。さまざまな味を与えたいと思っても、やはりハムスターにも好みがあります。「与えても良いが与える必要がない」という食品は、意外とたくさんあります。人間とハムスターの食生活はまったく違う、を大前提にすることが大切です。

ハムスターはメロンが大好き でもたっぷりの水分にはご用心!

みずみずしくて甘いメロンは、ハムスターにも人気があるようです。でも、その水分の多さから、下痢をしてしまうことも。ハムスターにメロンはどのくらいあげて大丈夫なのでしょうか。ここではハムスターにメロンを食べさせる際の注意点について見ていきましょう。

メロンの糖質と水分には注意が必要

ハムスターにとって、果物は必ず必要なものではなくあくまでおやつの位置づけです。雑食性のハムスターは何でも食べますが、甘味に対して嗜好性が高いのでメロンも大好きです。ただ、メロンはほとんどが水分の上、糖分が多いので食べさせ過ぎると下痢や肥満の恐れがあります。与えるときには軟便などになっていないことを確かめ、ほんのひとかけらにしてください。甘さに慣れると、主食のペレットや野菜の食いつきが悪くなることもあります。また、メロンやスイカのタネに関しては、乾燥させてあげている飼い主さんもいるようですが、ハムスターへの影響が明確になっていません。念のため、避けた方が良いようです。

メロンって何でできてる?栄養はあるの?

あまりにみずみずしいので、あまり栄養価に期待されていませんが、メロンにも意外な効能があります。メロンには次のようなものが含まれています。

  • βカロテン
  • GABA
  • カリウム

メロンに多く含まれているβカロテンは、強力な抗酸化作用で体内のサビといわれる活性酸素を除去します。また最近、脳の活性化作用で知られてきたGABAの含有量も果物の中では抜きんでており、神経細胞を鎮め、精神の安定に働きかけます。メロンの甘味は果糖・ショ糖・ブドウ糖。これらはすばやくエネルギーに代わるため、疲労回復に役立ちます。実は同量であれば、リンゴやみかんよりもカロリーが低いという意外な一面があります。ただし、ハムスターにとってはやはり糖分・水分ともに過多になりやすいのも事実です。ヒトと同じようには考えず、量を調節して与えなければなりません。

ハムスターにメロンを与える際の注意点

メロンを与えられたハムスターはとても嬉しそうにほおばりますが、食べさせ過ぎるとすぐに下痢を起こします。一度に与える量はせいぜい1cm角というところ。身体の小さなハムスターは、下痢などでいったん体調を損ねると脱水症状を起こして重症化する可能性もあります。夏場のあまり食欲のないときや、水分補給をさせたいときなどに与えると効果的です。水分の多いメロンは、とても傷みやすいのでケージに食べ残しがないように気をつけてあげてください。汁がついていると、そこからカビが発生する恐れがあります。水分の多い果物を与えた後には、必ずふき取り掃除をしておきましょう。

美味しいメロンはほんのちょっぴりに

高級品だったメロンも、最近は手の届きやすい価格の種類が増えています。大切なハムスターにもあげたい気持ちはわかりますが、何がハムスターにとって幸せなのか判断するのは飼い主さんの大きな役割。メロンは特別なおやつとして、ちょっぴりだけ楽しませてあげてくださいね。

ハムスターは水菜を食べても大丈夫 与えるときの注意点は?

しゃきしゃきとした歯触りの水菜は、1年を通して手に入りやすく、ハムスターにも食べさせたい野菜です。葉もの野菜として気になる成分もありますが、大量に与えなければ問題はないようです。水菜をハムスターに食べさせるときには、どんな点に注意したら良いのでしょうか。

獣医さんの推奨野菜入りする水菜

水菜はほうれん草などと比較するとアクが少なく、サラダでも食べられる野菜です。ただ、アブラナ科の葉もの野菜である水菜にも、ガンを誘発する硝酸塩や甲状腺に影響を及ぼすゴイトロゲンといった成分は存在します。しかし、ハムスターに毎日大量の水菜を与え続けるということがなければ、それほど神経質になる必要はありません。ペレットとともに野菜を与えるよう指導している獣医さんも、水菜を推奨野菜に加えています。水菜は96%が水分。冬場に旬を迎えるので、あまり水を飲まなくなる季節にはハムスターの水代わりとなります。ほとんどのハムスターが水菜を好んでいるようです。鍋用などに購入したら、ハムスターにも1本あげてみると良いですね。

水菜は水分だけの野菜?

薄緑色で、か細い水菜。あまり栄養分が期待できそうにもありません。でも、実は意外なほど健康効果のある野菜です。水菜の主な栄養素には次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2・B6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム

水菜にはわさびの辛み成分と同じアリルイソチオシアネートが含まれていて、強力な抗菌作用があります。大腸菌やカビの発生防止に効果があります。βカロテンは体内のサビといわれる活性酸素を抑制し、血液や細胞の再生サイクルを促します。人間には美肌作用などが期待される水菜ですが、ハムスターにとっても粘膜や皮膚に好影響があるかもしれませんね。

ハムスターに水菜を食べさせるときには

水菜には少量であっても、葉もの野菜特有の成分が含まれています。水菜をハムスターに食べさせる日は、同じ成分をもつ野菜との食べ合わせに気をつけてあげてください。人参などの異なる種類と組み合わせれば安心です。水菜だけを大量に与えたり、連食させないようにします。水分が多い野菜や果物も、下痢の心配があるので同じ日には避けた方が良いでしょう。ハムスター用のペレットと水だけでも、栄養的には十分といわれていますが、雑食性のハムスターにとってはさまざまな食べ物を食べることはより自然です。できるだけ偏りがないように、野菜の種類を考えてあげることが、ハムスターの食生活には大切です。

水菜を上手に与えよう

ハムスターは野菜だけでは生きられませんが、水分やビタミンを補う意味でも野菜は大切な食餌です。水菜を上手に取り入れて、ハムスターの食生活をバラエティに富んだものにしてあげてくださいね。水菜のように簡単に栽培できる野菜を数種類、ハムスターのために育てるのも楽しい作業となるかもしれませんね。

ハムスターにもやしを与えてもOK 傷みやすいので管理に注意

もやしはハムスターによってはまったく食べないという、好き嫌いの多い野菜です。基本的には、ほとんどが水分で問題となる成分は含まれていません。ここではハムスターにもやしを食べさせる際、注意する点について見ていきましょう。

もやしは低カロリーでほぼ水分

多くの野菜はとても水分が多いものですが、もやしもその筆頭に入る野菜。低カロリーのダイエット食となるのもうなずけます。ハムスターにとっては害となる成分がないので、与えても大丈夫な食物です。栄養的なバランスの良いペレットを主食としている場合、野菜はビタミンや水分補給として考えます。一見なんの栄養もなさそうなもやしにも、役立つ成分は含まれています。ハムスターに与える野菜のローテーションに加えるには、価格的にも優れています。気をつけたいのは、もやしがとても傷みやすいこと。購入した後は、日をおかずに与え、食べ残しはすぐに片付けましょう。また、ハムスターによって、もやしを食べない固体もかなりいるようです。

もやしって栄養はあるの?

ひょろひょろとした体形をもやしっ子、と呼ぶほど頼りない外見ですが、実は意外と栄養素を含んでいます。

  • タンパク質
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • アスパラギン酸
  • カリウム
  • カルシウム

あまり知られていませんが、もやしにはポリフェノールや良質のタンパク質も含まれており、美肌の効果があります。ハムスターにとっても皮膚の健康を守る成分です。また、疲労回復物質のアスパラギン酸、抗酸化作用の高いビタミンCも豊富です。さらに利尿作用を促し、腎臓の働きをサポートするカリウムにも恵まれています。水分ばかりと考えられていますが、もやしには見逃せない健康効果があります。

ハムスターにもやしを与える際に気をつけたいこと

ハムスターは身体の大きさに対して、水分を多く必要とする生き物です。あまり水を飲まないようであれば、野菜や果物で補給すると良いでしょう。とはいえ、大量にもやしの食べさせれば、下痢をする危険もあります。どのような野菜でもそれだけを与えれば良いというわけではありません。栄養的にはペレットと水だけでも十分といわれますが、雑食性のハムスターにとっては、さまざまな食感の食べ物を知ることに意味があります。もやしを食べさせるときは、1日あたり1本で十分です。良く流水で洗い、キッチンペーパーなどで水分を取って与えましょう。雑菌を気にしてゆでるという飼い主さんもいますが、より新鮮なものを、清潔な環境で与えることを心がけてください。

もやしは健康野菜

もやしを食べないハムスターもいますが、好みはそれぞれです。大切なのは固体の状態を良く知り、年齢や体調にあった食生活を管理してあげること。逆に良く食べるからといって、与え過ぎても良くありません。もやしの特性を知って、ハムスターの健康に役立ててあげてくださいね。

どんぐりはハムスターにとっては毒の実!与えてはいけません

秋の風景写真として、リスがどんぐりを抱えている可愛らしいイメージを良く見かけます。同じげっ歯類のハムスターもどんぐりを食べられるでは?と考えてしまっても、不思議ではありません。でも、ハムスターにとってどんぐりは、強力な毒となる危険性のある食べ物です。どんぐりの何が悪いのか、良く調べてみましょう。

どんぐりの渋みはタンニン

どんぐりを口にしたことはありますか?見かけはとてもカワイイのに、ものすごい苦味と渋みを感じて思わず吐き出したくなります。これは、柿やお茶にも含まれているタンニンという成分によるもの。強い消炎作用、殺菌力をもつことで知られ、さまざまな生活用品の中で利用されてきました。植物は動物への防御として、このタンニンの量を増やしてきたといわれます。タンニンはそのままの形で体内に取り込まれると、消化器官を破壊したり、大切なタンパク質を排出させてしまいます。人間は、だ液中にタンニンを無害化するPRPという成分をもっています。そのため、多少渋みのあるものを口にしても、すぐに身体を壊すことはありません。しかし、このPRPをもたないハムスターは、タンニンの害を直接受けてしまいます。

なぜリスはどんぐりを食べられるの?

野生の動物たちは、良くどんぐりを食べているようですが、やはりPRPを持っているからなのでしょうか。
まず考えられることとして、どんぐりの木の種類によるタンニンの量の多少の差異です。どれも同じように見えますが、タンニンの含量はミズナラの実では平均で8.6%、コナラでは2.7%。野生動物はこの違いを知っているのでしょうか。それでもPRPがなければ、食べ続けることで死に至る確率が高いことは、実験で明らかにされています。
もうひとつは、すぐに食べずに地面に埋没させていわゆる「あく抜き」をしているのではないかという意見です。確かに、リスたちは冬の食糧とするためにどんぐりを地面に埋めて貯蔵します。これにより、古代の人間たちが「どんぐり餅」や「どんぐりせんべい」を作るとき、水にさらしてあく抜きをしたのと同様の効果が得られているのかもしれません。

野生下にはないハムスターにどんぐりはNG

さらに野生のアカネズミを実験・観察した記録では、どんぐりが落ち始めた頃から少しずつどんぐりを食べて、身体を「慣らしている」ことが報告されています。ヒトが渋みに対抗できるのは、タンニン結合性唾液たんぱく質のおかげです。タンニンの有毒な働きを抑えるこの物質は、必要に応じて分泌量が変わります。野生のネズミたちは、生き残りをかけて、この物質を獲得してきているようです。さらに、同じコナラのどんぐりでも、タンニンの量は0.1~31.5%と幅があることがわかっています。野生動物たちは先にわずかに実をかじり、タンニン量の差異を敏感に感じ取った後、貴重な食料としているようです。
ペットであるハムスターたちは、このような耐性も見分ける能力ももっていないのが当たり前です。飼い主さんが手渡せば、よろこんで木の実を食べてしまうでしょう。また、どんぐりに含まれるタンニンの量を、確実に知っている飼い主さんがいるとは考えられません。ハムスターにとっては、どんぐりは猛毒であると認識しておいて間違いないでしょう。

ハムスターは野生動物とは違う

人間の飼育下にあるハムスターと野生の動物たちは、例え姿が似ていても、生き方がまったく違います。失われた能力も多く、それが死に至る食べ物かどうか判断できないものも、たくさん存在します。飼い主としては、ハムスターの命をしっかり守る責任があるのです。

ハムスターにヤングコーンを食べさせても大丈夫?注意点は?

ヤングコーンはその名の通り、とうもろこしが未成熟なうちに早く摘んだものです。とうもろこしが大好きなハムスターは、ヤングコーンも好んで食べます。とはいえ、生のヤングコーンはそれほど一般的ではありません。ここでは、ハムスターにヤングコーンを食べさせる際のポイントについてご紹介していきます。

糖質はとうもろこしより控えめ

ヤングコーンはとうもろこしから見れば、栄養的にも未成熟です。そのため、とうもろこしよりも糖分が少なく、またハムスターに与えても問題となるような毒性も見られません。ハムスターに食べさせても、安心な野菜のひとつです。ただ、ヤングコーンの旬の時期は5~7月と短く、どちらかというと水煮や缶詰の方が身近です。このような人間用の加工品の場合には、塩分や処理剤が添加されています。わざわざ危険をおかしてまで、ハムスターに食べさせる意味はありません。旬の時期に新鮮な生のヤングコーンが手に入ったら、しっかり加熱して与えましょう。生のヤングコーンにはシュウ酸が含まれていますが、ゆでることで無害化されます。

ヤングコーンの栄養は?

いわばとうもろこしの赤ちゃんとも呼べるヤングコーンですが、それなりに栄養はあります。ヤングコーンに含まれている成分には、次のようなものが挙げられます。

  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンE
  • マンガン
  • カルシウム
  • カリウム
  • リノール酸

ヤングコーンの特徴としては、マンガンやカリウムなどのミネラル分が豊富なことです。骨の形成を促し、身体の芯を支えます。リノール酸やビタミンEは、血管の柔軟性を高め動脈硬化の防止にも効果があります。カリウムは腎機能を高め、老廃物や余分なナトリウムを体外に排出します。小さなハムスターにも、健康効果が期待できる栄養が含まれています。

ハムスターにヤングコーンを食べさせるときは

とうもろこしと同様にヤングコーンを好むハムスターは多いようです。ヤングコーン一本でも、ハムスターにとっては十分な量となります。食べる姿が可愛いからといって、あげ過ぎるのは良くありません。生のヤングコーンの場合には、塩を入れずに十分にゆでます。良く水気を拭いてから与えてください。また、小動物のおやつ用にドライタイプのヤングコーンが売られています。砕いて主食に混ぜたり、水と一緒におやつとして与えてください。糖質はとうもろこしよりも低いですが、やはり食べさせ過ぎると肥満の原因になります。また、嗜好性が高いので他の食餌を食べなくなることも考えられます。連食を避け、与え過ぎないように気をつけましょう。

ヤングコーンは小さなとうもろこし

とうもろこしよりも糖分・水分ともに控えめですが、それでも主食の妨げとなる与え方には気をつけなければなりません。生のヤングコーンが手に入る時期は短いので、特別なおやつとして楽しませるくらいにしてください。ハムスターと共に季節を感じるのも良いですね。

ハムスターにパイナップルを与えても良いの?種類による利点とは

甘くて良い香りのパイナップルは、ハムスターが喜んでくれそうな果物。でもあまり食べさせない方が良いようです。ここではハムスターにパイナップルを食べさせることについての注意点と、パイナップルが必要な場合を見ていきましょう。

パイナップルの要注意点は糖質と酵素

パイナップルはお肉を柔らかくする食材としても、知られていますよね。これは、パイナップルがもつタンパク質を分解する酵素の働きによるもの。ブロメラインと呼ばれ、人によっては刺激が強すぎて、汁がついた部分で肌荒れがおきることもあります。食べ過ぎて口の中がピリピリとした経験を持つ人もいるでしょう。ハムスターにとっては、かなり強力な刺激となります。食べさせるとしても、ほんのひとかけらだけ、が鉄則です。また、パイナップルは糖質が高く、水分も多い果物。肥満や下痢の原因となります。パイナップルはドライフルーツとしても利用が多い果物ですが、人間用のものはさらに糖分が加えられているのでハムスターに与えるのはやめましょう。

長毛種にはメリットも

ハムスターにとって、もともと果物はおやつの範囲です。パイナップルについては、わざわざ食べさせる必要がないという解釈で間違いありません。が、おなかの中に毛玉のたまりやすい長毛種のハムスターには、パイナップルを食べるメリットがあります。ハムスターは猫のように、吐き戻しができず、何らかのきっかけで毛玉が消化器内にたまることがあります。パイナップルやパパイヤなどの南国の果物は、毛玉の蓄積を防ぐ効果が期待できます。酵素の働きは、缶詰などになると失われてしまいます。必ず生のパイナップルを、週に1度程度、少しだけ与えます。また、100%果汁であれば、パイナップルジュースでも良いでしょう。

ハムスターにパイナップルを食べさせるときは

新鮮で良く熟したパイナップルを飼い主さんが食べる際に、ハムスターにも分けてあげたいというのであれば、次のようなことに注意をしてください。

  • 生のパイナップルであること
  • ごく少量にすること
  • 体調をみること
  • 食べ残しはすぐに片づける

糖分が多く、嗜好性が高い食品なので、食事に影響が出ない程度の量を考えます。また、水分が多いので下痢に注意をしてください。生の果物は傷みやすく、汁の糖分はカビを発生させます。食べさせた後は、ケージなどをよくふき取っておきましょう。
ドライタイプは、小動物専用のおやつを利用してください。食事代わりにはなりません。こちらも肥満になりやすいので、量に注意をして与えてください。

長毛種以外にメリットはない

パイナップルは果物の中でも、ハムスターへのメリットは特にありません。楽しいおやつとしてごく少量を与えるのであれば、問題はないという程度です。短毛種であれば、毛玉ができる恐れもないため、パイナップルジュースもあえて飲ませる意味はありません。

桜シーズン到来!愛犬とお花見に出かける際に気をつけたいこと

暖かくなり春を感じる日々。桜の開花を待ち望んでいるという方も多いのではないでしょうか?

週末は家族でお花見に行く予定という方の中には、もちろん愛犬も一緒に桜を楽しみたい!と楽しみにしている方もいることと思います。愛犬も寒い冬が終わり新緑や花の香りの中、飼い主さんとのお散歩やピクニックをとても楽しみにしているはず。

でもちょっと待って!特に人出の多いお花見シーズンは愛犬にとって危険が潜んでいることもあるんです。

シャイな犬は気をつけて!大きな音で愛犬が迷子に!?

お花見シーズンや夏祭りなどで多いトラブルが犬の迷子です。

特にお花見の時期には公園などで盛り上がり、お酒を飲んでいる人も沢山。中には泥酔状態の大盛り上がりを見せる席もあります。急に歌いだしたり、拍手が巻き起こったり、大声で叫ぶ声が聞こえてきたり。

犬にとってはお花見だからと理解できるものではありません。

飼い主さんが桜に心奪われていると、急な音に驚いた愛犬が思いもよらぬ力で引っ張りリードが手から抜けてしまったり。抜けないと思っていた首輪やハーネスがするりと抜けてしまったり。
特に普段から音が苦手、人が苦手、といったシャイな愛犬の場合には特に注意してあげましょう。一度パニックになってしまうと、飼い主さんの声も届かずどこかへ走っていってしまってそのまま迷子になってしまう危険があります。

食いしん坊さんからは目を離さずに!お花見で多い拾い食い

日本を代表する美しい桜ですが、残念ながらお花見客の残していくごみ問題が毎年ニュースに取り上げられています。

中には食べ残しや、ジュースの残り、お菓子や食事のパッケージ、トレイなど、愛犬にとっては魅力的なものも沢山。特に先の尖った串、取り上げられまいと慌てて飲み込んで喉に詰まってしまうようなサイズのものは命に関わることも。
飼い主さんが全ての落し物を把握しながらお花見をするというのは難しいことです。

最近では飲食禁止というお花見エリアも増えてきているので、できればそういった拾い食いの心配がない場所、あまり人の来ない近所の穴場スポットなどを選ぶと、飼い主さんも愛犬ものんびり楽しむことができるでしょう。

犬の目線から考えたい、人混みに潜む危険

お花見の際に人は桜を見上げることに夢中になって視線が上にいきがちです。しかし愛犬たちが過ごす世界は地上20センチ~超大型犬でも1メートル程度。

カメラを覗きながら、桜を眺めながら、家族や友人とおしゃべりに夢中になりながら、各々お花見を楽しむ人が多い中で特に小型犬は人間の視界に入らない、気づいてもらえないことが多くなります。また飼い主さん自身も人の多さで見通しが悪かったり、つい桜に目がいってしまって、普段のお散歩よりも足元の愛犬を取り巻く危険に気づくのが遅くなってしまうことも。

知らないうちに犬の存在に気付かなかった人に愛犬の足や尻尾を踏まれてしまった、鞄やカメラの三脚が目に当たった、目の前の人が食べ物を落とし愛犬が拾ってしまった。様々なトラブルが起こりえます。

全てを想定して防ぐことはできませんが、人が多ければ小型犬は抱き上げる、なるべく人の少ない道や場所を選ぶなどして防げるトラブルは防ぎたいものです。

愛犬と楽しい思い出を

少し怖いことばかり書きましたが、愛犬とのお花見というのは限られた回数しか出来ないことです。美しい桜に嬉しそうな飼い主さんの姿、一緒にお出かけをする愛犬はとても幸せに感じることでしょう。

気をつけるポイントを抑えて、暖かい春と美しい桜を存分に愛犬と楽しみたいですね。

桜と一緒に記念撮影!愛犬と桜を一緒に写真に撮るコツ

春といえば、日本人が愛してやまない桜のシーズン!
開花宣言をまだかと待ちわび、愛犬とお花見に出かける予定の飼い主さんも沢山いらっしゃることと思います。

もちろん愛犬と桜の記念撮影をしたいですよね?
しかし背が高く上の方に花が咲く桜と地面の低いところに立つ愛犬を一緒に撮るのは至難の業…。そんな悩める飼い主さんのために、桜を愛犬の上手な写真の撮り方をご紹介します!

定番はやっぱり抱っこ!桜の花に包まれて

抱っこできる愛犬や、人が多く歩かせるには不安な場合に有効なのが抱っこ。

枝が垂れている場所の隙間から愛犬の顔をのぞかせれば、桜に包まれる愛犬の写真が撮れます。「うちのこ重いから…。」なんて言わず、落とさないようにしっかり抱っこしてあげてくださいね。
また桜の枝や葉に当たって傷つけてしまわないように、細心の注意を払って撮影しましょう。

狙い目は早朝!背景一面に咲く桜で幻想的な瞬間を

どうしても近く近くで撮ろうとしてしまうと、愛犬と一緒に撮ることが難しくなってしまう桜。
少し都心から離れ広いところで、遠くに咲く一面の桜を背景にしちゃいましょう!後ろ一面淡いピンクに包まれたかわいい愛犬の姿が撮れますよ。

桜が痩せて花が少なかったり、まだ6分咲きだったりする場合、写真にすると意外と花がまばらなのが写ってしまいます。せっかくなので満開の時期を狙いましょう。
また人が多い時間だと愛犬も緊張してしまったり、そわそわしがち。自然な散歩中のような和やかな表情を収めるために、人の少ない早朝がおすすめです。

あわせて愛犬の周りには菜の花が咲いていたりすると、ピンクと黄色、緑のコントラストが美しい写真が撮れますよ。

川沿いの桜は最高のロケーション!高低差を有効活用しよう!

私が一番おすすめしたいのが川沿いに延々と続く桜。

川沿いの桜は川に向かって斜面を覆うように咲いていることが多いです。川沿いの道に川を背に立てば自然と背景を覆うように桜が。そして川に降りれるような階段がある川であれば、階段は最高の撮影スポットです。
土手があってその下に桜が並んでいるような川も、土手が最高の舞台になりますね。

また延々桜が咲いている川であれば人が分散されるので、人が少なく迷惑にならない場所も探せますし、桜が綺麗に写りこんでくれるスポットも探しやすいです。
愛犬とお散歩しながら、ちょこちょこ記念撮影、とっても楽しいのでおすすめです。

散った桜も美しい、愛犬と桜の絨毯で終わりかけのシーズンも楽しんで

桜というとつい見上げて咲いている花ばかり見てしまいますが、愛犬たちがいる足元にも目を向けてみませんか?

そこには散った桜の花びらが。
満開のシーズンよりも散り出してから楽しめる桜の絨毯。なるべく沢山敷き詰められているところを選んで撮ったり、歩いている姿を上から撮ったり。また秋になればイチョウや紅葉の季節にも楽しめます。

たまには飼い主さんも一緒に

ついつい愛犬ばかり撮ってしまいがちですが、家族と出かけた週末には桜を背景にお散歩風景を撮りあってみませんか?

「待て!」とポーズを決めている写真ももちろんかわいいですが、大好きな飼い主さんと歩いている愛犬はとても自然体です。飼い主さんが思っている以上に、愛犬はあなたを見上げながら歩いていますよ。

限りある犬生、最高の思い出を残していきましょう

私は愛犬を亡くしたときに、もっと写真を撮っていればと思ったと同時に、一緒に写っている写真があまりに少なく後悔しました。いつも愛犬の姿だけを収めていたんですね。

愛犬との時間は永遠ではありません。
あなたには、愛犬の今この瞬間を、そして移り変わる季節の中で過ごす愛犬の姿を、飼い主さんを愛おしそうに見つめるその表情を、沢山撮って残していってもらえたらいいなと思います。

ジメジメ・カイカイ!梅雨の時期に気をつけたい犬の皮膚トラブル

雨が多く、ジメジメとしたこの季節。
このジメジメが、わんちゃんにとって皮膚トラブルのもとになりやすいことは、ご存知ですか?
ここでは、梅雨の時期に注意したい肌トラブルと、その対処法を紹介します。

マラセチア皮膚炎とは?

マラセチアは、犬の皮膚に常在する真菌です。
健康な皮膚では問題は起こさない菌なのですが、何らかの理由で皮脂が増えすぎたり、皮膚の抵抗力が落ちることでマラセチア菌が増殖し、皮膚炎を引き起こしてしまうのです。

マラセチア皮膚炎の症状と原因

症状

症状としては皮膚の赤みや痒み、脱毛、べたつき、酸っぱいような独特の臭い、乾燥などが挙げられます。
また、垂れ耳の犬種は外耳炎として症状が表れることも多いです。

原因

梅雨の時期にマラセチア皮膚炎になってしまう犬が多いのは、マラセチア菌が湿った所で増殖しやすいためです。
マラセチア皮膚炎を引き起こす原因は、雨の日の散歩後にタオルドライだけで済ましたり、シャンプー後にしっかり乾かさなかったりしたことなど、湿気と汚れが原因で引き起こされることが多いです。

マラセチア皮膚炎が発症しやすい犬種

皮脂が多い、垂れ耳の犬種が発症しやすいと言われています。
なかでもシーズーが圧倒的に多いと言われていますが、テリアやスパニエル系、パグ、ミニチュアシュナウザー、バセットハウンド、ゴールデンレトリーバー、シェットランドシープドック、ボーダーコリーも罹りやすい皮膚炎です。

膿皮症とは?

膿皮症も、犬の皮膚に常在する黄色ブドウ球菌が異常繁殖して起こる皮膚炎です。
この膿皮症は、犬の皮膚炎の中では最も発症率が高いと言われています。

膿皮症の症状と原因

症状

皮膚に赤いブツブツや膿疱、かさぶた、脱毛などの症状がみられます。
初期段階として、皮膚の浅い部分にニキビのような膿ができる表面性膿皮症、その膿が毛の根元に達した表在性膿皮症、皮下組織にまで進行した深在性膿皮症と分類されます。
この進行が進んでしまうと痒みや発熱などがきつくなってしまいます。

原因

やはり、汚れや湿気が原因で黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなるため、高温多湿な梅雨の時期に多く発症すると言われています。
また、乾燥によって皮膚のバランスが崩れやすい冬にも多く発症します。

膿皮症に発症しやすい犬種

長毛種や、シワが多い犬種に発症しやすいと言われています。
犬種としては、イングリッシュ・セッター、コッカー・スパニエル、ブルドッグ、ペキニーズなどが挙げられます。

皮膚トラブルの対策とまとめ

梅雨の時期に気をつけたい皮膚トラブルについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
これらの皮膚炎にならないためには、湿気が多い梅雨の時期には長毛種は短めにカットする、適度にシャンプーをしてしっかり乾かす、ブラッシングでアンダーコートを取り除くなど、飼い主さんがしっかりとケアしてあげることが大切です。
それでも罹ってしまったら、すぐに獣医さんに連れて行って早めに治療しましょう。

ハムスターはりんごが大好き!タネや与える量には注意が必要

ハムスターは雑食性なので、与えるものはほとんど何でも食べてしまいます。でも、りんご含めて果物は水分が多く、与え過ぎるとおなかをこわすことも。またりんごには、ハムスターにとって毒性のある部位もあるんです。ハムスターにりんごを食べさせるときには、どんなところに注意が必要なのか見ていきましょう。

ダメではないけど気をつけなければならない点も

果物の中にも、ハムスターに与えてはいけないものはあります。りんごは、比較的安心して食べさせることのできる果物のひとつ。とはいえ、ハムスターの主食にはペレットがもっとも適しています。りんごを与え過ぎると、甘さになれて主食や野菜を食べなくなることもあります。また、りんごを含め、果物全般にいえることですが、水分量が多いため体調によっては下痢をしてしまうこともあります。ハムスターのような小動物にとっては、おなかを壊すという程度のことでも、体力が弱ってしまうことになりかねません。また、未成熟のりんごのタネには、アミグダリンという成分が含まれています。アミグダリンは体内で反応を起こすことにより、青酸性の毒性をもちます。

りんごをハムスターに食べさせるメリットはある?

ヒトには1日りんご1個で医者知らず、などといいますが、ハムスターにりんごを食べさせると良いことはあるのでしょうか。りんごの主な栄養素には次のようなものが挙げられます。

  • 有機酸
  • ペクチン
  • カリウム
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • カリウム

りんごはビタミンAやビタミンCといった抗酸化作用に優れた栄養分を多く含み、体内の活性酸素の除去に働きます。抵抗力が向上するため、「医者知らず」といわれる由来となっています。ハムスターにとっても、元気の素になる成分は多いようですが、特にペクチンの整腸作用は見逃せません。獣医師によっては、元気のないときにはすりおろしたりんごを与えるよう指示をすることもあります。

ハムスターにりんご食べさせるときの注意点

ハムスターにりんごを食べさせるときには、次のような点に注意が必要です。

  • 種はとりのぞく
  • りんごは1~2センチ角程度
  • 皮は場合によっては与えない

成熟したりんごであっても、毒性の心配のある種はとりのぞいて与えた方が安心です。りんごは果糖が多いので、与え過ぎると肥満をまねきます。水分過多になると下痢の原因ともなります。皮については、ノーワックス、低農薬のものであれば、重曹などで良く洗って与えても構いません。市販品で、素性がわかりにくいものの場合には、むいてあげた方が良いでしょう。ハムスターにとって、りんごはおいしい「おやつ」です。安全性と適量であることに注意して与えましょう。

大切なハムスターの健康を考えて

ハムスターはただでさえ、短命な動物です。可愛いからおいしいものを食べさせたいと思う気持ちは理解できますが、逆に命を縮めてしまうこともあります。りんごは正しい方法で与えれば、楽しいおやつとなります。与え過ぎて食べ残しが不潔になったりしないよう、十分に管理をしてあげてくださいね。

ハムスターへの推奨野菜ブロッコリースプラウト がん予防にも?

ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトは、ハムスターに食べさせられる推奨野菜のひとつです。弱々しそうにみえても、実は栄養は豊富。たいていのハムスターは好んで食べるようです。ブロッコリースプラウトの栄養価や注意点について見ていきましょう。

ブロッコリーの赤ちゃんは意外とパワフル

ちっちゃくて可愛らしいブロッコリースプラウトですが、その姿に似合わず発芽のエネルギーがいっぱい詰まっています。カイワレ大根とも良く似ていますが、刺激がなく、他には存在しない健康成分を含んでいます。また、ハムスターに悪影響を与える成分が少なく、毎日のように与えても大丈夫だといわれる数少ない野菜。水を含ませたスポンジの上で、タネから1週間から10日で収穫ができます。自宅でも場所を取らずに、手間なく栽培できるので、ハムスターの飼い主さんにも楽しい作業となりそうです。冬場はなんとハムスターのケージの上で育てているという、一石二鳥の工夫をしている例もあります。

ブロッコリースプラウトの栄養は?

最近はスーパーの棚でもおなじみとなりましたが、その栄養価の高さでも注目を浴びているブロッコリースプラウト。ブロッコリースプラウトには、どんな成分が含まれているのでしょうか。

  • βカロテン
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • カリウム
  • スルフォラファン

その驚きの健康効果から、スーパーフードの仲間入りをしているブロッコリースプラウト。もっとも大きな理由となっているのが、第7の栄養素といわれているスルフォラファンの働きです。スルフォラファンは、ポリフェノールやイソフラボン、カロテノイド等と同じく、ファイトケミカルと呼ばれるもので、植物が紫外線や害虫、菌などから身を守るために発生させる自然の化学物質。その効果としては、活性酸素の発生を抑制・除去する働きの他に、抗がん作用や、除菌作用、肝臓機能の向上などが挙げられています。

ハムスターにブロッコリースプラウトを食べさせるときは

ブロッコリースプラウトは水分量も適度な野菜で、極端に食べさせなければ心配はありません。が、どのような野菜であっても、そればかり食べさせることは、ハムスターの健康に何らかの障害をまねきます。さまざまな野菜を食べさせる際に、中心となる野菜として食生活を組み立ててゆくのが良いでしょう。ブロッコリースプラウトを食べさせるときには、良く洗った後でペーパータオルなどで水分を拭き取ってから与えます。種や根の部分は取り除き、葉と茎を食べさせましょう。量としては、ハムスターがひと抱えできる程度です。最初は葉ばかり食べているハムスターも、次第に茎まで上手に食べられるようになります。

ブロッコリースプラウトでハムスターの健康を

スーパーフードとして大きな話題となっているブロッコリースプラウトは、ハムスターにとっても手軽に与えられる食餌です。栽培も簡単で、清潔・安全なものを毎日のように与えることができます。ハムスターに食べさせる野菜は悩みが多いものですが、ブロッコリースプラウトは飼い主さんの力強い味方となってくれそうです。

はくさいはハムスターが食べても良い野菜 水分量に注意

冬場になると美味しくなるはくさい。手にいれやすいので、ハムスターの食餌にも加えたいですよね。はくさいはハムスターに与えても安全な野菜です。でも、水分がとても多いので食べ過ぎると下痢をする心配が。はくさいをハムスターに安心してあげられるように、注意する点について見ていきましょう。

青い部分を中心にあげよう

はくさいは、水分が95%で栄養もそれほど高くありません。カロリーが少ないので、人間の冬場のダイエットにはもってこい。でも、ハムスターに食べさせるときには量に注意が必要です。大量に与えると下痢をする原因となるので、根菜類などと混ぜて上手に食べさせるようにしましょう。特に気になる成分はありませんが、はくさいの白い部分はほぼ水分と食物繊維。葉先の青い部分の方がビタミンなど、有効成分が豊富です。与えるならできるだけ、緑の濃い部分にすると良いでしょう。はくさいはさっとゆがくと甘味が増します。野菜をあまり好まないハムスターでも、食べられるようになるかもしれません。

はくさいに栄養なんてあるの?

ほうれん草などの色の濃い野菜と比較すれば、はくさいの栄養価は高くありません。それでも身体のバランスを整えてくれる成分が、ちゃんと含まれています。はくさいに含まれている主な栄養素には、次のようなものがあります。

  • βカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンK/li>
  • カリウム
  • カルシウム
  • リン
  • マグネシウム

はくさいのビタミン類はそれほど多くありませんが、ミネラル分が豊富です。キャベツと良く似た組成ですが、糖質がすくなく、肥満の心配はありません。また、免疫力を高めたり、がん細胞の発生を防止する作用があると言われています。漢方医学では意外なほどはくさいの効能が伝えられており、肝臓病や喘息の治療に使われることもあります。

ハムスターにはくさいを食べさせる時は

漢方では胃腸を整える薬効もあるといわれているはくさいですが、ハムスターにとってはやはり水分量の多さが気になります。他の野菜や果物とのバランスを考えて、水分量の多いものとは組み合わせないように気をつけてください。アブラナ科に属しているはくさいにも、甲状腺機能に影響を与えるといわれるゴイトロゲンが含まれています。しかしはくさいの場合、それほど神経質になるほどの量ではなさそうです。気になるのであれば軽くゆでて、良く水分をしぼってから与えましょう。適当に水分も減らすことができるので、おなかがゆるくなりそうなハムスターにも、食べさせることができます。

水分補給と糖質の調整に

あまり栄養価の高くないはくさいですがいつでも手に入りやすく、ハムスターにも安心して食べさせられます。糖分の多い野菜と組み合わせ、水分補給もかねて与えると上手に利用できます。ハムスターには偏りなく、いろいろな野菜を食べさせてあげると良いですね。

ハムスターはすいかを食べても大丈夫 でも水分量には注意!

夏の果物の代表といえば、水気たっぷりのすいか。甘い果実は、ハムスターも大好きなようです。でも、その水分量は果物の中でもトップクラス。人間でも食べ過ぎると、おなかを壊してしまうことが良くありますよね。ここではハムスターにすいかを与える際に、気をつけておきたいことを確認していきましょう。

すいかはほとんどが水分

すいかの成分中には、ハムスターに対して毒性のあるものはありません。問題となるのは、やはり92%という水分量。野生の動物は、水分を目当てにすいかを食べるといいます。自然界の中では、すいかはまさに井戸のような役割を果たしていることになります。熟したすいかは糖分も多くなるため、ハムスターに嗜好性があります。喜んで抱えて食べる様子はとても可愛らしいものですが、少しでも多いと下痢をしてしまいます。ハムスターに与える量としては、1cm角まで。とても小さなハムスターには、それでも大きい程です。すいかは、水分補給ができるおやつとして、1日の量を決めて与えるようにしましょう。

すいかには栄養はないの?

ほぼ水分のみのように思えるすいかですが、その他にはまったく栄養はないのでしょうか?すいかでもっとも知られているのは、カリウムの利尿作用ですが、実はその他にも次のような成分が含まれています。

  • リコピン
  • シトルリン
  • シスペイン
  • イノシトール
  • マンノシターゼ

これらの成分について研究が進んできたのは、ごく最近のこと。そのため、長い間すいかには、さほど健康効果がないように思われてきました。トマトで知られるリコピンですが、実はすいかにはトマトの1.4倍もの量が含まれています。その他、ビタミンCの破壊を防ぐシスペイン、肝機能を高めるイノシトール、血流を良くするシトルリンや糖質分解を行うマンノシターゼなど、すいかには驚くべき健康成分が多数含まれています。

ハムスターにすいかを食べさせるときは

冒頭からあるように、すいかでもっとも気をつけるのは食べさせる量です。夏場の水分が不足しがちな季節に、水の代わりに与えるのは良いですが、決して欲しがるままに食べさせないようにしてください。小さなハムスターは、下痢から脱水症状を起こすとあっという間に体力がなくなってしまいます。すいかのタネについては、明確に食べさせて良い・悪いという結論は出ていないようです。洗って干したものを、かぼちゃのタネのようなおやつにしている飼い主さんもいます。また、ハムスターのおやつとして、大きなすいかのタネを扱っているところもあります。一方でハムスターにとって、種子類は栄養が高すぎるという指摘もあります。そのためひまわりのタネすら、ひんぱんに与えないよう指導している獣医さんもいます。すいかのタネを処理してまで与えるかどうかは、飼い主さんの考え方によるでしょう。

すいかで上手な水分補給を

甘くておいしいすいかですが、ハムスターがおなかを壊しやすいのは人間以上です。成分的には優等生であっても、食べさせ過ぎには十分に注意が必要です。ハムスターの体調を良く観察し、上手にすいかで水分補給させてあげてくださいね。

ハムスターはくりを食べても大丈夫 注意する点とは

とても美味しいくりを食べると、ハムスターにも分けてあげたくなります。でもハムスターは、くりを食べても大丈夫なのでしょうか。あげるときは生のくり?ゆでた方が良いの?ここでは、ハムスターにくりを与える際の注意点について見ていきましょう。

渋皮のタンニンに注意

くりそのものは、ハムスターに食べさせても悪い成分はありません。気をつけたいのは、渋皮に含まれているタンニンです。タンニンは苦味や渋みの元となっていますが、消化器官を傷つけ、腎臓や肝臓などに負担を与える可能性があります。人間のだ液にはタンニンを無毒化する働きがあるため、少しくらいであれば問題にはなりません。ハムスターの身体にはこのようなしくみがなく、タンニンの影響を直接受けてしまいます。ハムスターにくりを食べさせるのであれば、しっかりとゆでた後、渋皮をむいて与えます。くりは糖質が高く、ハムスターには滋養がありすぎる食べ物です。肥満の元になるので、あげるのはほんの少しにしておきましょう。

くりの栄養

ほくほくとして美味しいくりですが、どのような栄養があるのでしょうか。くりの主な成分には次にようなものがあります。

  • たんぱく質
  • ビタミンA
  • ビタミンB1・B2
  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • カリウム
  • 食物繊維

くりにはビタミン類がバランス良く含まれています。特にくりのビタミンCは、果物に含まれるものと異なり、ゆでても壊れることがありません。ビタミンCには高い抗酸化作用があるため、抵抗力アップが期待できます。亜鉛は疲労回復に役立ち、カリウムは体内の老廃物を排出する働きがあります。ただくりのカロリーは意外と高く、5個程度でご飯一膳分ほどもあります。ハムスターにはカロリー過多となりやすいので、嬉しそうに食べていても毎日与えるのは良くありません。

ハムスターにくりを食べさせるときは

ハムスターにくりを与えるときには、良くゆでて渋皮をしっかりととりのぞいたものを、ごく少量だけにします。人間が食べているくりを、ほんの少し分ければ十分です。くりには甘味があるので、与えればいくらでも食べてしまいます。主食に影響が出ないように、量に注意をしましょう。くりはそのままでも糖質が高いので、さらに砂糖を加えている甘ぐりはハムスター向きではありません。くりを加工したお菓子類も、ハムスターには食べさせないように。ハムスターの健康管理は、飼い主さんの責任です。基本的にはペレットと水だけでも、栄養的に過不足がないことを覚えておきましょう。

人もハムスターも食べ過ぎに注意

人間もついつい食べ過ぎてしまうくりですが、ハムスターにとっても肥満の原因になります。「秋の味覚をハムスターにも」という気持ちは理解できますが、ハムスターの健康のためにもお楽しみは少しだけにしてあげてくださいね。